学歴詐称の例の人

何やら日本でTV番組のコメンテーターをしていたショーンKとかいう人が
学歴詐称でどーのこーの、とな。
この人全然知らなかったのだがTwitterでばんばん流れてくるので、
ついこんな動画まで見てしまった。



ショーン・マクアードル川上氏の英語の発音はどうか、という短い動画。
・・・いやー、いい声じゃないっすか!ジョン・カビラかクリス・ペプラーか!?って感じ!
こりゃー騙されるよねー。うん。

で、英語ですが。

まあ下手ですな。
小林克也さんの英語の方がずっと本物に近い。ていうかきちんと言葉として聞き取れる。
多分この川上氏の発音だと、英語に慣れてない人は
「うわー、ネイティブっぽいー、うまいー!」
と思うんだろうなーと思うけど、毎日ネイティブの米語を聞いてる私からすると
「何言ってるんだかわからん」
のですよ。

3回ほど動画見て聞き直してみたけどやっぱり何言ってるかわからない部分があり、
タロウがいたのでちょっと呼んで聞いてもらったけど、
私が聞き取れない部分はやっぱり彼も聞き取れないと言っていた。
それじゃー、言語として役に立たないでしょう。

この人の英語より、渡辺直美がCMで喋ってる米語の方がうまいぞ。
あれは、ちゃんと、何言ってるかわかったもん。



アクセントの位置とかちょっと気になるところはあれど、言葉として通じるよこれは。
アメリカ人の話す米語だって色々訛ってるし、この程度のクセならどうってことない。
でも例の川上氏のは・・・・全然通じないでしょうこれは。

しかし日本人の、というか、日本のテレビの弱いところをうまくついてきたよね〜。
クヒオ大佐か!?とも思ったけど、どっちの方がお金巻き上げてたのかしらねえ。
小倉や古舘が恥かかされたのはいい気味だと思うけど、
でもこの川上って人、ひょっとして自分でも嘘の経歴を信じてしまってるような
病的な虚言癖のある人なんじゃないのかしら。
そういうの、学生時代の友達にいたから知ってるけど・・・
もう本人は嘘だと思ってないんだよねえきっと。
なんか色々と病んでいそうな・・・。




☆     ☆     ☆

タロウには買ってきたチキンストリップとお寿司、私はサーモンソテーとグリーンサラダとキヌア
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

それでも

日本のメディアではこの男は英語が堪能だと言う事で知られていたようで、つまり日本のメディアの英語力が如何程の物かと言う事を物語っているのではと思います。
そう言う自分の英語力もまだまだだと言う事は自覚しているから日々精進する毎日です。
当面の目標はFox newsのビル・ オライリーとデニス・ミラーの掛け合いを笑えるようになる事ですが、未だに良く解りません。。

No title

この男性、私、実は誰だか知らなかったんです。(笑)
英語、パッと聞いた感じ上手く聞こえるけど、
私のへっぽこ英語耳だと、classの前の単語と
仙台の後の言葉が聞き取れないのです。
ただ単に私の英語が全然ダメなだけなのか…(~_~;)
あと、私日本人なのに「みなさんこんばんは…ありがとうございます」
って「こんばんは」の後から「ありがとうございます」の前までが
何を言ってるのか聞き取れません。(^^;

これは…英語も日本語も私の語彙力の問題なんだろうか…と
なんだかモヤモヤしっぱなしです。

直美ちゃんの英語、笑っちゃうけど、聞き取れます!

Re: それでも

> A.Mさん

まあ、日本のバラエティなんか見てると、取材に行ってるディレクターとか
本当に英語喋れませんもんね〜。
この程度の会話に通訳!?と、驚いてしまいます。
日本の英語教育って・・・なんなんだろう・・・・。

Re: No title

> たけりえさん

同じ〜!
そうです、Classの前と、仙台の後!
何言ってるか全くわかりません。
タロウも、そこがわからないと言ってたのでやはりこの人の発音がおかしいのだと思います。
たけりえさんや私の耳のせいじゃありませんわ!
でも英語に自信のない人はそれこそ「私が聞き取れないだけだろう」と
思ってしまうんでしょうね。ほんとは違うのに。
厚切りジェイソンあたりに突っ込んでいただきたい。

よかった~

>Mimi様

あぁ、良かった~!!同じところが聞き取れなかったんですね!!
私のあまり使われない耳と少ない語彙力のせいかと思ってました。(笑)
日本人のコンプレックスをうまく利用したしゃべり方だと思います。
英語教育…う~ん…私には耳の痛い言葉です。(^^;
中学1年生の子供たちを見てると、結構聞き取れてるし、
わからないながらも喋ろうとするし、そこまで酷くはないんです。
どこから間違っちゃうんでしょうねぇ~…。
でも、言語って、興味があって、しゃべろうとしない限りは、
どの言語も習得するのは難しいんじゃないでしょうか~。
使う機会…正直、日本にいる限り、ほぼゼロですもん。

あやすぃ〜〜(笑)

うわ、この人、すんごくあやすぃ〜〜!胡散臭いのが服着て講釈たれてます、って感じですね。(笑)
声は確かにラジオのパーソナリティ風だけど、発音がなんか変。聞き取れないところは、ごまかしってるっぽいので、ネイティブのダンナに確認したら、やっぱり「文法とかがちょっと変な気がする」そうです。
仙台の後の箇所ですが、It was not as cold as I thought it was.って言ってるっぽい??でも、それを言うなら、It was not as cold as I thought it would be.なんじゃないかなあ?
ま、とにかく、この人はネイティブじゃないでしょ。

Re: よかった~

> たけりえさん

そうそう、まさに「日本人のコンプレックスをうまく利用したしゃべり方」ですね!
日本の英語教育はねえ〜・・・
文法を叩き込んでくれるから、あれはあれでいいと思うのですよ。
正しい文法を知らなければブロークンイングリッシュを話す事になってしまい、
それだけ程度が低いと思われてしまいますからね。
おっしゃる通り、「使う機会が無い」のが問題かなと思います。
学校を卒業してしまえば、ほぼゼロですもんねー、英語話す事なんて。
よっぽど、外資系の会社に入るとかでも無い限り。
必要に迫られて毎日使う、ってぐらいじゃないと身につかないですよね。
まあしょうがないか〜。

Re: あやすぃ〜〜(笑)

> culvergirlさん

胡散臭い(笑)その通りですね。
私も、仙台の後の部分は「It was not as cold....」と聞こえたのですが
そのあたりからごにょごにょってなってて良く聞き取れず。
確かに、文法がおかしいのかも。
しかしまあ、この顔面とこの声でペラペラとこれだけまくしたてられたら、
「バイリンガルのハーフ」だと思うでしょうねえ。
なんか顔も整形らしいし、なんだかなあって感じです。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR