ヤンソンの誘惑・・・みたいなグラタン

白菜、繊維を切るように短冊切り。フライパンに湯を沸かして適当に茹でる。
ジャガイモ、小さめのサイコロ切り。先ほどのフライパンから白菜を取り出し、残った湯で茹でる。
ほうれん草、先ほどのフライパンからジャガイモを取り出し、残った湯でさっと茹でる。

ジャガイモ、白菜、ほうれん草の順で耐熱皿に広げて入れる。
ベーコンとかハムとかその辺にある肉類を適当に切って散らす。
コンソメ顆粒、塩胡椒を振る。
生クリーム適当に全体にかけまわす。
アンチョビ1缶、全体に適当にのせる。
細切りチーズ、ばーっと散らして高めの温度のオーブンで20分ぐらい焼いて出来上がり。

なんか良くわからないけど「ヤンソンの誘惑」のアレンジみたいなグラタン完成。

日本滞在 その9

1月3日、火曜日

ナナは末妹が「君の名は。」を見に連れて行ってくれた。
私は明日から金沢へ遊びに行くので家で療養。
でも体調はややマシになってきた感じ。
絶対キャンセルしないで遊びに行くんだもんね!!


1月4日、水曜日

早朝、ガラガラと荷物を引っ張って実家を出発。
東京駅から北陸新幹線に初めて乗っていざ金沢へ。

fc2blog_201701071116559f5.jpg

迎えに来て下さったJさんと駅で無事おちあい、Jさんの車で早速観光へ。
今回はJさんにおんぶに抱っこで、本当にすっかりお世話になり、ありがとうございました!

まずはJさんのお気に入り、のとじま水族館へ。
私も水族館マニアで、どこへ旅行しても大抵水族館に行くのでこれは嬉しかった〜。

入っていきなりジンベエザメの水槽を、上から覗き込めるのにはびっくり。
大抵ジンベエザメって見上げるもんだけど、上から眺めるのは初めて!

fc2blog_20170107112008072.jpg

水槽の写真撮るのってやっぱり難しい。

思ったよりずっと展示が多くて広い館内で驚いた。
アシカやイルカのショーもあるというので見に行ってみたけど
あいにく天気が悪かったので室内で。
でも、あんな狭い室内のプールでもちゃんとイルカたちがジャンプしたり
芸をするので感心した!
かわいかった!

しかし、基本的に水槽では「能登の海で見られる魚」を展示しているので、
なんつーかもう・・・・・



美味しそう。



鯛やヒラメの舞い踊りなんですもの〜〜〜!!
日本人としてはもう、
「おお〜、新鮮だな、良く脂のってそうだな」
としか見えませんって!!!

・・・・いや。
生け簀じゃないし。



のとじま水族館を出て、石川県能登島ガラス美術館へ。

fc2blog_201701071252230f1.jpg

建物もユニークな形で面白いと思ったが、展示も相当面白かった。
ガラス、好きなのよね〜〜。
素材としてすごく面白くて興味がある。
自分じゃあんなの絶対怖くて扱えないだろうとも思うけど。

常設展の他に、ここで開催されるコンペティションの入選作などが展示されていた。
どうやって作るのかわからないような作品や、かわいらしいものや、
中には「運搬中破損してしまった」作品も・・・・。
・・・ガラスだもんねえ・・・。
完品、見たかったな。

ところで能登島に向かう途中、「なぎさドライブウェイ」というところを走っていただいた。
砂浜を車で走れる場所で、あいにく天候が悪かったので降りたり出来なかったが楽しかった!
フロリダのデイトナビーチも砂浜に普通の車が入れるところで、
BJと2人でおっかなびっくりレンタカーで走ったのを思い出す。

こちらでなぎさドライブウェイが記事になってました→デイリーポータルZ


それから予約していただいていたホテルにチェックイン。
金沢 彩の庭ホテル
新しくてきれいなホテルで、スタッフもとても感じが良かったし
客室はスイートで広いし大浴場はあるし(アメリカから来ると本当嬉しい)で大満足!
朝食ブッフェも食べきれない品数でどれも美味しいし
ちゃんと毎日メニューが変わるし、すごく良かった。
感激したのでトリップアドバイザーにレビュー書いておきましたわ。
ついでに他のレビュー見たら結構英文で外国人観光客が褒めていたのでなんか嬉しかった。

ホテルからの無料シャトルバスで金沢駅まで行き、
駅近くの居酒屋で夕飯。
お刺身や生麩(初めて食べた!)も美味しかった・・・が、
忘れてたー、そうだ、日本の居酒屋って喫煙可なのよねえ・・・!
まだ風邪引いてるのでちょいと参ったわ。


金沢旅行、まだ続きます。

早めのお誕生日プレゼント

誕生日はまだ1週間以上先だけど、もうプレゼント買ってもらっちゃった〜♪
iPad Air2。
ミニを使っているのだけど、ちょっと画面が小さくて不便で。
いや、老眼だとかそういうのは(あるけど)ともかくとして
ミニだとピアノ楽譜が全面見られないのよね。

タロウの学校は授業で使うため生徒全員がiPadを持っている。
だから合唱の楽譜も、Dropboxで先生がシェアしてきて
ダウンロードしたのをFor Scoreというアプリで開くスタイル。
でも、iPad Miniだとその楽譜が半分ずつしか表示されないから不便なのだ。
歌う生徒たちは困らないだろうけど、ピアノ弾いてて両手塞がってると
めくる回数は少ないに越したことはないので。

iPad Proというバカでっかいのもあるけど、そこまでは必要ないかな・・・と
Air2にしてみたが、これで充分な感じ。
使い勝手はそう変わった感じもしないが、やはり画像がきれいで見やすい!
2つのアプリを開けて2画面表示出来るのは便利かも。
何よりやはり、軽くて持ってて楽!

わーい、嬉しいなー♪
旦那様ありがとうっ、愛してるわ!


☆     ☆     ☆

白菜とジャガイモとほうれん草のチーズグラタン、さやいんげんのガーリック炒め、鶏胸肉の甘辛炒め

La La Land

La-La-Land

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演の「La La Land」見てきた〜。

面白かった!
往年のMGMミュージカルファンなら見るべき。
しかしこのスタイル、一周まわってむしろ新鮮!??

ところで予告で「The Shack」という映画が流れていたのだが、
どうも見たことのあるアジア人女性が・・・・
・・・もしや、すみれ!?石田純一の娘の!
と思って、上映後ググってみたらやっぱりそうだった。
あー、彼女、背も高いし英語はネイティブなんだし、こっちで芸能やる方が向いてそうよね。
映画自体にはあまりピンと来なかったけど、すみれを見たいので公開になったら見に行こうかしら。




☆    ☆    ☆

ジャーマンポテト、ザワークラウト炒め、バッファローウィング、世界の山ちゃん風手羽先

日本滞在 その8

12月31日、土曜日

fc2blog_201701040702417df.jpg

快晴。
池上本門寺へ、実家のお墓参りに全員で出かける。

お参りした後、私は具合が悪いので末妹と一緒に一足先に帰宅。
子供達は私の父の案内で、有名人などのお墓を見に行ってきたそうだ。

夜は末妹がたこ焼き器を買ったからとたこ焼きパーティをしてくれた。
私はとにかく具合が悪すぎて寝室のテレビで紅白を流しながら寝ていたので役に立たず。
年越しそばも作る気だったんだけど本当に動けなくて・・・・
散々な年越しだったわあ。
私に風邪をうつしたタロウは完全回復して元気一杯。くやし〜。


明けて2017年1月1日。

fc2blog_20170104070550ff5.jpg

彼女ちゃんはお年玉にびっくり。
ナナは「良かった〜、私まだお年玉もらえるんだ」
まあ、学生のうちはね。いただいてもいいんじゃないでしょうか。

私は何しろ風邪っぴきで動けないので、他のメンバー全員で初詣に。
末妹が彼女ちゃんとナナに着物を着せてくれて、2人とも可愛かった。
しかしナナの話によると彼女ちゃんは着物を着た時の所作が全くわかってないので、
大股で歩くわ車の中では足を組むわで、あっという間に着崩れてしまったそう。
そりゃしょうがないけど、笑えるわー。

午後はタロウと彼女ちゃんは最後のショッピングにお出かけ。
元気あるなあ。


1月2日、火曜日。

BJとタロウと彼女ちゃんは一足先にアメリカへ戻るので、
成田エクスプレスで空港へ。

彼女ちゃんは体調を崩したりもせず、怪我も事故もなくて本当に良かった。
親御さんは流石に心配なさって、特にお母様は毎日FaceTimeしてきていたのだが
彼女ちゃんはそれがうっとうしくて嫌だったそうだ。
親の心子知らず。

12時間のフライト後、アトランタ空港に彼女ちゃんのパパさんが迎えにいらしていたそうで
無事にお渡しして一安心。
BJとタロウも無事に帰宅とのこと。

サロンパス

この頃はこちらのドラッグストアでも簡単にサロンパスが手に入るのでありがたい。
右肩が痛いので「温かくなるジェルパッチ」という、ちょっとお高めのサロンパスを買ってきた。
貼ってみたんだけど・・・・
うん、すごい効いてる感じ。
確かに筋肉の痛みは緩和された。
・・・が。



皮膚がピリピリ痛い。



温かくなるって、こゆこと!?
唐辛子かなんか入ってんの!??

筋肉の痛みは取れるが別の痛みが加わるって・・・・

Japanese culture and food

学校のバンドの先生の奥様は、隣の市の公立高校で家庭科教師をなさっている。
その奥様から「日本の文化と食べ物について何か教えてもらえないか」と頼まれ、
今日はいつものカリフォルニア巻きなど作って授業に行ってきた。



子供達の七五三や、妹の結婚式の写真などを見せて少々説明。



それから、折り紙の鶴を教えてやる。
これ、初心者にはちょっと難しいのだが、平面の紙が立体になる、という
驚きの点でやっぱり優れてるのよねー。



なんとか出来上がった鶴。
鶴だというと「長い足」がないとおかしい、と言われる事が多いので
この頃は単に「鳥」と教えているのだが、そうするとこうやって羽を曲げたりするから面白い。
飛んでるところ、なのかな。



毎度おなじみのカリフォルニア巻き。
しかし、食べ慣れていない子も多いらしく、海苔だけ剥がして食べていたり
まるっきり眺めるだけで手をつけない子もいた。




浴衣を着せてやったが胸が豊かすぎて・・・四苦八苦。


この前、ほとんど同じことを町のユースオーケストラの子供達に披露した時も言われたのだが
今回も先生(奥様)に
「ここの生徒たちは、多分一生海外になんて行かれない子達だから
こうやって少しでも違う文化や外国について触れさせてあげたいの」
と言われた。
改めて、生活レベルの差を感じる。

思ってたほどお寿司がうけなかったのはがっかりだったけど、
そういう「初めての食べ物」を受け入れるかどうかっていうのも
これまた結構生活レベルに関係してるからな〜。しょうがないか。
でも最後まで折り紙を自分でやって練習していた女子生徒が
「これ、少しもらってもいいですか?」
と折り紙を持って帰っていたのはちょっと嬉しかったな。
興味を持ってもらえて良かった。


初メッセンジャー音声通話

ヒューストンに行っているBJと
Facebookのメッセンジャーでポチポチやり取りしていたら、
実家の父からメッセンジャー音声通話がかかってきた。

あらすごい、そんな技が使えるように!?
と感心して出てみたら、実家に立ち寄った上の妹が操作していたのだった。
・・・あー、まあ、そりゃそうでしょうな。

「いや、なんか、お姉が置いてったって言うからいじってたら、
フェイスブックのとこからどっか行っちゃってー、
わーこれどうやって戻るの、とか言ってたら
お姉がオンラインだって言うから呼び出してみたー」

里帰りの時に私が置いてきた、古いiPadの事ですわね。
上の妹も末妹も母も、スマホは使っているがアンドロイドなので
iPhoneやiPadの操作はイマイチ門外漢。
でも私はデスクトップもタブレットもスマホも全部アップルなので
この際実家にiPadを置いてきた方がFaceTimeなど使えるし便利だろう、と
私がもう使わなくなったiPad2を初期化し、
父のアカウントを作って全部設定して置いてきたのだった。
前にスカイプのアカウントを作って母のアンドロイドに入れてみたけど
結局使ってもらえなかったしねー。

今はこうやってネット通話なら実質無料だし、音質もいいし本当に便利になったなあ〜。
BJと私がイギリスと日本で遠距離恋愛してた頃なんてあーた、
お手紙書いて国際郵便で連絡してたんざますよ!
電話も国際通話はめっちゃ高かった上、イギリスでは電話代が3ヶ月に一度の徴収だったので
BJは3ヶ月に一度給料全部が電話代に吹っ飛んでいたくらい。
おまけに運が悪いと変なディレイやエコーがかかって話しにくかったし。

と、まあそんなこんなで実家と音声通話が出来た。
妹がいない時にも、使えるようになってくれると嬉しいのだけど。
次回はこっちからかけてみてテストしてみようかしら?

日本滞在 その7

12月29日、木曜日

早朝、BJ以外のメンバーで新宿を出て電車で舞浜へ。
行き方を検索すると大抵「新宿から東京駅へ行って京葉線に乗り換え」と出るのだが
一度それをやってみて軽く一駅以上歩かされた記憶があるのでそれはパス。
詳しく調べてみたらやっぱり、乗り換えるだけで「12〜13分歩く」んじゃないの・・・!
それって1キロ近くあるでしょう。
新宿からなら埼京線で新木場まで行き、京葉線に乗り換えるのが便利。

舞浜駅で妹と甥達と合流、久々の東京ディズニーランドへ。

fc2blog_201612292121541ce.jpg

生憎曇りがちで寒かったが、そのおかげかディズニーランドにしては空いていた感じ。
彼女ちゃんは3歳ぐらいの時にフロリダのディズニーワールドに
「連れて行ったわよ!」と、親は言うそうだが本人の記憶には無いので
ものすごく喜んでいた。
実質、初めてってことね。

バズ・ライトイヤーのライドに並んだり、甥が走って取ってきてくれたファストパスで
プーさんのハニーハントに乗ったり。
その他にもいくつか乗れたし昼間のパレードも見たし、結構効率よく遊べたんじゃないかな。

妹も甥達も、お付き合いどうもありがとうございました。

ナナは明日、某所の某イベントに私の末妹と一緒に行くため、実家泊。
私とタロウと彼女ちゃんは新宿へ。


12月30日、金曜日

新宿の民泊を引き払い、実家へ移動。
各自大きなスーツケースを2個ずつ持ってきているのでタクシーでは無理だから、
実家のミニバンで両親に迎えに来てもらって荷物を全部積み込み、
私以外のメンバーは後から電車で来ることに。
迎えに来てもらえて本当に助かった。ありがとうございました。

ナナは末妹と一緒に年末のイベントへ。
タロウと彼女ちゃんは渋谷などへ買い物に。
BJも自分の好きな場所へお出かけ。
そして私は、午後から義妹と2人で葉加瀬太郎のコンサートへ。

後日、末妹に「コンサート、どうだった?」と聞かれたので



「思ったより気が狂ってた。」


と答えたらなんのこっちゃと驚いていたけど、ほんとにそうだったんだってば!

何しろあーた、「情熱大陸」のテーマでジュリ扇(ジュリアナ扇子)持って踊り狂うのよ。
バンドも葉加瀬太郎も全員が、楽器演奏しないで扇子振って踊るのだ、10分間以上も。
そして客席も立ち上がって皆ジュリ扇(ちなみに物販では『はか扇子』と言う)振って踊るのだ。
ステージ上にはミラーボールが降りて来るし、かけ声は当然「フゥワッ!フゥワッ!」!

ジュリ扇って言ってもわからない世代にはわからないだろうけど、
私も義妹もほぼその世代なので大ウケ。
と言うか、前回義妹は一人でこのコンサートに行って、あまりに面白かったので
終わった後にその感動(!?)を分かち合える人と今度は行こう!と思ったのだそうだ。
そしてちょうど日程的にも合ったので、今回は私を誘ってくれたと言うわけ。
私と義妹は一つ違いなので、青春時代の話がドンピシャなのよねー。

曲は流石に聞いたことあるものばかりだったし演奏は上手いし、
合間の喋りも面白くてすごく楽しいコンサートだったが・・・・
・・・・まあ、ジュリ扇に全部持ってかれましたわ。
すごかったー。

義妹ちゃんありがとう。
最高だったわー!

日本滞在 その6

12月28日、水曜日。

fc2blog_20161229211729bdd.jpg

5人全員でスカイツリーへ。
まずは展望台へ。チケットを買うのにちょっと並んだが、それほどの混雑でもない。

fc2blog_20161229211757303.jpg

富士山も見えてきれいだったが、都庁からの眺めよりも
海や川が見えて景色に変化があって楽しい。
都庁からだと、四方八方どこ見てもどこまでもビル、ビル、ビルだもんねえ。

透明な床の上に立って下を見下ろせる場所があったが、
これは私はさほど怖くなかったなあ。
私が怖いのはグランドキャニオンとかの手すりのない崖で、
我が子が崖っぷち近くへ行って下をのぞきこんでるとかそういうの。
自分が下見るよりそっちのがずっと怖いのだ。
お母さん達なら多分この感じわかってくれるのでは。

fc2blog_20161229211831e40.jpg

展望台から下りて、すみだ水族館へ行ってみる。
私が何しろ水族館大好きでどこへ行っても必ず寄るものだから、
子供達はもう「どこで何見たかごっちゃになっちゃってるよ〜〜」と嘆く。

ここの水族館は思ったより広く、展示の仕方も面白かった。
江戸前の文化ということで色々な金魚の展示があったが、それも良かったし。
いいなあ、金魚、飼いたくなってきちゃった。

スカイツリー下のソラマチというモールもちょっとひやかしてみた。
食品サンプルの店や和風小物の店、飴細工の店などあって結構面白かった。

そこから電車を乗り継いでお台場にある大江戸温泉物語へ。

fc2blog_20161229212007a82.jpg

受付で入湯料を払うと、各自バーコードのついた鍵を受け取る。
館内では全てこれでチャージされて後で清算となるので、財布を持たないで遊べる。
入ってすぐに数種類ある浴衣と帯を選んで受け取り、ロッカーへ。
ロッカーに荷物を全て入れて浴衣に着替えて場内へ進むと、お祭り広場のようになっている。

fc2blog_20170120223338043.jpg

要はフードコートなのだが、雰囲気作りがうまいわよね。
思った通り彼女ちゃんは大喜び。

fc2blog_20170120223404f46.jpg

型抜きやヨーヨー釣り、射的などもある。

肝心のお風呂は広くて色々な種類があり、露天風呂まであって気持ち良かった。
彼女ちゃんはもっと恥ずかしがったりするかと思いきや、
抵抗なく入浴しに行ったので感心。
ナナが色々つきっきりで説明してくれて助かった。

お風呂の後はフードコートでちょっと食べて、私とBJは当然生ビール!うまー!!

帰りは無料シャトルバスで東京テレポート駅まで行き、電車で新宿へ戻る。
今日も良く歩いた。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR