I love you

grapeというサイトの記事で
「『愛してる』たった一つの言葉で、人はこんなにも変化する」
というのがあった。

記事自体ほほえましいもので、別に異を唱えるつもりもないが。

なんつーか、違和感。
「愛してる」って言葉自体がなー・・・
日本に古来からある言葉じゃないもんで、どうにも借り物感つーか・・・・。

「いとし」「こいし」(漫才ではないです)「かわいい」「たいせつにおもう」
その辺が、英語でいう「Love」に相当するかなあ。
私は個人的に「大好き」だと思ってるんだけどね。
「Like」が「好き」で、「Love」は「だーいすき!」って感じ。

たしか、ちょっと今出典は当たってないのだけど
明治時代くらいに和訳された「Love」って
「あなたをたいせつにおもう」
じゃなかったっけ。
まだ「あいしてる」なんて言葉は作られてなかった時の和訳。

英語圏に暮らして20年以上。
子供も、ナナは20歳を越えたしタロウも今年17歳になる。

タロウはかなりアメリカンなので私に向かって時々
「Love you, mother.」
と英語で言ってハグしてくる事がある。
そういう時は私も英語で
「Love you, too.」
と答えてハグしかえすのだが



こんなもん日本語で言えるかっ。





かゆくなるわっ。


なんつーか、なあ。
もう、英語圏の人達が家族内で使う「I love you」つーのは、挨拶なのよ。
いい子ねー、とか、気をつけて行ってらっしゃいとか、そんな感じ。
それを日本人が言葉だけまねして家族間で「愛してる」とか言ったって・・・・・

・・・うわあ。
想像しただけで赤面。

しかし、こっちの学校に私は合唱のピアノ伴奏で行ってるわけだが
そうすると仲良くなる子供達も当然出来てくるわけで、
その中でも人懐こい子なんかは私を見かけると喜んで飛んできてハグしてくれる。
更には合唱の遠征やコンクールなんかがあって私が
「がんばってね!応援してるよ!」とか言うと
「Thank you, Miss Mimi! I love you!」とか言ってくれるのだ。
男子でも女子でも。
もちろんこちらも
「I love you, too! Good luck!」
と答えるわけだが、それはなんつーか日本語で言う
「愛してます!」
っていうのとは全く違うのだ。

日本語で言うとそれこそ
「がんばってね!」「行ってらっしゃい!」って感じ。
そして日本語で言うと「お利口さん、いい子だねえ、えらいねえ、かわいいね」っていうのが
親子間で言う「I love you」かなあ。
夫婦間なら「いつもありがとう」とか「お疲れ様」ってのが相当するような気がする。

わざわざ「愛してる」なんて言葉にするのは不自然だし美しくないし、
英語みたいに語彙の少ない貧しい言語に追随して
豊かな表現のある日本語をたったひとことの「愛してる」にまとめるなんて
そんなもったいない話は無いじゃない、

と、思うのは私が古いのかしら。




☆     ☆     ☆

オーブンフライドチキン、人参とブロッコリーの蒸し煮、トマト、トマトとバジルのスープ(缶詰)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あこがれ

欧米にたいするあこがれと言うか引け目みたいのが依然としてあって、英語にすれば何でもかっこいいみたいな物かと個人的には感じます。

それ自体を頭から否定するつもりは全くありませんが、度が過ぎると単なるイヤミに過ぎないと言う事でしょうか。
「おフランスの香りがするザンス」みたいな。

と言う訳で日本のネット上で今お祭りになっているキーワードが「センテンススプリング」。。
早くも今年の流行語大賞の最有力候補だとか。

LOVEの大安売り

あー、アメリカ人って確かにloveという言葉を気安く使いますよね。日本語だったら「すっごくイイ!」というべきところも「I love it!」だったりしますから。
ウチのダンナも、I love you.をよく言いますが、私は滅多に返さないので(笑)他のアメリカ人夫たちよりは使う頻度が低いと思います。あはは。

私と娘との間では単に「好き!!」とこぶしきかせて(?)言ってみたり、娘が小さい時に「ママ、好きなの」というのを間違えて「ママ、好きの」と言ったのをわざとそのまんま使ったり、ハグと併用したりして、ラブラブしてます。(笑)
「愛してる」はやっぱり言いませんね〜〜。「愛している」という言葉自体、文語向きというか、口語にすると違和感がある気がしちゃって。

そーかあ

私にはやはりあこがれの言葉ですねえ。「愛してる」
というのもなかなか言えませんもん。それこそなんかホントに口にしていい言葉なんかなーって感じで。恥ずかしくて。
じゃあ、よく使ってるのはなんかなって言うと、子どもたちには大事、大切、かわいい、好きやわー、………たぶんそちらで言うところの親子間のLoveはこんなあたりか。
彼にはやはり大好き、好き、って言いますねー。ほぼ私だけですが^^;;
彼の方からだと「大丈夫」が一番多いか。

愛してるって言葉にはやはり芝居がかった愛情表現になってしまうので使えないですねえ。

映画の中やドラマの中の台詞みたい。
だからこそのあこがれかなあ。言われてみたい。そう思っちゃうなあ。

がしかし、Mimiさんの文見てたら、なるほどI LOVE YOUはいろんな意味があるのねえって思いました。
でもそれらみんな「愛してる」に変換しても不思議と違和感無いのは
ガイジンさんの世界だから(もしくは海外ドラマの中だから)って感じで違う世界のお話って受け取っちゃうからかな。
タロウくんと「愛してるよママ!」「私も愛してるわ!」と言いあってても字幕だとと違和感ないかもなあと思ってしまった^^;;;

Re: あこがれ

> A.Mさん

あー、なんか、文春のことをベッキーだか相手だかがそう呼んでたってやつですか。
センスもユーモアも感じないんですけどねえ。
なんなんだろう。

Re: そーかあ

>JORIさん

字幕だと違和感ないって(笑)
そういう受け取り方もアリですか(^^;;

やっぱりねー、借り物っぽいんですよね。「愛してる」。
私はふざけて、何か素敵なものを買ってもらった時だけ
BJに「愛してるわ!」と言いますが。
「こういう時だけだよね。」と、バレております。
ほほほ。

Re: LOVEの大安売り

> culvergirlさん

「その服、すごく似合うね」とか「素敵なヘアスタイルね」というのも、
「I love it!」って言いますねそういえば。
なんでも表現の大げさな人達だまったく(^^;;

確かに、「愛してる」は文語向きかも。
ラブレターには書けても、口に出して言うのには向いてないですね。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR