日本旅行 その6

12月28日(木曜日)

京都2日目。
ホテルを9時にチェックアウト、観光コースを予約したヤサカタクシーに乗り込む。
3年前に両親と子供達と利用したのが同じヤサカの観光タクシーだったが、
今回も女性ドライバーで、ベテランらしくテキパキしていて本当に助かった。

朝のピックアップの時点ではホテルに荷物を置いていき、
観光後に戻って来て新幹線に乗ろうかと思っていたら
「何時の新幹線です?お荷物、トランクに入れていきましょうか?
その方が、ここまで戻ってくる時間のロスがないでしょう?」
と言って下さり、そうさせてもらうことに。
実際、時間の余裕はさほど無かったので本当に有り難かった。
私達の行きたい観光コースも上手に回って下さり、
最後はちゃんと京都駅で昼食を食べる時間も計算して
荷物を置いておけるコインロッカーがある所に車を回してくれたし、
プロだなー!!!と、感心。
観光途中に急いでぽち袋を買ってほんの感謝の気持ちを包んだけど、
こういう時はアメリカみたいにチップの習慣があった方がいいかなと思ったりして。

ヤサカタクシーには、外国人向けに英語の出来るドライバーさんもいるのだが
今回はわざと英語タクシーを頼まなかった。
ギャレットとタロウが、学校の修学旅行で行ったスペインの事を
「観光地の観光名所しか行かなかったせいもあるだろうけど、
とにかく誰も彼も英語喋るから、外国行った感じがしなかった」
と、言っていたせいである。
おっしゃー、そんなら、日本じゃあもう、
「うわあ、英語通じねぇ!どーすんだよ!」
って経験させたろーじゃないの、と、思ったからだ。

それに、ナナも同行するから、大体の通訳は事足りるだろうと思ったしねー。
私は通訳しませんよ。ええ。

まずはタクシーで金閣寺へ。
ここは前回もそうだったが、朝一で行った方が空いてて良いのだそうだ。
確かに、お庭を歩いて戻って来たら中国人団体がドーッと入って来ていた。
一足先で良かった。

次は石庭が有名な龍安寺。
石庭は、アメリカだと「Zen」と言われ、それって禅の事だろうとは思うが
なんだか知らんがあの石庭自体をも禅と呼ぶのである。
デスクの上で「禅」が作れる石庭セットとかも売られてるほどメジャー。
Tabletop Zen Garden Kit

fc2blog_201801111437105cc.jpg

ここでは団体客もおらず、静かだったので結構ゆっくりとお庭を鑑賞できて良かった。
ギャレットも、後で聞いたらこの石庭が一番印象的だった、とのこと。

次は私も初めての下鴨神社。

fc2blog_201801111437549ff.jpg

小さくパネルが立ってるのが見えるでしょうか・・・・
森見登美彦さんの原作でアニメ化された「有頂天家族」の矢三郎のパネルですわ。
この下鴨神社に住んでいるたぬき一家の話で、矢三郎はその三男。
私は原作小説を読んでる森見さんファンで、ナナは有頂天家族のアニメファンなので
まあ私たちの聖地巡礼って感じ?
タクシーのドライバーさんは当然アニメなんてご存知無かったので、
パネルもあったことだし説明して差し上げたら大笑いなさっておりました。

そこから一気に南下して伏見稲荷大社へ。
途中、鴨川沿いを下っている時に「なんか綺麗な古そうな建物だな・・」と
見ていたのが有頂天家族のアニメで出て来た金曜日倶楽部の会合の建物と気づいて
私とナナだけ大興奮!!!ぎゃー、本当にある建物なんだ!!!

伏見稲荷まで来たら激混みで、タクシーも駐車場が見つからず。
「なんでこんなに混んでるのかしら?」
と、ドライバーさんも困惑してたけどとにかく車が置けないので、
40分ぐらいでぐるっと回って戻ってくる事を約束して車を降りる。
3年前に来た事があるので、「おもかる石」をやって帰って来ますと言ってそれで了承。
あそこまでなら、40分もあれば大丈夫だろう。

fc2blog_20180111143829ea2.jpg

千本鳥居の一番有名な辺りはもう渋滞。
中国人のお嬢さん達がレンタルの振袖を来て、はしゃいで写真撮ってるのは可愛いので
邪魔したくないから写真撮影終わるまで待つのだがすると後ろがつまる。
なんでこんなに混んでるのほんと。

おもかる石の占いをやって、御神体の石(隕石?)を拝んでお宮を退出。
タクシーに再び乗り込み、京都駅へ。

コインロッカーのそばに降ろしてもらい、伊勢丹への行き方を聞いてタクシーとはお別れ。
本当に今回も素晴らしいアテンドで、助かりましたー!
ヤサカタクシー、便利だし信用出来るし素晴らしいです。

伊勢丹の上の階で「日本の洋食」を食べてランチ。

fc2blog_20180111143901c3a.jpg

ハンバーグ、というものはアメリカには無いので(ハンバーガーならある)
ナナがメニューを見ながら説明したのだけど出て来たものを食べたギャレットの感想は
「あ、ミートローフだね」
・・・あ〜そうだった。
アメリカでハンバーガーというと牛肉100パーセントで、
ミートローフは牛肉に豚や仔牛肉を混ぜたりして焼くんだった。

ギャレットはハンバーグ(ミートローフ)とエビフライにパンのセット、
私はハンバーグとクリームコロッケにライス、
タロウはオムライスとサラダ、
ナナはエビグラタンにスープのセットにした。
いかにも日本の洋食屋のメニュー。なつかしー。

お腹いっぱい食べて落ち着いて、ちゃんと新幹線の時間にも間に合った。
本当にヤサカタクシーのドライバーさんありがとうございました。

京都から無事に帰京し、本日も終了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住。
現在は夫と猫1匹と一緒にアラバマの田舎住まい。
娘と息子は大学生でそれぞれ別に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR