腕が痛くなってきた

合唱伴奏のためにしつこく練習していたら、いよいよ右腕と肩が痛くなってきた・・・。
筋肉痛だわこりゃ。
なのに今日、また新しい曲を3曲も先生から渡された・・・orz
いや、あの、本番までもう2週間切ってますよね!!???

そのうちの1曲は男子だけで歌うカンサスの「Dust in the Wind」。
もーこれはどうやったってギターの曲なのでタロウに丸投げする事に決定。
先生も「ギターの方がかっこいいかなと思って、タロウにやってもらおうかと・・・」と言ってらしたし。
タロウに打診したところ
「キーは何?オリジナルはCなんだけど。」
と即座に聞いてきたので感心。
さすが。これくらいはレパートリーに入ってるのですな。
男子だけでステージで、タロウがギター弾いて一緒に歌ったらかっこよさそうじゃない〜?
ピアノ、いらないんじゃないかと思うけどまあ一応練習しておくか・・・。

他の2曲はビギナーグループのための曲なのでさほど難しくは無し。

「オペラ座の怪人」メドレーも、オープニングと最後の印象的なベースは
楽譜では私が左手で弾くんだけど、それだとどうも軽すぎるので
ベースギターを弾くギャレットに頼んでやってもらう予定。
ちょっとでも自分の負担を軽くしたい私。ほほほ。

一番の問題は、こないだHonor Choirで選ばれた子達が歌った曲なのよねえ〜・・・。
さすが、色々な学校から代表で来た子達が歌わされる曲だけあって、難しい!
誰だこんな伴奏アレンジしたやつはーーーーっ!!と、ぶちキレそうになるわ全く。
おまけにピアノ独奏の部分(間奏)が結構ある・・・・マジですか・・・・
やめていただきたいわほんとに・・・。

まあ、仕上がりぐあいを見て先生がプログラムにどの曲を入れるか
直前に変えたりするから、どうなるかわからないけど
何を言われてもいいように用意だけはしておかないとね。

ジャズバンドの練習もいよいよ佳境。
バンドの先生が各セクションへのダメ出しをしたのだが、
私については「もうちょっと前へ出て・・・・しっかり音を出さないと、
他の金管が音が大きいので、バランスが・・・」と言われたのだけど
これねえ〜・・・・。
ホールに置いてあるグランドピアノの音自体が、小さいのよ!
どれだけ叩きつけて弾いても、大きい音が出ないし響かないのだ。
こんなに、ピアノ自体によって音が違うとは知らなかったわ。
音色の違いはブランドによってもかなり違うって知ってたけど、音量までとは・・・。

本番ではピアノにマイクつけてもらおうかなあ。
と、思うほど。
同じ学校ホールに以前置いてあったKAWAIのピアノはもっと音が響いたんだけどなー。
今は違うピアノ(どなたかから寄付されたとかで、違うアメリカブランドの)になってるのだ。
前のピアノの方が良かったよう。

あー、ジャズバンドで叩きつけて弾きすぎて、腕と肩が痛いわー。




☆     ☆     ☆

鶏の水炊き
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR