葬儀ふたたび

京都旅行に行く前に、実は親族ぐらい親しく付き合ってきた
小母さんの死去があった。
血縁ではないのだが、もう本当に親戚ぐらいの付き合いで。
色々あったが最後は施設で、93歳で老衰で亡くなった。

最近は火葬場が混んでいるとかで、
死去から火葬まで時間があって
京都旅行後の平日に火葬と告別式となった。

彼女は沖縄出身なので、妹さんとその息子さんが沖縄からいらして
こちらの本土式ではなく沖縄方式の法要になるというので
お坊さんもお経もなく、とてもシンプル(私の感覚からすると、ですが)であった。

fc2blog_20231205102131443.jpg

祭壇は白いお花とピンクのカーネーションなどで飾られ、
女性らしくかわいらしくてとても良かったと思う。
お経や形式的なお焼香が無い分、
いらして下さった弔問客同士でゆっくりお話しする時間もあったし。
こういうのも親密で温かくて、良いかなと思った。

なんだか色々と節目な年な感じがする。
というかそういう年頃になってきたってことか。
そういえば父の葬儀の時に火葬場で従兄に
「うわー、桐ケ谷の斎場なんて、何十年ぶりに来たわ!」
と言ったら
「えー、そうなの!?俺なんて、年に三回ぐらい来てるよこのところ!」
と言ってたっけなあ。

まあ、そういうお年頃なわけですな。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR