避難してください!

8月31日木曜日、ハリケーン・ハーヴィの影響でここアラバマにも雷雨・竜巻・強風注意報が出た。
一部地域では竜巻の被害も予想され、地上波テレビは夕方から通常番組を中止して気象情報を流していた。
幸い我が家のあたりには強風が吹いただけでそれほどの影響もなかったが、
竜巻が予想される地区にはシェルターへの避難や地下室への避難が呼びかけられていた。

翌日のネットで、こんな記事を見てびっくり。

www.al.com

ジェームズ・スパンというABCの気象予報士(この辺ではすごく有名で人気もある)が
自身のfacebookに地元のファン達の
「うちはどの辺なんですか?わからないんですが!」
という書き込みがいくつもあり、皆地図が読めないという事を知って
ついに直接一軒ずつの家へ、テレビから名前を呼びかけて避難勧告をした、というのだ。

上空からの映像へ黄色い線で印をつけ、
「この家のパーカーさん一家!私の声が聞こえたら、すぐに安全な場所へ避難してください!
4人全員で!あ、タミーおばさんも一緒なら、5人で!」
と呼びかけたというのでたまげた。

空撮映像を見ても、近所の地名や通りの名を言われても、
自分の家がそこにあるのかどうかわからないって・・・
アラバマのレッドネックの教育程度って本当に・・・・・

「皆さん、今のうちにボリュームを下げた方がよろしいかと思います。
次に呼びかけるレディは、少々耳が遠くてらっしゃるので・・・」
と言ったというのにも笑った。続けて
「ミス・エセル!ジェームズです!ストームシェルターに避難してください!
それから、ウィスカー(ヒゲという意味なので多分ネコちゃん)を忘れずに!
彼はリクライナー(椅子)の後ろにいるはずです!
さあ、行って!Wheel of Fortune(長寿ゲーム番組)は放映されませんから!」

これは、効果あるだろうなー。
見てるテレビから自分に呼びかけられたらそりゃ驚くでしょうし、
ちゃんと内容を聞くでしょうし。
しかしジェームズ・・・・どんだけ自分の放送範囲内の人たちを知ってるんだ・・・!?

ご近所の方の報告によると、このミス・エセルとウィスカーは無事にシェルターへ避難したそうだ。
良かったね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご当地ヒーローや!

アラバマ民が地図を読めないことか、ジェームズさんの徹底した気遣いか、家族構造や名前を家の位置ごと覚えてることか、もう何に驚いたらいいのやら...

正直、ジェームズさんの名前と非常事態の内容を読んで
「ついに上半身裸になるほどの気象情報だったのか!?」
と、思ったのに違っててがっかりしてます。

↑そこか!

…と思わずナナちゃんのコメントに軽く突っ込みを入れてしまったのはさておき。
これってほんとにすごいことだよねー
ピンポイントでお知らせしてくれるなんて。実際どうしたらいいかわからなかった人たちはどれほど嬉しかったろうなあ
しかし、そうか、実際自分たちが住んでるとこの町の名前やストリートは言えても、ちょっと大きい区分になっちゃうとわからない(知らない?)人もいるんだね。
日本にもずっと土着で住んでる人とか、案外いそうだな…

Re: ご当地ヒーローや!

> ナナさん

いやもうほんと、どこにどう驚いたらいいのやら、って感じでしたよ全く。
ツッコミどころ多すぎやろ!!て感じ!?

で、JORIさんからすでにツッコミが入ってますけど、
ちょ、待て〜〜!そこかい!!
ジェームズ・スパンがもろはだ脱ぎになったらそりゃもう
この世の終わりかと。(笑)

Re: ↑そこか!

> JORIさん

私よりも早くのツッコミ、ありがとうございます(爆)

ナナのボケには理由がありましてですね。
ジェームズ・スパンは本当に地元で人気のある気象予報士で、
いつもきちんとスーツの上下でお仕事なさってるわけです。
しかし、竜巻警報が出たり嵐の予報が出たりして
通常番組が全部ぶっ飛んで気象情報を流し続けるような事態になると、
最初は着ていたスーツの上着を脱ぎ、ワイシャツにサスペンダー姿になって
さらに状況が逼迫してくると腕まくりをし・・・・と、
徐々にラフな格好になっていくのです。
長時間お仕事していればそれも当然、でしょうけど。

しかしここいらでは
「スパンが上着を脱いだらそりゃ天気はシリアスな事態だ」
とジョークになるぐらいなのですよ。
だからナナに言わせると
「ついに上半身裸!?」
と(笑)
スパンが上半身諸肌ぬぎになったらもうアラバマは壊滅状態でしょう多分(汗)

でも本当に、ピンポイントで各過程や個人に呼びかけるって、すごいと思いました。
確かに、日本でも大きい区分で「○○県、××地方南西部の方は」とか言われても
ピンと来ない住民の方は多いかも知れませんね。
ピンポイントでその家に対しての避難勧告までは出来なくても、
日本でももっと細かく「○○町、××小学校そばの何丁目の・・」ぐらいの
避難勧告を出せたら色々変わるのかなと思います。
それから、こちらでは被害が出た後すぐに
「○○のシェルターで食料品と水の配給が受けられます」とか
詳しい情報が流れるのですが、日本ではそういうのがなくて
知りたい情報がテレビで流れなかった、なんて話も聞きますから
今後のテレビ・ラジオのそういった災害時の役割は
もっと考えて工夫してもらいたいと思ったりします。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR