ニューヨーク3日目

6月24日 晴れ

今日の日中は特に予定を立てていなかったが、
昨夜相談してみたら皆一緒に行動したいというので皆で出発。
まずは地下鉄に乗り、自然史博物館へ。

自然史博物館


妹も「ナイト・ミュージアム」の映画は見たというので
自然史博物館の外見だけ見せてあげたかったのだ。
中は映画のセットで、本物とは違うから別に見なくてもいいしね。
とりあえず、チケットなしで入れるロビーまで見学。
私と家族は前に中も見た事があるので今回はパス。

2〜3ブロック歩いて南下して、ジョン・レノンの住んでいた「ダコタハウス」を見る。
そこからセントラルパークを歩いて横断、東側にある美術館「フリック・コレクション」へ。

セントラルパーク


ここにはフェルメールの作品が3つあるというので見に行ってみた。
富豪の住んでいた邸宅がそのまま美術館として公開され、
絵もその当時のように「邸宅の装飾」として飾られてあって面白い展示だった。
家自体や家具も素晴らしかったし。
この美術館については昨日の日本語観光で紹介してくれたので初めて知った。
その他にも色々ガイドしてもらって参考になったので、良かった。

そこからタクシーを拾って5番街を南下、ニューヨーク市立図書館へ。
外のライオンは知っていたけど中は見た事が無かったので入ってみたけど、すごい装飾だった!
残念ながらメインホールは工事中で入れず。また次の機会に見られるかな?

図書館のほぼ真向かいに日本の無印良品の店「Muji」があるので行ってみた。
これも日本語観光のガイドさんからの情報で、ここにニューヨーク土産に
ちょうどいい布バッグが売られているというので買いに行ったのである。
・・・が、残念ながらその商品は売り切れ。
無地(Mujiに非ず)の生成りキャンバスバッグに自分でスタンプを押して
オリジナルバッグを作る、というのがあったのでそれを作ってみた。
これも、まあ、NYの思い出としてはいいかな?

図書館の裏手の公園横を通って、紀伊国屋書店へ。
ここはニューヨークに来ると毎回来てしまう本屋さん。
だってー、日本の雑誌やマンガが置いてあるんですものー。
2階にはちょっとした喫茶コーナーもあるので、ここで一休み。
妹も子供達もここでおにぎりを買って食べて一息ついていた。
そこまで読んで計画してたわけじゃないけど、そうか、
ここで軽食たべて一休み出来て良かったかも。

書店を出てグランドセントラル駅へ。
ここはもう、映画やフラッシュモブでものすごく使われてるからねー。
写真を撮りまくって終了。

グランドセントラル駅


いったんホテルへ戻り、シャワー浴びて着替えて夜の部へ。

以前にも来たステーキハウスDel Frisco'sへ行く。
金曜の夜だけあって、レストランの受付にはすでに待っている人達が。
私達は予約してあるので余裕だったが、案内されるまでちょっと待っていたら何やら視線を感じる。
ふと見るとこちらを見て笑顔で会釈してくださっている日本人女性が。
あら、とちょっとびっくりして私も会釈して挨拶してたらBJがたまげている。
実はその女性、ご主人と2人で昨日の日本語観光ツアーに参加されていてご一緒した方だったのだ。
そう説明するとBJが
「なんだ、そうなのかー!びっくりしたよー、ミミちゃん、こんなとこでも知り合いがいるのかと思って!」
まあねー。かつてロンドンのピカデリーサーカスで、
偶然知り合いにばったり会ったなんて事もある私ですけどね。

ディナーはどれも美味しかった!
ウエイターがアダム・ラヴィーンみたいな声のハンサムさんで、ナナ大喜び。
私はあまり好みじゃないんだけどな←別に関係ない

いったんホテルに戻って楽な服に着替え、夜景を見にロックフェラーセンターへ。
9時頃行ったのだが結構混んでいて驚いた。

展望台へ上がるとクライスラービルディングとエンパイアステートビルが目の前に。
そうかー、エンパイアには上った事があるけど、こちらに上った方が
エンパイアを眺められるからいいかもね。
いかにもニューヨーク!って感じの夜景が見られる。

ニューヨーク夜景


ホテルに戻って本日終了。
しかし良く歩いた!と歩数計を見たら2万2千歩!!!
膝のサポーターと土踏まずのテーピングしておいて正解だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR