fc2ブログ

ホームカミングウィークの恒例行事

やーらーれーたー





毎年恒例のyard roll。

ホームカミングウィークというのがあって、
その週は毎晩「シニア・ジュニア戦争」をやるのが恒例行事。
つまりシニア(高校3年生)とジュニア(高校2年生)が
それぞれお互いチームを組んで、相手学年の子の家へ
夜中にこっそりいたずらしに行くのである。

何人も子供を持っていて慣れてるお母さんなどは
夜通し見張っていて子供たちが来ると蹴散らしてるらしい。
うちは、ナナの時には軽くドライブウェイに落書きされたぐらいだったので油断してた。
今年はタロウがシニアだし、皆うちに車止めて集まって
どっかにいたずらしに行ってたもんな・・・・
やられないわけがなかったのだった。

このトイレットペーパーロールの後日には
玄関先に猫の砂(もちろん未使用だが)を撒き散らされ
乾燥マカロニなどをうちに止めてた子たちの車に撒かれた。
我が家はその程度だったが(それでももちろん片付けはすごく大変だった)
よその家では缶詰のトマト味パスタをべったり車にかけられたり、
もっとひどい事があったらしい。

その上、「以前シニアが住んでいた家」をジュニアたちが襲撃してしまい
当然「今は別の人が住んでいる家」なわけだから下手したら警察沙汰。
そこの家の方が親切にも学校に苦情を言ってくださって
それ以上にはしなかったので、学校からシニアとジュニアの親へメールが来たくらいですんだが。

今年のジュニアはちょっとやりすぎだったわほんと。

学校にピアノ伴奏に行った時、合唱の先生に
「日本にはこんな伝統無いから、ほんと驚きますよ・・」
と愚痴ったら、先生(60代女性)が
「あら、私の時代にはこんな事、なかったのよ!
そりゃ、今の子に言わせれば昔からの伝統だって言うだろうけど
私から見ればこれは新しい流行りだわね」
とおっしゃる。
そうかー、80年代くらいからだんだんエスカレートして来たらしいんだけど
それも南部だけの話なのかな?

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR