パスポート受け取り

今日は朝からアトランタ総領事館までBJと2人で出向いて、
更新したパスポートの受け取り。
アラバマでは発行してもらえないのでジョージア州アトランタに申請するのだが
そこまでの道のりはいかにも日本のお役所的で、21世紀になってもこれかーって。


まずはBJがウェブサイトから申請書をダウンロードしようとしたところうまく行かず。
うちのデスクトップが2台ともアップルだからか?と、
ラップトップのウィンドウズで試してみるもこれもダメ。
電話をかけて申請書がDL出来ないことを話し、書類を送付して欲しいと頼んだところ返答は

「ではまず、申請書を送付して欲しいという書類を提出していただきますので、
その書類を送付するために切手を貼った封筒をこちらに郵送してください」


・・・・・は!?

えーと、日本語が不自由になったのかな私。
何言われてるのかよくわからないんですが。

時間があまり無いので封筒を持参してもいいか、とBJが聞いたところ
郵送でないと受け付けない、と言う。

・・・・あー、これ、24年前を思い出すな・・・・。
アメリカに来る前、ビザ申請に関して文部省からの書類が必要だったのだが
これも「郵送でないと受け付けない」だった。
あの時もBJが「持参しますが」って言ったんだった。
全然変わらないんだなー!!!!(どちらも)

なんでその「申請書類を送付してもらうための書類」を送る手間が省けないんだ。
もう上方新作落語の「ぜんざい公社」かと思ったわよ!

そしてやっと申請書類を送付、するとその後総領事館から
私の携帯電話に電話が。
ちょうど病院に行って検査中だったので出られなかったから留守電にメッセージがあり、
折り返しかけてみると今度はあちらが離席中とな。
何十年ぶりでテレホンタッグやってしまったわよ!
なんでeメールで連絡くれないの?申請書にメールアドレスも書いたのに!

何か書類に不備でもあったのか、と焦ったがなんのことはない、
「受け取り期日の希望が4月某日だがそれで間違いはないか、変更希望はないか」
と言う確認だけ。
脱力。
だったらメールでくださいよ・・・・1ヶ月も先の話だし急ぐ連絡じゃなかったでしょう・・・・
とがっくり来たが、まあそれで変更はなしと伝えて終わり。

更に呆れたのは、パスポートの費用は
「現金で、釣り銭なしで用意すべし」
と言う話。
今時、クレジットカードも受け付けないの〜〜〜!?
しかも、釣り銭なし、って・・・。
普段現金で買い物なんてしてないから、細かいドル札なんてありませんがな。

それでもなんとか2人分ぴったり用意して、さて窓口で支払い・・・
・・・となったら、請求額が違う。

・・・は??
一人133ドルって話でしたよね??
と聞くと、この4月から料金が上がって一人145ドルになった、と言う。
266ドル用意して行ったが実際は290ドル払えと言うわけ。
しかも、釣り銭なしで。

たまたま私が50ドル札を持っていたのでぴったりの額で支払えたが・・・
・・・・なんなの一体。

確かに申請したのは3月初めだけど、料金が改正になったのなら
って言うか改正になるのがわかってたのなら、
受け取り期日が4月下旬なんだからそう言うべきじゃないのか!!??

あーもう。
これでまた10年はこの手続きしなくていいから
まあいいっちゃーいいんだけど、
って、そう思って利用者(国民)が文句言わないからそのままなんだろうな。

しかしびっくりした。
日本のお役所仕事を甘く見てたわ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

落語か!

まるで笑い話を読んでいるかのようでしたわ。
20年以上も手順が変わってないのもすごいですけど、
なんというか、ただマニュアルに従って喋ってるだけの役員さんも役員さんっぽいなーと思いますね。
アメリカのパスポート更新は比較的簡単でよかったぁ。

なるほど。

もっと面倒をこうむってる国民が吠えないといけないんですね。わかります、わかります。

ご存知、私も同じプロセスを最近踏んだんですけど、こういう「イジメか?」ってくらいの手間取りをワザとさせ、クリアーしたものだけがパスポートを手にできるのだっ!くらいに捉えて、疑問にも思いませんでした。だって、この『変わらない、ザ・マニュアル』ってことが「日本だな~」って唯一感じる事なので(爆)アメリカにいて日本を感じる唯一のアトランタ領事館(泣)そうですか、Mimiさんはもういっちゃったのか。私は来月です。

一昨年家族でアトランタの日本の領事館と、デンマークの商工会議所(領事館はNYしかないので)に一旦ですけど、たたずまいから職員から、まったく真逆で驚きでした。デンマークは写真こそとっちゃいけないけど、家具から出された食器まですべてデンマーク製(場所が場所だし)、NYから出向してきていた職員も優しかった。そして、現金じゃなく、チェックOKでしたよ~(これ重要!)

ほんと、日本のあの「お釣りの内容に現金で」って、なぜでしょう?足付かないように税金逃れしてるのか?(爆) そこいらへんの庭師じゃないんだから・・・
長々失礼しました。

Re: 落語か!

> ナナさん

ほんと、何のコントかと思いましたよ。
アメリカなら、パスポート郵送されてくるもんね。簡単よね。
なんで日本のお役所仕事ってほんとこういちいち面倒臭いんだか・・・

Re: なるほど。

> Schaztiさん

はい、ブログ拝見しまして「きゃーおんなじだー!」と思ってました(笑)

へえー、デンマークの商工会議所!興味深いです。
チェックを受け付けてくれるのはいいですね。

>そこいらへんの庭師じゃないんだから・・・
に、笑いました!
そうなのよねー、うちでも時々外壁のパワーウォッシュを頼むのですが、
ある業者は家族総出でやってきて、支払いは現金でと言われました。
チェックだと税金払わなきゃならないからかな、なんて思いつつ
あまりにもレッドネックな一家だったので言われるままに現金支払いしましたが。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR