fc2ブログ

父の施設入居

父を介護施設に入居させる話だが、
先日の打ち合わせとは変わって急転、
8月29日に入居することになった。

27日(日曜日)に父がいよいよ動けなくなり、
居間でそのまま寝ることになったのをきっかけに
末妹がケアマネや訪問診療の医師に連絡、
いったん病院に入院させてそこから施設へスライドさせようとなった。
しかし、28日(月曜日)に改めて病院にきいたところ
入院は受け入れできないと断られてしまった。
その時ちょうど施設の方達が父の面接にいらしていて、
暴言を吐く様子や動けない様子を見て
さらに入院を断られた末妹がショックで泣いたのも見て
翌火曜日から受け入れられるように調整します、と
言ってくださったのである。

その後連絡があり、火曜日の朝9時頃迎えに来てくださるということに。
月曜日は上の妹が手伝いに行っていたが
火曜日は仕事があるので帰らねばならないという。
そこで、月曜の夜から私が実家へ行って泊まり、
火曜日の朝に父が施設へ入る時
母と末妹と一緒に付き添っていくことにした。

BJは何しろ本人が訪問診療の仕事をしているので
こういった突発的な事態に慣れていることもあり、
もともと自分のことは自分で出来る人なこともあり
「もちろんこっちは構わないよ、行ってらっしゃい」
と送り出してくれる。感謝である。

月曜日に行ってみると、父はもう椅子にちゃんと座ることもできず
なんだかななめにだらっとしていて動けない様子。
食事ももう食卓まで歩いてこられないので、
母がそちらへ持っていって口へ運んで食べさせていた。
つい先週までは食卓に座って自分で食べられていたのに、
悪くなる時はあっという間なのだな。

火曜日の朝には予定通り施設の方達が3人で迎えに来てくださり、
幸い父の調子も昨日までよりは少し良かったので
なんとか歩かせて車に乗せ、施設へ移動。
母は父に付き添っていき、私と末妹は後から末妹の車で施設へ。

末妹はそこから事務手続きや説明を受けるので事務所へ行ってしまい、
私が父母に付き合ってそばにいることに。
母が何かを買ってきてくれとか家から持ってきてほしいと
言い出しかねないので、一応私がついていることにしたのである。
結果からいうとその必要はあまりなかったけど、
でも私がついていることで末妹は安心だったそうで、一応役に立ったかな。

昼食は近くのコンビニでおにぎりなど買ってきてすませ、
午後もまた末妹はほかの事務手続きがあってそちらへ。
父は思ったより大人しく自室で昼寝などしており、
こちらは特に問題もなくて助かった。
結局、もろもろが済んで私と妹が引き上げたのは午後4時半過ぎだった。
1日仕事になってしまった。さすがに疲れた。

施設の夕食は5時半から7時半の好きなタイミングで、ということで
母は父の食事介助をしてから帰宅することに。
もちろん妹か私が迎えに行くわけだが。
でも実家から車で15分の距離だし行き慣れているあたりなので楽である。

私は水曜日の午前中に三味線のお稽古があるので、
夕ご飯を食べた後に車で帰宅。
夜は高速が空いているから1時間かからず帰れたので良かった。

とりあえず父が家に帰るとかゴタゴタ言い出しませんように。

次は週末に実家へ行く予定。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR