fc2ブログ

Star Wars : The Rise of Skywalker

starwars

スターウォーズⅨ、見て来ましたよ!!!!!!

42年にわたるスターウォーズサーガの完結!!!

最初に見た時私は11歳だった!ぎゃー!!!

・・・・そうだわよ。
まだ子供だけで映画館に行ける年齢じゃなかったし、
そもそもスターウォーズがどんな感じなのかも知らなかったので
父が「なんかすごい映画が来るらしいぞ!」と言い
一緒に連れてって見せてくれたのだった。

いやもう。
本当に衝撃でしたねあの時は。

「エポックメイキングな作品はリアルタイムで見ないとだめ」
とツイッターで書いてる人がいたけどまさにその通り。
あれは、あの時、あの混んだ映画館で見ないとわからなかった。

だから、その当時もう斜に構えた高校生で
フィルムノワールとかヨーロッパ映画が好きだったBJは
その洗礼を受けていないので、私の興奮が半分もわからない。
あぁぁぁぁぁ・・・・・語りてぇ・・・・!!!!

一応BJも私が買い集めたDVDを見て付き合ってくれて、
私の解説付きで全部見たんだけどね。
ハン・ソロはレイアと一緒に志を持って戦ってる戦士だと思ってたあたりがもうね。
私が「いや、この人単に運び屋だし。なんでもお金出してもらえば
運びますよー、ってのでルーク達と知り合って、結局巻き込まれただけだし。」
と説明して一緒にエピソード4〜6を見たら
「そうか、ハン・ソロは巻き込まれた佐川急便か」
うん、まあ、間違ってはいないが。

そしてダース・ベイダーは「歩くICU」と説明したらなんかすごく納得していた。
職業柄?

と、前置きというか昔語りが長くなってしまったが今回の9。
さすがJJエイブラムス。
シリーズが失墜・低迷した時の立て直し職人だけはある。
広げた風呂敷をきちんとたたんだ!
ソツなくまとめた!
ちゃんと、着地すべきとこに着地させてくれた!
ありがとうっっっ!!!
と、いう感じ。

もう当初のスペースオペラ冒険活劇なところは無くなってしまったし
SFですらなくて普通の人間ドラマだったけどさ、
でもスカイウォーカーの話はちゃんと終わった。
デイジー・リドリー演じるレイは良かったわ。
かっこ良かったー。

以下、もっと語りたいので折りたたみます。ネタバレします。鑑賞後にどうぞ。



☆    ☆    ☆




☆    ☆    ☆


ネタバレします。




まーそれにしても、あんな出来だった8の後を受けて
こんだけの物作ってなんとかまとめたJJはすごいね!!
感心した!!!

9では色々とオマージュ的なセリフ(I knowとか)が使われていて、
往年のスターウォーズファンにも良くサービスしてたなーと思った。
ランドーが出て来たのは本当に嬉しかったし。
彼がミレニアムファルコンの船長に戻って
チューバッカと一緒に援軍を引き連れてやって来たのにはシビれた!
ぎゃー、これよーーー、こういうのが見たかったのよーーー!!!

C3POが記憶を失うところでは不覚にも泣いた。
そして初期化されてしまい、またイチから自己紹介をするくだり。
泣ける〜・・・・。

しかし、それほど最後は泣けなかったなあ。
新キャラ(フィン、ポー、ローズ達)にあまり感情移入出来なかったのが敗因か?

フォースの無双がすごすぎ、ってのも違和感。
なんか魔力みたいになっちゃって。
そんなもんじゃなかったでしょ〜??
レイが飛んでいく宇宙船をフォースで引き止めるとか、
もうドラゴンボールかアベンジャーズかって感じ。
フォースってもっとデリケートでこう・・・・なんていうか・・・
宇宙全体の力を感じる・・・ような・・・
ええまあ、なんせ、字幕で「理力」って訳されてた時から見てますからうるさいっすよ。

ライトセイバーの戦いの時、かつての「ブォン・・・」って言う
例の電線のうなりが無くなってたと思うんだけど気のせい?
剣が出てくるとこは音がしてたけど、戦うとこではしてなかったような?
あの音がユニークだったんだけどなあ。

カイロ・レンが最後に微笑んだのにはちょっとグッと来たわ。
泣くほどじゃなかったけども。

そこそこうまく全体をまとめて、ちゃんと落としどころに落としたなと思ったけど
40年以上も待って、期待して来た感動は得られなかったなあ。
比べるのもちょっと違うかとは思うが、
シリーズで言うとアベンジャーズの最後は本当に良かった。
MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品を
数の多さにめげそうになりながらもほぼ追って来て
見て来て本当に良かったと思えた素晴らしいエンディングだった。
あの感動、あのカタルシスを、残念ながらこのスターウォーズでは得られなかった。
待ち焦がれていた年月の長さからしたら桁が違うのに。

思うにそれは多分、先ほども書いたけどキャラクターへの思い入れの差だ。
アベンジャーズのそれぞれのヒーロー達には各映画があり、
それぞれの背景がきちんと書かれていたからこその思い入れ。
その点スターウォーズでは新しいキャラ達の背景には時間が割かれておらず
それほど感情移入することが出来なかったのではないか。

私はエピソード4〜6の時にルーカスが
「これは3作ずつ三部で、全部で9作になるシリーズ作品」
と言ったのを覚えているので(同世代の島本和彦先生も
アオイホノオの中で描いてた)
エピソード1〜3を作った後ルーカスが
「これでダースベイダー(アナキン)の話は終わったので完結」
と言ったのには本気で頭に来たファンの1人だけど
でも今になってみるともう6作で終わりでも良かったんじゃないかと。

ていうかエピソード1〜3もそこそこ許せない出来なんだけどさ〜〜。

外伝ではあるんだけど、本筋ではないんだけど、
ローグワンの方がエピソード1〜3よりも好きかも。
つか、あれが、4のご都合主義なとこを全部ちゃんと説明してくれたからな。
あれはすごい。
多分、ルーカス自身もあそこまでは考えてなかったに違いない。

最後まで付き合ったけど、一応そこそこ良いラストだったけど
多分エピソード7〜9はもう見返さない。





以下、レイア姫のファンの方々は見ないでください






キャリー・フィッシャーは常々
「私の女優としてのキャリアはレイア姫に食われた、殺された
どこへ行ってもレイア姫と言われ、他の役が出来なくなった」
と言っていたけど
それは単にあなたの女優としての魅力、力が無かったから
レイア姫以上の役も、それ以上の映画も出来なかったんでしょ?
だってそれ言ったらハリソン・フォードはどうなんの。
彼なんてあなたよりもっと無名で(あなたは親が有名でしょ)
あの映画が登竜門で、あれだけ印象の強い役で、
でもその後インディ・ジョーンズやら色々やって成功したじゃないの。
それを言ったらルークのマーク・ハミルもこれといって他にないわねー。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さあ、書くぞ(ネタバレ注意)

あけましておめでとうございます…年末に見てきたんですが、ちょっと頭を冷やしたかったのと、
バタバタしてたんで書き込み遅れましたー。

さて。
正直、私もうまくまとめた大団円感はあっても、あんまり感動しなくて。
もちろんこれで、アナキンから始まったスカイウォーカーのお話は完結したわけで、それについてはもう納得の一言(最後にレイが名乗ったのも含めて)なんだけど、
私もまず、ポーの存在が必要だったのかがまるっきり納得してなくて
こいつをメインに(サブだけど、けっこうレイの次に目立つ)持ってくるなら
もっとなんか魅力的なキャラクターにして欲しかったなあと思いました。単なる暴れん坊やん。9で少し女性戦士との絡みで可愛く見せたつもりかもしれんが浅いわ!!!
そう言う割り込み感は、ハンソロでもあったとはいえ、彼は十分魅力的でしたもんね。

フォースが魔法の力に見えるってのは同感です。なんか軽くなっちゃったなあ。これだとなんでもありやんと思いましたわ。
でもまあ、命を全部レイに渡した後のカイロレンの最後の笑みはぐっときました…
笑うと可愛いやん、と思った瞬間に死んでしまったのは残念ですが。

ランドの復活、これは息子と一緒に見に行ったのですが、声だして2人で笑ったほど嬉しかった〜〜ほんとこれ!!!って感じ。やったー!

ハンソロとカイロレンの会話のくだりも良かったですね。7と同じセリフ。でも今度は違う意味で。

何度も言うけど、ポーを主軸に持ってきたのが個人的には??でした。
それならフィンの利用価値はなんだったんだろう。
彼がもっと活躍してなんぼだったんじゃないんだろうか。
ローズに至っては本当にもう…でした。

私にとってのルークスカイウォーカーは4からずっとヒーローでした。こんなにカッコよくて素直で素敵なヒーローは今までいなかった!と初めてスターウォーズを見に行った時に思いました。
ハンソロは当時のまだまじめーな学生の私にとっては完全にいい加減なやつで、カッコ良いと思う対象ではなかった。
だからこそ、ジジイになってからのルークですら、とても愛おしかった。内心ずっと。
だから駄作と言われる8も、個人的には泣けるお話でした。
そのルークの終わりの物語だから大事にしたい思いと
そこでやっぱり引っ張り出してくんのはパルパティーンかい!って言う
何としても納めなきゃ感が入り混じってけっこう複雑です。

ところでフィンのレイに言いたかったことって結局なんだったんだろう?聞き逃したかな…

ところで、レイア姫のことですが
全くその通りだと思います。
私は正直スターウォーズでの彼女の出た作品しかほとんど知りませんが
でも彼女けっこういろいろ出てたですよね。全くの端役が多かったけど。
イメージが先行するのはよくある話ですが、彼女はもともとプライドが高くて「レイア」のイメージを払拭するような役どころを掴めなかったんじゃないかと。
そう言う話なら、ルークの方がイメージ抜け出せなかったのはありありでしたよね。

ともあれ、レイア姫も好きでした。
今の技術は素晴らしいですね。全くCGに見えませんでした。

4〜6、と1〜3、7〜9
どれを見返すかと言われたら、なかなか難しいな。
私はレイが好きでしたし、今の映画のテンポなので見やすいから
7〜9も楽しかったです。
ちなみにローグワン、私も大好きです。あれは本当に良かった。
あれがあって一気に4が人間的なドラマに感じました。

とりあえず、まあ、ありがちですが
私のルークスカイウォーカーに、愛と祈りを捧げて、長かったお話にピリオドは打てたと思います。

Re: さあ、書くぞ(ネタバレ注意)

>JORIさん

あけましておめでとうございます〜。本年もどうぞよろしく。

力作コメント映画感想、どうもありがとうございます。
では、お返事ですっ。

> 正直、私もうまくまとめた大団円感はあっても、あんまり感動しなくて。
やっぱりそうですよねえ。

> 私もまず、ポーの存在が必要だったのかがまるっきり納得してなくて
それ!そこなんですよ。
突然レイアの後釜にすえられちゃうあたり、「え?なんでポー???」と思いました。

> そう言う割り込み感は、ハンソロでもあったとはいえ、彼は十分魅力的でしたもんね。
確かに。突然ハンソロがリーダーっぽくなる展開、ありましたねー。
でもあれはなんというか説得力があった。

> フォースが魔法の力に見えるってのは同感です。
8の時にそう思ったんですよ。
「え?フォースって、こんな、何でもかんでもアリな能力だった??」って。

> でもまあ、命を全部レイに渡した後のカイロレンの最後の笑みはぐっときました…
はい、私もあれには胸がつまりました。

> ランドの復活、これは息子と一緒に見に行ったのですが、声だして2人で笑ったほど嬉しかった〜〜ほんとこれ!!!って感じ。やったー!
ですよねー!
7でミレニアムファルコンが出て来た時も「うおー!!」と思いましたが、
今回もチューバッカと2人でミレニアムファルコン操縦して助けに駆けつけて来た時は盛り上がりました!

>
> ハンソロとカイロレンの会話のくだりも良かったですね。7と同じセリフ。でも今度は違う意味で。
はい、あれは良いシーンでした。

> 何度も言うけど、ポーを主軸に持ってきたのが個人的には??でした。
> それならフィンの利用価値はなんだったんだろう。
> 彼がもっと活躍してなんぼだったんじゃないんだろうか。
> ローズに至っては本当にもう…でした。
今回のローズの扱い、酷かったですよね。なんかウザい口出しするだけの女、って感じ。
ポーよりはフィンの方が色々印象に残るキャラだったんじゃないかと思うのですが
まあどっちにしろ、3人とも「なんで出したんだ」って感じではあります。


> そこでやっぱり引っ張り出してくんのはパルパティーンかい!って言う
・・・わかる(笑)
結局コイツか!な感じ。
でもJJエイブラムスがなんとかまとめようとした努力は買います。
つかジョージ・ルーカス!ちゃんと最後まで脚本書いとけよ!とは思いました。

>
> ところでフィンのレイに言いたかったことって結局なんだったんだろう?聞き逃したかな…
いや、あれは結局言ってないでしょ。
多分、自分にもフォースの覚醒が起きつつあるって事を言おうとしたのかなと思いますが・・・


> ちなみにローグワン、私も大好きです。あれは本当に良かった。
> あれがあって一気に4が人間的なドラマに感じました。
ローグワンはJORIさんにお勧めされて、BD買って見てみたんですよねー。
それまでは「スピンオフでしょ〜??蛇足じゃないの〜?」と懐疑的だったのですが。
4を見直してからローグワン見たので細かいとこまで「ああっ、あれがそうか!」と
色々わかって本当に面白かったし最後は泣けました。
4のご都合主義としか見えなかった箇所を良くあれだけ掘り下げたなーと。
映画としても良い作品だったと思います。

>
> とりあえず、まあ、ありがちですが
> 私のルークスカイウォーカーに、愛と祈りを捧げて、長かったお話にピリオドは打てたと思います。
はい、私もそう思います。
一つの時代が終わったような気がするほどです。

お返事ありがとう〜

いや、半ばマジで
この最後のお話はMimiさんと劇場で見たかったなあと思いました。
映画館で見て、その流れでバーに行って
大声で文句いっぱい愛いっぱい言いながら語り合いたかったですねえ。
息子と帰りの車でワアワア言いながら帰ったのですが
彼にとっては「面白かった映画のシリーズ(ちょっとレトロな?)」の終わりなんですけど
私にとっては「半生かけて愛してきた物語」の終わり(ちょっと初恋的な)
のギャップはどうしてもあって
いやあたりまえなんですが、彼には今の主人公たちがもちろん主役で
例えばランドーの活躍も「じいさんようやった!」的なんですが
私にとっては引退してたスターがもう一度あの頃の勢いで帰ってきた的な嬉しさがあったり
ハンソロとのシーンもセリフの同じさに気がついていなかったりで
ちょっとだけ物足らなかったです。
まあ、贅沢な話ですが。

ひとつ言い忘れましたが
C3PO、私は切ないなあ…これであのR2D2との友情はもう一度やり直しになるのかな…と思ってあのシーン見てましたが、
息子は泣きそうになったと言ってました。でも絶対R2D2がバックアップで元に戻すと信じていたって言ってました^^;;;
彼が泣きそうになったのはそのシーンだけだったそうです。
あいつの愛はやはり機械にしか向かんのだろうか…
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR