fc2ブログ

面談

子供達の学校はいよいよ今週一杯で学年修了。

今週は月曜日から午前授業で、お迎えは12時15分。幼稚園なみ。

今日は午後3時からタロウの担任と面談、その後続けてナナの担任と面談だったので

BJと一緒に学校へ行く。


タロウの担任の先生に彼の成績表・試験の結果を見せて頂きながら説明を受ける。

学年の初めにくらべて読む力がついて、国語(英語ですな)の成績があがっていた。


お友達とも仲良くしているし人気があって、何も問題は無いといわれた。

来年度のクラス替えにあたって、一緒にしたくないお子さんなどの要望はあるかときかれたが

うちとしては特にありませんと言うと


「もう、マックのママやハムザのママからは、

来年もタロウと一緒のクラスにしてくださいね!って、

頼まれているんですよ~」


と、先生。


・・・あ、あら。そうでしたか。ありがとうございます。


我が家は

「苦手な子がクラスにいても、それをかわしたり

うまく乗り越えていくことを学ぶ事も必要」

という考えなので、その辺は先生におまかせすることに。


次はナナの先生との面談。

こちらもおほめいただき、


「日本に3年も行っててこちらの学校に行ってなかったなんて、

信じられないくらいですよ!

もし今の彼女を初めて見たら、ここの学校にキンダー(幼稚園)から

ずっといたんだと思うでしょう。

本当によくなじんでますよね。」


といわれた。

確かに、こちらの学校のほうが合っているようで

日本の小学校に行っていた時よりずっと本人がいきいきしているし

楽しそうで元気がいい。

キンダーからいた、って言われても信じそう。


ナナの先生には


「そうそう、この前私が『ピアノ・マン(ビリー・ジョエル)』を鼻歌で歌ってたら、

タロウが目を丸くして『なんでその歌知ってるんですか!?』って驚いてたんですよ。

何かと思ったら、『その歌、ぼくんちで皆で演奏したんだ』と言うんです。

パパがハーモニカを吹いて、ママがピアノを弾いて、タロウがギターを弾いて

皆で歌った、って聞いてね。あ~、なんていいご家族なんだろう、って思ったんですよ。」


と言われて赤面。


うっひゃ~・・・・・

・・・・な、なんか、すっごいいいご家庭みたいじゃないですかそれ!!


ママがビールでほろ酔いになってご機嫌でピアノ弾き出して、

ちょろっとピアノ・マンをやりだしたらパパが

「このキーならあわせて吹けるな」

ってひさびさにブルースハープを持ち出して、遊んだだけの話なのに~!

恥ずかし~~~!!!

んなこと、先生に言わないでくださいぃぃ!!





・・・ま、でも、モーツァルトとかでないとこが我が家だわね。うん。





☆     ☆     ☆


エビのカクテル、ほうれん草のサラダ、冷凍ラザニア、色々野菜のグラタン

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR