ビッグバンドジャズ

タロウと、学校の音楽の先生に頼まれて割としょーがなく、
学校のジャズバンドの練習にキーボード担当で参加している今日この頃。
・・・ジャズなんてね、やったことないんざんす。私は。
クラシックか、せいぜいポップスまでね。
それでも一応「ビッグバンド」系(グレン・ミラーとかね)のジャズだからなんとかなってる。
それなりにリズムのお約束とか、コード進行のお約束とかがあるから。

BJに、もう、私のジャンルじゃないのにジャズやらされて大変だよ〜、と愚痴って
「でもまあ、ビッグバンド系だから、フリージャズじゃないだけまだマシだけどねえ」
と言ったところ
「・・・どっちも、もう、古いんだってよ?」
と、言われた。

え?何が?と聞いたら
もう今の若い人には、フリーだろうがビッグバンドだろうが、
ジャズという音楽ジャンル自体が「古い」のだそうだ。

・・・はあ。そうですか。
その伝でいくと、クラシックなんていったらもう、「古い」どこじゃないと思うんですがね。
そこら辺はどうなんでしょうか。

しかし、ジャズって、クラシックや従来のポップミュージックに対して
そういうのを破る音楽として出てきたジャンルだと思ってたのだけど、
今となってはもう「古いジャンル」の音楽なのか〜。
まあ、今やアメリカの大学で「そのジャズ音楽」を教えるようになってる時代だからしょうがないか〜。

私は実はジャズって大嫌いだったの(クラシックのようなきちんとした
全体の進行もなく、ソロのアレンジが多すぎると思ってたので)だが
タロウに付き合って学校のジャズバンドをやっていたら、
今となってはそれなりにクラシックのような「定番のアレンジメント」があるんだなーとわかった。
結構勉強になって面白い。

そして、「定番のアレンジメント」が出来るくらいの古い楽曲となってくると、
それはもう「新しいジャズ」「新しいアレンジメントのフリーな楽曲」ではなくなってくるのだな。
面白いものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR