またね〜

年末年始、帰省していたナナがオハイオに帰るので空港までBJと2人で送って行った。
今回は結構ゆっくりしていったから、帰っちゃうのが寂しいなあ〜。

タロウはひとりでユースオーケストラの練習へ。
お友達が結構出来たらしく、練習の前に皆でお昼ご飯を食べに行くのだとか。
そのうちのひとりには「うちのバンドに入ってくれ、お金払ってもらえるギグもいっぱいあるよ」と誘われているそう。
でもそういうのは大学行ってからにしなさいね、といつも言ってあるので
タロウ本人も別に乗り気ではないらしい。
断りきれなくなって、1回だけギグに付き合う、という話でまとめたそうだ。

私は学校のジャズバンドの課題曲を夢に見そうなほど繰り返し聞いて練習中。
キーボードのパートは単純なのだけど、全体と合わせるリズムが難しくて・・・。
とにかく聞いて覚えるしかない。
クラシックとはまるで違うから難しいわ〜。
即興とかリズムにのるのとか、苦手なのよ私。

家でタロウと2人でジャズの曲を合わせていたら、BJが
「いいなー、かっこいいなあ。せっかく楽器あるんだし、俺もサキソフォンやろうかな」
と言いだした。
おおー、いいじゃないそれ。
私がキーボードでタロウがギターかトロンボーンやって、BJがサックス。
合奏出来たら楽しいよね。



☆     ☆     ☆

カキフライ、ルンピア、グリーンサラダ、ポートベロマッシュルームのソテー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いやいや

おかげさまで楽しくのんびりと冬休みを過ごせましたとも。

アドリブやリズムに乗るのが苦手なお母様は、まさに坂道のアポロンの主人公ですな!
あたしの分も弾いて楽しんでくださいー。
でもお父様がサックスをやるのはダメ!!どうせならベース音を加えないとバランス悪いでしょう?

って、パートリッジファミリーか我が家は。

Re: いやいや

> ナナさん

坂道のアポロンの主人公もクラシックピアノだったもんね〜。
まだ「楽しむ」ところまでいきついてませんが、
今日はなんとかリズムに合わせて弾くことができました(ほっ)
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR