ドラマ「重版出来!」

黒木華主演のドラマ「重版出来!」の視聴率が低いそうだ。
私は面白いと思ってずっと最初から楽しみに見てるんだけどなー。
それについての考察記事があった。

エキサイトレビュー

・・・いや、これ、的外れじゃないか?

記事の中に
「『重版出来!』は群像劇で、毎回マンガ業界を取り巻くさまざまな人が主人公になる。先週放送の7話なら、20年間芽が出ないマンガ家アシスタントのムロツヨシが主人公だったが、心は彼をデビューに導く活躍を見せる……ことはなく、それどころかほとんどかかわらないまま、彼が夢を諦めて実家に帰るところでドラマは終わる。心は基本的に傍観者だ。」
とあるのだが、もうここに書いてあるじゃないの。
「毎回マンガ業界を取り巻くさまざまな人が主人公になる」
「心は基本的に傍観者だ。」
そう、黒木華は「主演」だけど「主人公」ではないのだ。
要するに、黒木華が演ずる新人編集者「黒澤心」は、単なる



舞台回し



なのだよ。


周囲の人々のドラマを、わかりやすく紹介するための媒介に過ぎない。
だから、心ちゃん本人の葛藤や成長やドラマは、「必要ない」のだ。
ひょっとしてこの記事を書いた人は「舞台回し」っていう役割を知らないのだろうか。
シェイクスピアの「真夏の夜の夢」のパック、とでも言えばわかるのかな?
あ、ごめん、嫌味だったか。

芝居の見方を知らない人が増えてきた、って事なのかなあ。
と、思ってしまった。
道理で映画を作るのも、舞台を作るのもテレビドラマを作るのも、
大変な時代になってきたわけだ。



☆    ☆    ☆

かみなりこんにゃく、マグロとアボカドの漬け丼、エビとクレソンのサラダ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR