赤い前掛け

前述のサイトで「ブラタモリ」の京都編を見たけど、江戸時代に
「女の子が赤い前垂れ(前掛け、エプロン)をつけて
三味線に合わせて豆腐を切るパフォーマンスが超人気だったんです」
というのがツボにハマった。

・・・・それって、「メイド服着た女の子が
きゃあきゃあ歌いながら(あるいは手拍子とかしながら)
オムライスにケチャップで”はあと”をかく」
のと、何が違うんでしょうか!!!???

150年前から日本人の「萌え」は
変わってないのか・・・。

日本人ってやつぁ全く、って思うか
男ってやつぁ全く、って思うか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR