fc2ブログ

音楽発表会

子供達の学校で、4,5,6年生の音楽発表会があったのでBJと一緒に見に行って来た。

タロウ達1,2,3年生は今度の月曜日に行われる予定。


なんでも、ナナ達6年生は「外国の歌」を一曲歌うことになり、

しかし先生が持って来た曲はクラス全員気に入らなかったそうで

ナナが我が家にあった森山直太朗の「さくら」のCDを持って行きこれに決定。

彼女が歌詞をローマ字でタイプし、英訳もして持って行ったので感心した。

すごいな~・・・小学6年生でこんな事出来ちゃうなんて。


それが数ヶ月前で、今日はその練習の成果を聞かせていただくわけ。

しかしナナは

「もー・・・最低なんだから~・・・見に来なくていいよ~」

などと言って嫌がっていた。

音楽の先生が新しい若い女の人に代わり、前のベテラン男性教師と違って

何もかも下手だし面白くないので生徒に人気が無いらしい。

今回の発表に関しても、生徒の意見を全く聞き入れてくれないので

皆文句たらたらだとか。ははは。そりゃ大変。


私とBJはちょっと遅れて行ったので、4年生の歌がもう始まっていた。

アメリカンアイドルで優勝したテイラー・ヒックスの曲を歌っていたが

リズムがとれなくて皆ばらばらに体をゆすっているので笑えた。


5年生はウエストサイド・ストーリーのメドレー。

振り付けもちゃんと頑張って、衣装もそれらしくそろえていたしかわいかったが・・

・・・・う、歌が・・・・!!

あ~~もう、日本の小学校の学芸会を見せてやりたいよ!!!

日本のああいう行事ってほんとレベル高いわ。運動会のダンスだってすごいしねえ。

なんでこっちのはこうグダグダなのだろう・・・・・

と思ったけど、そういえば前にナナが行っていたバーミンガムの小学校では

衣装も作って結構凝った音楽発表会があったのだった。

学校と教師にもよりけり、ってことかしら。


そして6年生。

ナナがまず出てきて「さくら」について説明。

お~すごい、ちゃんとスピーチしてる~~。


歌が始まり、フレーズごとにソロの子が出て来て歌うのだが

意外にちゃんと「日本語」に聞こえて感心した。

良く覚えたねえ。えらいわ。

ナナも二回、ソロパートを歌っていたがとても上手だった。

音程しっかりしてるし。知らなかったけど歌うまいのねえ。

コーラス部分も皆でちゃんと歌えていたし、他の学年にくらべて上手だったと思う。

皆さん良くできました。


発表が終わって解散になったら、色々な人に

「あのソロを歌ってたのはあなたの娘さん?上手だったね!」

とほめていただき鼻高々。ほほほ。

「彼女は歌手になるんじゃないの?きっと自慢の娘さんでしょうね!」

とも言われ、謙遜もせずありがとうございますと答える。

こういう時親ばか全開の発言をしてもひんしゅくを買わないのはアメリカのいいところだ。

むしろ、

「いえいえ、出来が悪くてお恥ずかしい」

などと言ったらあっちが飛び上がって驚くに違いない。


ナナもあちこちで色々なお母さんやお父さん達につかまってはほめられていた。

すっかり有名人。


まあしかし、アメリカの小学校で「さくら」を聞けるとは思わなかったわ。

面白かった。




☆     ☆     ☆


ローストビーフ、トウモロコシ、キャベツのスープ、フレンチフライ、オクラのフライ

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR