皮蛋

タロウの彼女ちゃんがまた晩御飯を食べに来たので、
先日バーミンガムの中華スーパーマーケットで買ってきた
「皮蛋(ピータン)」を出してやる事にした。

切ったのをただ出して食べさせるより、卵の殻をむくとこからやらせた方がいいかな、と
「これがアヒルの卵でね、まあ、むいてみてよ」
と持たせると
「・・・え?何、何が出てくるの?
あっ、ひょっとして孵化寸前のヒヨコが詰まってるとか!?
きゃー、それだったらダメよ!」
とびくびく。
いや、それフィリピンのバロットだっけか?
良く知ってるわねーそんなの。
いやいや、ヒヨコは入ってないから、大丈夫、と言ってむかせてみたら
案の定黒いゼリー状のものが見えた時点であぜんとしている。

とりあえずむいて、切って中の黄身の状態も見せてから
ほんの少し切り分けて味見させてみた。
おそるおそる、だがちゃんと食べてたのはえらい。
私、子供の頃これ苦手で食べられなかったもの〜。
独特のにおいがあるのよね。

別にこんなもの、食べなくたって問題はないというか
嗜好品の類なのだからどうでもいいのだけど
こういうものがあるって知っておくのも面白いかな、と思って。

しかしあんまりこんな「珍味」を食べさせてたら、
そのうち来なくなっちゃうかしら!??
やりすぎ注意。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR