Unclaimed Baggage Store

アラバマ州内の「観光スポット」として有名な
「エアラインで、誰も取りに来なかった預かり荷物を売っちゃう店」
に、BJと二人で行ってみた。









航空会社としては3ヶ月はその荷物を預かっておき、
誰も取りに来ない場合ここの店へ卸して売ってしまうらしい。
しかし、個人の手荷物はともかく、
「引き取りに来ない貨物」
も売ってるのには驚いた。
要するに、会社とか業者が頼んだ貨物なのに、
誰も取りに来なかった商品を売っているのだ。
だから、ワイシャツやらバッグやら、タグのついた新品も沢山ある。
BJはそういった新品シャツからひとつ買ってみたが、
帰宅してタロウに見せてみたら
「・・・うわっ!このブランドのシャツ!?
で、新品!?何それ、いくらだったの!??
25ドルって・・・普通なら65ドルするシャツだよ!??」
と、大騒ぎ。
だよねー。安いよねー。
でもまあ、うちから片道100マイル(160キロ)、2時間のドライブだしねー。
さて、もとは取れてるのかどうか。

オメガやブルガリの腕時計やら、アイパッドとかMacBookエアーやら、
「うわ、どうしよう、欲しいかも・・・」
ってなものも結構あったけど。
しかしなんであんなもんを失くすかな!??

結果、どーでもいい映画のDVD(一枚200円)を数枚買い、
BJに新品のシャツを買い、あとはピギーバッグを1個。
ピギーはブランドものなので定価だと300ドルくらいするのが120ドルだったので。
まあこれならいいかなー、と。
さすがに、誰が着てたかわからない服はちょっとね・・・。

しかし土曜日だったからかな、すごく混んでいて驚いた!
駐車場など、停める所を探すのが難しいほど。
でもまあ、面白かった。



☆    ☆    ☆

冷凍小籠包、チンジャオロースー、さやいんげんの炒め、長芋、ミックスグリーンのサラダ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんなお店があるんですね。。。

私の夫は以前住んでいたドイツで12年間世界中を飛び回っていた人だったんですが、その内忘れもしない、一度だけカナダ→オランダ→ドイツ間のどっかでスーツケースが紛失したんです。大したお土産は入っていなかったものの、高かったスーツが数着丸ごとなくなったのは痛かったです。保障の上限が確か$1200とかだった気がします。スーツは高いですから、これじゃまったく保証されなかったって思い出です。ほんと、普段は紛失してもどこかで発見されて戻ってきていましたが、タグが切れちゃうとどうしようもないみたいですね…。オットのもアラバマに流れ着いてたのかなぁ(でもこれって国内だけなんですよね?)
ウェブサイトみてみたところ、ちゃんと服は洗ってから売られるそうですね。マックブックとかいいなぁ、でも我が家からは遠いです。

Re: こんなお店があるんですね。。。

> Schatziさん

旦那様のスーツケースは、災難でしたね。
ここの店に集められる品は・・・
どうなんでしょう、国内便のだけとは限らないのでは?
服はどれもきれいにしてありましたが、私はなんとなく抵抗が・・・(^^;;
完全な新品も結構あったので、そちらの方を見てきました。
中には民族楽器とかサーフボードとか、
「一体どうやったらこんなものの引き取りを忘れるのか!?」
とあきれるようなものもあって、ひやかすだけでも面白かったです(^^)
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR