ブロードウェイ曲のガラ・コンサート

ブロードウェイ・ボーイズ

BJと二人で、近所のホールへ「Broadway Boys」というグループのコンサートへ行ってきた。
その名の通り、ブロードウェイ・ミュージカルに出演していた男性ボーカリスト達が
ヒットしたブロードウェイ・ナンバーを歌うというプログラムである。
知ってる曲ばかりをやってくれるガラ・スタイルなので飽きないからいい。

私の好きな「WIZ」のナンバーや、おなじみの「ライオン・キング」や
「ジャージー・ボーイズ」やら歌ってくれたので楽しかった!
面白いなと思ったのは、よくある「男性4人のボーカルグループ」とかなら
この人がカウンターテナー、こちらがテナー、そしてバス、バリトン、と
声の高さや持ち場が変わるのが普通だがこのグループは「ブロードウェイスタイル」だけあって
全員がほぼ同じ声質、同じレンジの声域。
もちろん全員が高い声から低い声まで自在に出せるのだが、
「この人は高いところ担当」とか分かれてないのが面白かった。
逆に、皆がほぼ同じ声質なだけあってコーラスがすごくきれいなのだ。
一人が全部を歌って重ねてるのか?と、思うような感じ。
こういうパフォーマンスを見る(聞く)と、人間の声というのも楽器だなあ、と、思う。

BJが帰り道に
「いいよなあ〜・・・歌、歌えるのって、かっこいいなあ。」
と言うので私も
「そうねえ〜、歌が上手いとか、楽器弾けるって、かっこいいよねえ。
でも大丈夫、手術出来るっていうのもかっこいいから!」
と言ったら
「いや、でも、手術は、人前で見せびらかせないじゃん。
酔っ払って余興に手術してみせます、とかダメだろ?」




酔って手術とかされたくないわ普通。



ていうかどういう観点なんだそれ。







☆     ☆     ☆

天ぷらそば(玉ねぎと海老のかき揚げ、にんじん、バターナッツスクォッシュ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR