Jazz Band

タロウは学校のジャズバンドにも所属している。
トロンボーンと、リズムセクション(ギター・ドラムス)を担当。
先生がこの前からピアノを弾ける子を探しているが見つからず困っている、と
タロウが言うし、私も顔を合わせた時にちょっと打診されてはいたので手伝いに行く事に。
嫌ではないんだけど、なんていうかなー、これは「生徒達のバンド」だから、
出来れば親としてはしゃしゃり出ていきたくないって感じなのよね。
しかし弾く生徒がいないんじゃ(正確にはいるんだけど他の楽器を担当してる)仕方ない。

ナナも家で暇にしているので、本人のアルトサックスを持参させて一緒に連れて行った。
バンドの先生には本当にかわいがってもらったので、顔を出せば喜んで下さると思って。

案の定、先生大喜び。
金曜日にもナナは初心者バンドのクラリネットの指導を手伝いに行く事になったそうだ。
頼りにされてるわねー、良かったね。

ナナがアルトサックス、私がキーボードでジャズバンドの練習に参加したところ
タロウが後で
「ものすごく、いい音だった・・!
サックスのあんないい音、今年初めて聞いたよ。
ピアノがあったおかげで皆のソロパートも完璧だったし。」
と感心していた。
しかし、15人くらいしかいないジャズバンドで3名がうちの家族って・・・・
どういう割合だ。

とりあえず楽譜は借りて帰ってきたので、家で少し練習せねば。
パート譜だけもらって、自分が弾かないで休む小節をカウントする、っていうのは
実はほとんどやった事がないので慣れが必要だわー。
ひたすら模範演奏を聞いて覚えるしかないか。



☆     ☆     ☆

フィエスタチキン、ブロッコリーとベビーキャロット、クスクス
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR