スプリングコンサート

fc2blog_20180325071508ba0.jpg

タロウの、高校最後のスプリングコンサート。
毎度の事ながら練習時間が足りなくてギリギリまでアタフタしたけど、
まあまあ全体に良い出来だったのではないかな。

毎年スプリングコンサートではシニア(最上級生)を紹介するのだが
今年はバンドの先生も合唱の先生も泣きそうになって言葉に詰まっていたので
こちらももらい泣きしてしまった。
私にとっても(多分)最後のコンサートだしということで、
ジャズバンドの時にバンドの先生が私についても色々話してくださったのには驚いた。
ありがとうございました。

まだ学校は続くから本格的にお別れ、って感じは無いけど
でもこれで一区切りだ。
今、BJも他の病院に移ろうかとか考えているし
ひょっとしたら引っ越しもありうるので
そしたら本当にお別れになっちゃうなあ。
そう考えるとちょっと寂しいかも。

プロム

fc2blog_20180319230832bb3.jpg

土曜日はタロウのプロムがあった。
シニア(12年生)なので、いよいよ最後のプロムだ。
ナナの時はドレスだのアクセサリーだのと買い物に歩いたりして楽しかったが、
タロウは毎年ユースオーケストラで借りているタキシードを着て行くだけなのでつまんない。
私が用意するのは女の子が手首につけるコサージュと、
それにペアになったブートニエ(男子が襟につけるお花)だけ。
それすら今年はタロウのデイト(エスコートする女子)が注文して用意してくれて、
私は受け取りに行ってお金払っただけ。楽だわ。

プロムは夕方からだが、その前に近くの教会に集まって皆で記念撮影。
女子達のドレスが華やかで綺麗でいいな〜!
しかしこっちの高校生って、絶対ティーンエイジャーに見えないわね。
日本人の目からすると皆20代半ばくらいの感じ。

男子達は黒や白のタキシードでキメてたけどこちらはどうにも七五三。
女子の方が大人っぽいなあ。

1組だけ、男子同士のゲイカップルがいたけど
それも許されるのが現代アメリカって感じ?
ちゃんと記念になるシニアプロムにデイトがいて良かったねえ。

記念撮影の後はチャーターしたパーティバスに乗り込んで、
ディナーを食べにバーミンガムまで遠征。
その後カントリークラブでプロム本番があり、
夜10時ごろから今度は我が家のガレージ(タロウのパーティルーム)に集まって二次会。
こっちの高校生のやる事って、日本だと大学生でやるソーシャルよねほんと。

これでまた、最後のイベントひとつ終了。

覚えてるの?

fc2blog_201803132114189a2.jpg

ナナの膝に乗るココ。
久しぶりに会うのに、ちゃんと覚えてるのか。

ココはナナの膝もタロウの膝も大好きで、彼らがソファに座るとすぐに乗って来る。
普段エサを出してやってトイレ掃除してやって、と世話をしている私とBJには冷たいものだが。
なんなんだーーー

娘、帰省中

ナナがボーイフレンドを連れて帰省。
10時間ドライブも彼氏と一緒なら大変じゃないわよね〜〜。
ともあれ無事に着いて良かった。

私は彼氏と以前オハイオで会った事があるがBJは初対面。
想像してたより感じの良い普通の男の子だったとかで、好印象のよう。
何より「声がいいな!」とは、BJに言われるまで私気づいてなかったわ。確かに。

タロウは彼氏に会うのを嫌がって自分のガレージに友達呼んで
母屋のリビングには全く顔を出さず。
かろうじて挨拶だけはしてたけど。何やってんだか。

彼氏は社会人なのであまり休みが取れず、火曜日には帰ってしまう。
色々食べさせてやろうと用意していたのに、彼氏は海老アレルギーとな!
知らんかった!!ていうかそういえば聞いた覚えはあるような・・・しかし忘れてたわ。
うーむ。
点心食べさせてやろうと海老しゅうまいとか海老餃子とかいっぱい買って来ちゃったよ〜〜〜(涙)
ナナが「彼は好き嫌い無いし、なんでも食べるよ」なんて言うから〜〜!!!

まあ、他にチキンとかも用意してあるし、いいけども・・・・。

とりあえず今日の夕飯はすき焼き。
デザートにティラミスとマカロン。

Job Shadowing

今日はプレジデンツ・デイでお休み。
タロウの学校は今週インターセッションで、生徒達はそれぞれ修学旅行に行ったり
ジョブ・シャドーイングと言って興味のある職業の見学をしに行ったり、
学校に残って課外授業を受けたりする。

タロウはシャドーイングに行くのだが、なんとそれが「検察」。
・・・・弁護士じゃないところがなんか面白い。
最初に「被疑者と親しくなったりしません」とか
「守秘義務を守ります」とかの誓約書にサインさせられた、と言っていた。

ここから30分ぐらい離れた町の検察に行くのだが、結構忙しいところらしい。
どんな経験してくるのか、話を聞くのが楽しみだ。

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR