引き続き発熱

今日もまだBJの熱は下がらず。
39度出ては解熱剤を飲み、37度台になると「楽になった」という状態。
しかし本当に熱しか症状が無い。
明日も手術の予定が入ってるというが、無理なんじゃないの〜?と思っていた。

午後になってBJが感染症内科の知り合い医師に連絡し、症状を説明すると
「ウイルス感染だろうけど他のかもしれないから、一応」
と前置きして抗生物質を処方してくれた。
こちらでは医師が患者のかかりつけの処方箋薬局に直接電話(あるいはメール)して
処方薬を出す事が出来るので、いちいち患者自身が病院まで行かなくてもすむ。
私のようにずっと服用している薬のリフィルが欲しい時などすごく便利。
医師のオフィスにこちらから電話して、これこれの薬局にこれこれのリフィルの指示出してください、
というだけでいいから。
今回もその方法で処方箋を薬局に連絡してもらい、私がBJの代理で薬のピックアップに。

受け取って帰ってきたらBJが
「いくらかかった?」
と聞くので
「8ドル。」
と言ったら腰を抜かしていた。
「・・・今じゃ、そんなもんなのか〜〜!!
この薬、クリーブランドいた頃(16年以上前)に出してもらった事あったんだけど、
あの当時1週間分で300ドル以上したんだよ!!」
なるほど、そりゃー驚くわー。
当時は最先端の薬で、今はもう古い当たり前の薬になったって事ですな。

というわけで抗生物質を服用しはじめたBJ。
これでなんとか効くといいのだけど。
しかし、ウイルス感染だった場合は手の打ちようがないって事なのよねえ。
21世紀になっても。

アイスノン枕替えてあげたり水持ってったり色々してたら
「大切にされてる感じする〜・・・」
とBJが喜ぶので
「大切にするのも4日が限界だから。
そろそろ治ってね。」
と冷たく言い放つ妻であった。





☆     ☆     ☆

レッドスナッパーの酒蒸し、麻婆春雨、トマトサラダ、ロメインレタスと焼き豆腐のサラダ、かみなりこんにゃく、オーブンフライドチキンの残り
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 ご心配ですね。でも熱だけなんて、何なんでしょう。
 実はうちの夫が、先々週、寒い中に薄い作業服だけでいた日、帰宅してから夕食後、めまいと嘔吐に襲われて、あわてていつもかかっている大学病院の救急センターへ行きました。結果的には寒さにやられたため胃袋が動いていなかっただけらしく、湯たんぽで温めて生理食塩水を点滴しただけで帰宅しました。何かわかるまでは不安でした。大事な旦那様、健康には気を付けてもらいたいですね。

Re: No title

> kurashiki-keikoさん

コメントありがとうございます。
ご主人様、点滴だけで済んで良かったですね。
日本だとすぐ診てもらえるから羨ましいです。
こちらでは救急へ行ってもすごく待たされますし、
かかりつけと行っても予約が無いと診てもらえない事が普通なので。

おかげさまでBJは今日はかなり熱が下がり(といってもまだ平熱ではありませんが)
少し峠を越えた感じです。
本当に、一体何だったんでしょう・・・・。
回復に向かってるようなので良かったですが、なんとも変な症状でした。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR