久しぶりのママ友ランチ

しばらく会ってなかったママ友HとVと、久々にカフェでランチ。
他にも誰か声かける?と相談したけど結局新メンバーがいると
自己紹介に時間取られて突っ込んだ話が出来ないので今回は3人だけで。
結局この3人が一番楽なのよねえ。
かれこれ付き合いも10年になるし、互いの子供達についても
同じ学校で同学年だから良く知ってるし。

カフェでは偶然3人とも同じサンドイッチをオーダーしたのだが、
笑ってしまったのが飲み物のオーダー。
今日はちょっと寒かったので温かいものが飲みたいなと思ってまず私が
「Hot teaください」
と言ったら発音が悪いのもあるし意外なオーダーだったもので通じず。
何せ、「いらっしゃいませ」と同時に3人分のフォークナイフとストローが来てたからねえ。
この辺のアメリカ人は甘いアイスティー(南部名物)かソーダ類しか飲まないからな普通。
でもなんとか通じて、やれやれと思ったらイギリス人のHも温かい紅茶がいい、と言う。
そこで終われば良かったが「それから、ミルクもつけてくださいね」と言ったもので
ウェイターのお兄ちゃんはからかわれたか冗談だと思ったらしい。
そうなのよねえ。アメリカじゃ、紅茶にミルク入れないんだよね・・。
さらにインド人のVが「私も温かいのがいいわ、白湯をください」と言ったもので
もう私は内心吹き出してしまった。白湯って!カフェで!!
お兄ちゃんはもう目を白黒。
「・・・ホットウォーター、ですか??」
Vはすましたもので
「ええ、それに、ライムかレモンをつけてください」
お兄ちゃんは首を傾げながら厨房へ下がって行った。
Hが
「ダイエットコークでも頼んであげれば良かったわねえ」
と言うので大笑い。
変な注文するおばちゃん客だなあ、と思われただろうね!
普通アメリカ人客はサンドイッチの中身だのはさむパンだのにうるさく注文つけて、
あれを入れるな代わりにこれをつけろとかうるさいのに、
私達はサンドイッチには一切文句をつけず飲み物がヘンテコリン。笑えるわ。
外人なんだなあと思った。

そういえば隣のテーブルに座っていた1歳くらいの男の子が、
首がねじれるくらいふりかえって私達をガン見していたのにも笑った。
お父さんが必死で「こら!そっち向かないで!」とたしなめてたけど、
まあしょうがないよねー、インド人に日本人に、変な訛りで喋るイギリス人だもん、
気になるわなあ。珍しい生き物勢揃い。

そこから、やはり外人だと色々苦労するよねという話になり、
実は子供達が学校でちょっと仲間はずれになっているので悩んでいる、という話に。
Hの息子もVの娘も、学校で浮いているのだという。
・・・・うーむ。
我が家の場合、ナナは確かに自分の学年にはあまり仲の良い友達が出来なかったけど、
バンドが楽しかったりアニメ関係の趣味で他の学年に友達が出来たりしてたから
それほど毎日泣いて帰って来たり、という事は無かったかな・・・。
タロウの場合は逆に、人気ありすぎて友達同士が(タロウを取り合って)モメたりするくらいだし・・・。
Hの息子もVの娘も、家で泣いたりしているのだという。
・・・それは、胸がつぶれる話だわ・・・。
自分がハブられてももう図太くなってるからさほど応えないけど、
自分の子が仲間はずれになって泣いてたらそりゃつらいわ。
タロウの場合は友達関係の悩みじゃなくて勉強出来ない悩みだからなー、
それは本人の努力次第で改善出来るもんね。
友達関係は本人の努力だけじゃ・・・・・難しいよねえ。

Vの娘は特に、派手な子達の仲間入りをしたいタイプだそうで。
・・・・いやー、そりゃ、難しいでしょう!
なんたって白人至上主義の土地の、白人のための私立校なんだもん。
白人の女の子達が一番幅をきかせてるとこで、インド人じゃ・・・・。
Vの娘だって可愛い顔立ちだけどそれとは関係ない話だし。
かといって、地味な子は「クールじゃないから」付き合いたくないんだそうだ。
いやはや。

Hの子はもっとシリアスな話で、Hは彼をカウンセリングに連れて行ったりしたが
2人かかった医師どちらも
「転校も視野に入れた方が・・・」
という話だったそうだ。
小さい学校だから、クラス替えも無いしずっと高校卒業までこのままじゃあねえ・・・。
これまた難しい判断よね・・。
幸いスポーツの得意な子なので、そちらでは活躍しているし友達もいて楽しいのだそうだ。
学校以外の活動で発散させていくしか無いのかな。

子供が小さい時は小さいなりの、大きくなれば大きくなったなりの、
親の悩みって尽きないもんだなーとしみじみ思ったりして。

皆元気で楽しく幸せな毎日をおくれますように。
がんばれ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR