スカイプ英会話

ナナが、私の日本の友達から頼まれて
その人の知人へスカイプで英会話レッスンをする事になった。
生徒さんは日本人女性、30代、社会人。
だから、英会話というのもビジネス関係がいいのかな?と、
ナナがレッスンを始めるに当たってどういう会話や
シチュエーションについて勉強したいのかとメールで(日本語で)打診したところ

「ビジネス英会話は要らないんです!
海外の、オタクの方々と、オタクな会話をしたいんです!
ですから、私が英文を作ってナナさんに聞いていただいて、
不自然な点などを直していただければ嬉しいです。
カジュアルすぎない、丁寧な言い方を教えていただければと思っています」

・・・・って、そう来たかーーー!!!

いや、最初から私の友達が
「なんかねー、私の知り合いなんだけど、
オタクな話の出来る英会話講師ってのを探してるのよ。
で、オタク+英語、と来たらMimiが思い浮かんじゃってさ〜」
という経緯で私に声かけて来た話ではあるんだけど。

結局、その知人さんとしては、多分どこかのフェスとか
コミコンなんかで初めて会った「同好の士」に、
「あなたの好きなジャンルは何ですか?」とか
「どのキャラクターが一番好き?」とか
そう話しかけてきっかけを作りたいらしいのだな。
なるほどー、そういう事なら、




ナナほど適任の英会話講師はいませんわ。




ナナ自身も
「もう、そう来るとは思わなかったよーー!!!
斜め上からどころか、真上からがーん!って感じ!!!(爆)」
と、大笑い。
そりゃ、下調べも準備も要らなくてあなたにとっては簡単なテーマだよねえ、
現役バリバリだしオタク友達も多いしねえ、と言ったら
「うん!もう、ほんと、任しといて!って感じ!」
だそうだ。

英語しか出来ないオタク英会話講師に習うよりも、
日本語で日本のアニメを見つつ、英語で友達とオタク会話をしている
ナナは多分、理想的な講師じゃないかなーと思う。
どちらの言語も「感覚として」理解している部分が多いので。
辞書で引く翻訳とは違うんだよね、彼女の理解が。
そしてそれが私やBJにもよくわかる感じなので、
いつも「うまい翻訳するなあ」と感心するのだ。
タロウはやはり英語が母国語のようで、
ナナとは違って日本語に訳したり日本語のニュアンスを
英語にするのはあまり上手くないのだけど。

とりあえず7月からスカイプ英会話講師のアルバイトを始めるナナ。
生徒さんのニーズに合ったレッスンが出来るといいけど。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR