一日中荒れ模様

午前4時から午後9時までストーム・トルネード注意報。
時々警報レベルになるという荒れ模様の一日だった。

朝は5時ごろゴルフボールくらいの雹が降ってきてあまりのうるささに起床。
屋根とか傷まないといいなあ、と思いつつテレビやタブレットで気象情報をチェック。
午後も次々と雷雨がやってきて、停電や倒木がないかと心配だったが幸い我が家には何もなく。

夜になって退屈したタロウが友達の家へ行ってもいいかとか
友達がこっちに来てもいいかと聞いて来たが、何しろ夜9時まで注意報が出ているのだし
万が一うちに来てる時によその子に何かあったら責任取れないから、と却下。
大体、なんで学校が休校になってると思ってんですかあなたは。

でもまあ、私も子供の頃台風で学校が早引けになったり休校になると楽しかったからな〜。
気持ちはわからんでもないが。
BJなどわざわざ増水した多摩川を見物に行ったりしていたそうだ。
河川に近づくな、ってあれほどテレビとかで注意してるのにね〜。子供ってバカだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

デカ過ぎる

ゴルフボールと同じ大きさの雹とはさすがアメリカ、スケールが違う!!。私が日本で経験したのはせいぜい柿ピー程です。

確か数年前にバーミングハムに行った時、スキャッタードサンダーストームと言う予報が出ていたのを覚えています。
幸い対した事はなかったのですが、遠くの夜空を見上げた時、日本国内の物とは比べものにならない位のバカでかい稲光を目撃してびびったのを思い出しました。

Re: デカ過ぎる

> A.Mさん

確かに、こちらは何もかもがデカイですね(笑)
昔、オハイオにいた時家族で遊園地へ行ったら、
到着した時にちょうど雹が降ってきたことがあります。
通り過ぎるまで車の中で待っていたら、ものすごい音で雹が屋根を直撃。
本当にゴルフボールが当たったか何かかと思いました。
後で見てみたら見事にへこんでいたので、もしも外にいて体に当たってたら怪我してたかも!??
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR