シーズン初のアメフト試合

予定表には入ってなかったのだが、今週になって突然決まった
本日金曜日の学校のアメフト試合。
タロウは応援バンドなので当然参加。
私も、突然のことなのでシャペロン(付き添い保護者)が足りなかったとかで
頼まれてバンドと一緒にスクールバスに乗って遠征に付き合うことに。

試合は我が校の勝ち。
途中から小雨が降り出して、傘をさすほどでもなかったが結構濡れてしまい、
変に雨が降ったので蒸し暑くなって最悪だったけどとにかく終わった。

帰宅したらもう午後10時半くらい。
タロウも自分の車で学校から戻ってきて、私もBJもキッチンにいたので
カウンターへ座ってポテトチップスなど食べながら
延々とバンドに対する文句だのなんだのを喋っている。

・・・こりゃー、お腹空いてるんだな・・・・

タロウの好きなルンピア(フィリピン風の細い春巻き)が冷凍してあったので揚げてやり、
文句を聞きながらあれこれ食べさせてみたらしばらくしてお腹が落ち着いたらしく

「・・・あ〜・・・なんか、すっきりした・・・・落ち着いた・・・。

今日ぼく、機嫌悪かったのって、

多分、お腹空いてたからなんだ。



うん。
人間、お腹空いてるとイライラするもんねー。
試合応援に出かける前に食べられるようにと私は色々用意しておいたのだけど、
タロウ自身は「その時点でお腹が空いてない」から、食べて行かなかったのだ。
しょーがないけどねー。

そして試合で演奏して、ハーフタイムに売店でフライドポテト買ってちょっとつまんで、
はっきり言ってお腹ぺこぺこだったのよね。もう。
しかしもともとあまり食べる人ではないし、お腹空きすぎると空腹を感じないタイプなので
「なんかわかんないけど、イライラする!皆に腹が立つ!」
って状態で帰宅したわけだ。

事ほど左様に、やっぱり、子供にはちゃんと食べさせてやらないと。
保護者の果たす責任の中に「子供のお腹を満たす」って項目は絶対あるよなー、と、
また思ってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR