ネズミ講じゃんかそれ

とあるママ友(昔、彼女の息子がタロウと小学校の同級生だった、
その後旦那さんの転勤により遠方へ引っ越し、フェイスブックで繋がっている)から
フェイスブックのメッセンジャーで
「私の女友達の知り合い(すげー遠いな、おい)が、
今度日本でビジネスを立ち上げることになって、
ついては日本人のコネクションがある人を探してる。
あなたのことを思い出したので、名前を教えてもいいでしょうか」
というメッセージが来た。

へー、お母さんネットワークのビジネス、ねえ・・・。
日本で雑貨屋でもやるのかな?
だったら、口コミとかも必要だろうし、
ある程度はお役に立てるかも、
と思って
「いいですよ、構いません」
と返事をしておいた。

後日、そのママ友やその知人を経由したあとで
その「ビジネスを立ち上げる」人から直接メールが来た。
曰く

「日本の電力市場自由化を受けて、
テキサスに本拠地を置く我が社としても
ビジネスの拡大のために云々・・・・」

ってあーた。


ママ友の雑貨屋レベルの話じゃありませんがな!!!!


そして、添えられていた「バーチャル名刺」の動画がすごかった。
きちんとした日本語で作られた日本市場向けの会社紹介動画で、
1本目は「そうかー、ちゃんとした会社なんだな」ぐらいのもんだったが
2本目が・・・・!

「あなたがまず我が社の顧客になって電力を買う契約をすると、
契約成立とみなしてボーナスをお支払いいたします。
その後、あなたが自分の部下を作り、その人たちが契約を取る成果を上げれば
部下の売り上げがあなたのボーナスになります。
部下が増えれば増えるほど、あなたの売り上げが上がるのです。」

って・・・・・






ネズミ講ですやん。





うわーうわーうわー、
これ、まずいやつだ!!

と、気がついたのでもうメッセージにもメールにも返事せず放置。
そしたら1週間して催促のメールが来た。
無視するのもアレなので、拙い英語ながら精一杯
「いやー、私なんてアラバマの田舎のイチ主婦ですからー、
お役に立てないと思うんっすよ、すんませんねえ」
と書いて送ったところすぐさま

「いえ、こちらはテキサスの田舎者ですので。
とにかく、日本で



起業家になりたい



という野心のある方に少しでも繋がれれば、という思いでおります。
引き続き、どうかおつきあいをお願いしたく・・云々」




やべーやべーやべー

やべーだろこれ。

いや、親会社は確かに大企業で、
バーチャル名刺もらってからググって調べたりしたけど
それは本当にちゃんとした会社なんだけどさー。

多分、末端はブラック真っ黒。

こんなのの片棒、担ぎたくねぇよ!!!

日本で電力を買うのが自由化されたって言ったって、
年寄りとか絶対そんなの変えやしないだろうし、
営業さんが死ぬ思いするのは目に見えてるだろ。
そして、それを前提で「ボーナスをお支払いします」て・・・。

とりあえずメールアドレスと携帯メールしか教えてないから、
まあ、放置だなー。

いや、参った。
まさかこんな話だとは、ねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も

私も今テキサス在住なのですが、日本人という事で、お声掛かりました。
アラバマにも話が行ってるとは驚きです。
夫が聞くだけ。と言うので、セミナーに行ったのですが、宗教掛かってて怖かったです。この後、何のコンタクトも取ってません。
楽して金儲け、て何か裏ありますよね。
売ってるもの自体は確かに悪くわなさそうですが、その組織には関わりたくない感じですね。

Re: 私も

> Ricoさん

そうですか!
とにかくあらゆるツテを辿って声をかけているんでしょうね。
私のところには友人の友人(要するに私は知らない人)から回って来ました。
宗教がかっていて、というのはなんとなく雰囲気がわかるような・・・
この手の商法にはよくあるやつですね、多分。
私ももう関わりたくないので返事はせずに放置します。
久々に変なのに引っかかりました。やれやれ。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR