ハワイ旅行 1日目

6月17日(土)

アトランタ空港から直行便でホノルルへ。
フライト時間は9時間半、って・・・・・
もうちょっと乗れば日本着いちゃうじゃない!
遠いなあ、ハワイ。
アトランタ(東部時間)との時差は6時間。

fc2blog_20170623091818d63.jpg

着くなりオープンエアーでこの陽射し。
暑いけど湿度は低くて、南部とはやっぱり違うな〜。

fc2blog_20170623091844d3b.jpg

トイレの表示が可愛い。

fc2blog_20170623091910fee.jpg

ファミリーはハワイ語で「オハナ」。
そうそう、「リロ&スティッチ」で覚えたなーこれ。
そういえば私とナナは、ハワイ行きの気分を盛り上げるべく
「リロ&スティッチ」のCDをiPodに入れて、聴きながら来たのだった。

でも私はうっかり機内で妹が勧めてくれた「この世界の片隅に」という
戦時中の広島を舞台にした漫画を読んでしまい、ぼろ泣き。
「なんでそんな悲しい漫画読んでるの!」
と、BJに呆れられた。
うん。自分でもそう思う。
いや、悲しいっつーか・・・・ほのぼのしてはいるんだけどね。
でもいい漫画だったわ〜。すごく良かった。妹よ、ありがとう。
しかしリゾートに行く前の読書のチョイスではなかったな。

ところで、ハワイに到着する前に機内で1家族につき1枚記入すべしという
書類が配られた。
なんだこれ?と思ったら入管みたいな用紙。
農産物を持ち込んでいないかとか、滞在の目的は何であるとか書かねばならない。
うわー、何これ、海外行くみたい!国内なんだけどね。
そういえばフライトも海外便扱いで、アトランタからはインターナショナルの
コンコースから出たし、機内食もちゃんと出た(国内線では普通出ない)。
ワインやビールも無料で飲めたし(国内線なら有料)。
やっぱ外国だわ。ハワイ。

家族4人でハワイに来るのは7年ぶり。
前回はナナが中学生の時。
中高のバンド&合唱がハワイでパフォーマンスするので
私は合唱のピアノ伴奏者として随行。
そしてBJは旅行のカメラマンとして同行、
そうなるとタロウ(当時小学生)を置いていくわけには行かないので
一緒に連れていくことになり。
では日本から私の両親と末妹もハワイで合流したらいいのでは?となり、
気がついたら学校の旅行に我が家の全員が同行することに。
・・・・ナナは多分内心嫌がってたんだろうと思うが・・・
だって、女子中学生なら、親や弟や祖父母が修学旅行に付いて来るとか、
絶対イヤじゃん!!!
でも表には出さず、ちゃんと喜んで付き合ってた点、偉いわ!

そんな事を思いながらの、7年ぶりのハワイ。
まずは空港からタクシーでホテルへ。
チェックインして荷物を置き、まずはホテルから徒歩でぶらぶらワイキキビーチを目指す。

fc2blog_20170619013748b07.jpg
デューク・カハナモクの像

fc2blog_201706190136301f1.jpg

fc2blog_201706190136025c5.jpg

すごく良い天気だがさすがに混んでる。
カラカウア通りの店をひやかして歩き、調子に乗って皆で安いアロハや
サマードレスなどを買う。
相変わらず日本人観光客が沢山いてちょっと驚いた。
今でもハワイってやっぱり日本人に人気なのか。
日本語表記も多いし、日本語の通じる店も多いから楽なんだろうな。

fc2blog_20170623091944b04.jpg

夕飯は、ワイキキ横丁なるビルの地下街で海鮮丼やお寿司。
waikiki yokocho
寿司屋、ラーメン屋、串揚げ屋などが入っていて、もうここはどこ?日本?て感じ。
味もちゃんとした和風で、美味しかった。
なんちゃって日本食、ではない和食レストランで食べたのなんて久しぶりだわ〜。

そこら中にあるABCストアに寄ってワイン買ってホテルに戻り、1日目終了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この世界の片隅に

私もアニメ見に行ってから、彼が電子板のマンガ買ったんで読みましたわー。
アニメも良かったけど、アニメじゃ細かいエピソードが削られる分、マンガの方が面白かった。
しみじみと、戦時中の暮らしが描かれてるんだけど、戦争の悲惨さ、悲しさもいっぱいあって
ひとつひとつの会話がなんかとても暖かく残酷なんだよねえ。
確かにリゾートいく前に読むものじゃないけど^^;;
機会があればアニメもどうぞ。能年れな(のん)の声が意外と合ってて良かったです。

Re: この世界の片隅に

> JORIさん

妹とLINE通話してて、あのアニメ映画見た?という話題になりまして。
彼女はアニメも見たけどJORIさんもおっしゃる通り原作の方が
細かいエピソードがあって良くわかるし面白い、と言うので
電子書籍で購入して(日本に帰らないでも買える!便利!!)
機内で読もうと思ってiPadに入れてったのです。
絵柄がほんわかしていて、でも本当に細かいところまで良く描写されてて
人物ごとの造形も良かったしとても良い作品でした。
映画はいつか見られたらいいな、と思ってます。
おそらくアメリカでは公開されないでしょうからね〜。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR