ピアノ弾きの頭の中

今日も合唱の伴奏のため、午後から学校へ。

上級生達のクラスで伴奏していたら、私の目の前の女子生徒が
妙なタイミングで手を振りながら(本人はリズムをとってるつもりらしい)歌うもので、
つられて変なリズムで弾きそうになって焦った。

しかし、そう思うとピアノ弾きってなんかすごいわね。
右手用のト音記号の楽譜と左手用のへ音記号の楽譜を読みつつ、
右手と左手で別々の動きをしながら生徒達の歌う合唱用の楽譜のラインも見つつ
合唱の歌も耳で聞きつつ、
先生の指揮を目の隅で見てそれに合わせてテンポを変えたりするのだから。

一体いくつの事をいっぺんにやってるんだ。

・・・・ボケ防止にいいかも?



☆     ☆     ☆

マヒマヒのソテー・ピーチマンゴーサルサがけ、ミネストローネ、ブラウンライスとキヌア、ロメインレタスのサラダ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

確かに〜〜

実際、ピアノに限らず楽器を演奏することはボケ防止に効果的らしいですよ。

私は伴奏なんてほとんどやったことが無いので、Mimiさんのような合唱の伴奏を弾ける人はすごいなあ、といつも感心しているのですが、バレエ・ピアニストも独特なスキルが要るらしいです。娘がピアノを習っていた先生が、一時、バレエ・ピアニストの仕事もしていたことがあるのですが、やはり慣れるまではすごく疲れたと言っていました。先生が生徒に踊らせるルーティンを見て、それに合った曲を即座に考えてテンポも調節しながら弾かなければいけないので、弾く曲のバラエティもそれなりに持っていなければならないし。
娘曰く、バレエ・ピアニストたちの中にも優劣があるようで、一番人気の人は踊りやすい曲を選んでくれるだけでなく、バリエーションも豊富で踊っていて楽しいそうです。逆に、「仕事だから〜」というスタンスの人は選曲も弾き方も退屈だそうで。まあ、当然と言えば当然のことですが。

Re: 確かに〜〜

> culvergirlさん

ボケ防止のためにも、これからもがんばりますっ(笑)

バレエの伴奏!それはまた難しそうですし全く違うスキルが必要でしょうねえ。
私はもう、学校の合唱の伴奏でいっぱいいっぱいです(^^;;
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR