Polish Baltic Philharmonic Orchestra

Polish Baltic Philharmonic Orchestraのコンサートに家族3人で行ってきた。
「A Tchaikovsky Gala」というプログラムで、1曲目は「ロミオとジュリエットの幻想序曲」。
タロウはコンサート前の音合わせを聞いただけで
「うわ〜・・・これだけでもう、すっごくいい音!」
と感心していた。
自分がユースオーケストラに参加するようになって、バイオリンの音にも馴染んだから
差がはっきりわかるんだろうなあ。
BJは
「大人の(演奏する)コンサート来るの、久々だな。」
と言うので笑ってしまった。
確かに。
この頃、タロウ関係で学生たちの弾くコンサートばっかり行ってるからねえ。

2曲目は私の大好きな「ピアノ協奏曲第一番ロ短調作品23」。
Marcin Koziakという27歳の青年ピアニストがゲスト出演していたがすごかった!
正確に弾くというよりちょっとためたり粘ったりする弾き方で、
でも勢いがあって迫力があった。

ここで休憩。
後半は「交響曲第5番ホ短調 作品64」。
古典的な4楽章編成の交響曲なのだが、なんせ聴衆は田舎者。
楽章の終わりごとに間違えて拍手する人が必ずいて恥ずかしかった〜!
良く知らないなら周りが手叩くまで待ってなさいっ!

素晴らしい演奏で盛り上がり、アンコールを1曲演奏してくれた。
ポーランドの小曲だそうで、海の上から陸地を見つけて近づいていくさまを表現している楽しい曲だった。

あー、楽しかった。
やっぱりチャイコフスキーは派手でわかりやすくていいなー。
それに、「Gala」はポピュラーな演目・曲目をやってくれるから飽きなくて大好き。
幕の内弁当みたい、と言ってた人がいるがそんな感じ。
美味しいとこをちょっとずつ色々。
ごちそうさま←ちょっと違う



☆      ☆      ☆

野菜とチキンのスープ、レモンペッパーチキンとミックスグリーンのサラダ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR