オリエント急行殺人事件

新作映画「オリエント急行殺人事件」を、BJと2人で見に行って来た。
新作と言ったって原作はそれこそ1930年代のアガサ・クリスティ作品なわけで
誰でも知っている名作だから話の筋はおいといて。

先日、BJに
「オリエント急行、リメイクが今劇場公開になってるから、この週末に見に行きましょうよ!
そりゃまあ、アガサ・クリスティだしもう全部わかってる話だけどさー、
でも、ジョニー・デップも出るんだって!で、最後がちょっとひねってあるらしいのよー、
面白そうじゃない?」
と誘ったところなんとも妙な顔をしている。

「・・・・それ、知らないんだよね」

えぇえぇぇぇぇぇ〜〜〜!!!!???
オリエント急行殺人事件を、知らない人が、いる!!!???
ありえないでしょうそれは!!!!!!

・・・・と、そうか。
ごめん。
いつもの癖で、私、自分が知ってる作品は世の中の人全部が良く知ってるもんだと思ってるんだわ。
そういえばBJはアルカトラズも知らなくて(サンフランシスコでそれで大げんかした)
シャーロック・ホームズも読んだことが無くて
歌舞伎も落語も寄席も行ったことがない人だった。
全部私が「知ってるよね!当然!!」という勢いでまず話すもんで、
「知らない」といえなくてあとですったもんだ・・・というのが何度もあったのだった。
今回もそれだったかーーー!!!!

と、驚いたのもそれはそれとして。
BJが恐る恐る
「原作は、キンドルで買ってあるんだけどまだ読んでないんだけど・・・
映画行く前に、読んどいた方がいい?」
と、訊く。
まあ、これは歌舞伎の古典みたいなもんで、もう皆ストーリーは知ってて見に行くもんだから、
展開を知っておいた方がいいとは思うけど。
あらすじだけでもいいから、先に読んでおいた方がいいかな。
それは、ネタバレって言わないと思う。
と、答えておいた。

真面目なBJは、映画までの2日間で一気に原作を読んだそうだ。
それから今日一緒に映画を見たのだが
「やっぱり、原作読んどいて良かった。
結構、端折ってあったし。
細かいとこが、本読んでなかったらわかんなかったな」
と言っていた。
そうねー。やっぱり、2時間以内にまとめるとなると、端折るしかないしね。

映画や芝居でミステリーものとなると、結末がわかっていちゃ面白くないと思うのが普通だが
私は祖母に連れて行ってもらって歌舞伎を良く見に行っていたので、
古典ものは先に筋書きをすっかり読んでしまって構わないというのを学んでいる。
筋書きがあっても、役者の違い、演出の違いで全く違う芝居になるのを見て
そこを楽しむ、という楽しみ方を教えてもらったので
BJにも歌舞伎やこうした古典作品のリメイクに関しては
先に全部話を読んでおくといいと教えてあげた。
ロングランしているブロードウェイミュージカルとか、
ホームズものとか、先にストーリーを知っていてかまわないのだ、と。
子供達にも一緒に見に行く時には先にざっとあらすじを聞かせておく。
その方が、ストーリー展開や人物の相関図に気を取られずに
舞台や映画そのものを楽しめることが多いし。

あらためてそう考えてみると、
映画や舞台の楽しみ方というのも
やはり人から教わる部分が多いのかな・・・。
祖母や父からは
「あまりにもつまらない映画だったら、
もうストーリーはおいといて
登場人物の服装とか舞台装置とか小道具とかを見て楽しみなさい。」
なんてことも教わったし。

で。
今日の映画。
エルキュール・ポアロがかっこ良すぎーーー!!!
何あれ!!??
ホームズをロバート・ダウニー・Jrが演じた時も何あれ格好良すぎ、と思ったけど
このポアロもちょっとーーー!!!

・・そして、最後に、ナイルの事件もちらっとメンションされてたので・・・
・・・続編も、あるのかな・・・??


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住。
現在は夫と猫1匹と一緒にアラバマの田舎住まい。
娘と息子は大学生でそれぞれ別に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR