Doobie BrothersとJourneyのコンサート



家族皆で、Birmingham郊外の野外コンサート会場での
Doobie BrothersとJourneyのジョイントコンサートに行って来た。
ちなみにスペシャルゲストとしてのオープニングアクトはDave Mason。ごめん、知りません。

この会場では皆ビール飲んでつまみ食べながら聞くスタイル。
という事で私は到着するなり生バドワイザーとフライドポテト。わはは。
暑いけど大汗かくほどではない夕暮れ時に、ビールとジャンクフードって
なんかすごく夏休みって感じ!

Doobie Brothersは、意外にヒット曲多いのねーって驚いた。
私は80年代のディスコブームに、当時すでに「オールディーズ」として
かかってた曲くらいしか知らないと思ってたんだけど、結構聞いた事あるわ。

そして真打のJourney。
2年前にもこの同じ会場で聞いたのだけど、あの時より良かった気がする。
あの時はまだボーカルのアーネル・ピネダがどうにもバンドに馴染んでないというか
なーんか、意地悪されてる感じがして見てて不快なシーンがちょこちょこあったのよね。
でも今回はちゃんとバンドとアーネルの息が合っていて良かった。
ニール・ショーンも前回よりギターのチューニングも合ってたし機嫌も良さそうだったし。

しかしオープニング1曲目がいきなり「Separate Ways」だったのにはたまげた。
さすがヒット曲の多いバンドはやる事が違う・・・。
〆は「Don't Stop Believin'」。やっぱ盛り上がるわー。

楽しかった!
けど、屋外なので椅子がプラスチックで硬かったから、
3本立てコンサートは長時間すぎてお尻痛くなった!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR