予防接種

猫のココを、年一回の予防接種のため獣医に連れて行った。
全体にこれといって問題は無かった・・・・が、
案の定「毛のもつれがすごいので、全身グルーミングに連れて行ったほうがいいですね」と
言われてしまった。
そうなのよねー。
長毛種なのに毛づくろいが下手だから、お腹のあたりなどごろごろ毛玉が出来ていてひどいのだ。
ブラッシングも、背中は文句言わないが腹側は嫌がるので出来ないし。

仕方ないので近くのペットショップにグルーミングの予約を入れてきた。
猫生初のグルーミング。嫌がるだろうなー。
ペットショップの受付に獣医さんからのメモを見せると
「毛のもつれですかー、じゃあ全身丸刈りですね。」
と言われ、そうですよろしくお願いしますと返答。
どんな姿になるんだかねー。

しかし、毛づくろいが下手すぎて丸刈りにしないといけない猫なんて、初めてだわよ!



☆     ☆     ☆

麻婆豆腐、肉味噌レタス包み、ワンタンスープ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ネコを引用した

慣用句は日本だとネコに小判だの、ネコの額だのと数えればキリがありませんが、英語でも以外と 使われているのを最近知りました。
例えば、日本で言うどしゃ降りが、Raining cat and dogとなるそうですが、日本人の感覚だと幾ら何でもネコや犬は降らないダロウと。。
最もアメリカ人にすれば、日本じゃ土や砂が降るのかと。

そのほかにもWildcatやHellcatやTomcatなど男女に関わる比喩にも結構使われているみたいですが、ネコにしてみれば、余計なお世話だと。。

Re: ネコを引用した

> A.Mさん

It rains cats and dogs ですね。
猫と犬が喧嘩してるような喧騒だから、という説も見ましたが
はっきりとは語源はわからないようで。
というか、今はそんな言い回し、誰もしないんじゃないかな?と、思いますが・・・。
私のイギリス人の知人が少し日本語が出来る人だったのですが
「うちの、だんなさんの、お給料は、すずめのなみだ、です。」
と言ってたような感じかなあと思います。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR