A Happy New Year



皆様あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨夜はしっかり紅白歌合戦からゆく年くる年、年のはじめはさだまさしまで(途中まで)見て、
夜更かししたので朝寝坊の新年。
遅めに起きてからお雑煮作ったり昨日仕込んでおいた料理を切り分けたりしておせち料理の支度。
タロウはガールフレンドちゃんを迎えに行き、12時頃皆でそろって新年のお祝い。

お重につめたおせちは日本から真空パックで取り寄せたもの。
まわりの料理は大晦日に私が作った料理色々。
テーブルクロスも新しいのを出し、前に築地で買って来た和紙のランチョンマットを出し、
祝い箸は無いのでネットの無料型紙をダウンロードした箸袋を作って割り箸を出す。
このサイト便利!→paper museum
料理をお重に詰め、屠蘇器を出すと一気に「お正月感」が増すからいいわねー。
以前の一時帰国で屠蘇器持って帰ってきた甲斐があるわ。

ローストビーフのこのレシピ(平野レミさんレシピ)は初挑戦だったのでどうかなと思ったら、
ガールフレンドちゃん初め家族全員に大好評だったのでまた作ろう。
私には中が生すぎるなと思ったが、BJもナナもこのくらい生な方が好きだというので
その辺は好みの差ね〜。
でも確かに、漬け汁の味がしっかりしていたらしくて肉にたれなどかけなくても味がちゃんとしてて
美味しかったので良かった。

のしどり(鶏の松風焼き)は、昔々に作った事はあるけど久しぶりだったので
どうかなと思ったら子供達はあまり食べず。
うーむ。
正直言って、ローストビーフよりずっと手間がかかる料理なので、
これはもう来年から作るのやめよう。
手間の割にありがたみが少ない料理は作らない主義。
だからコロッケも滅多に食卓にあがらないという。

食後はガールフレンドちゃんも交えてボードゲームやら何やらして遊んで、楽しかった。
競技用けん玉(日本けん玉協会公認)を買って来てあったので開けて、
私がちょっとやってみせたらナナがやると言う。
渡してみたら「もしもしかめよ」のリズムでやるあれを上手にやってくれたので驚いた!
どこで練習したの?と聞いたら、日本の小学校に行ってた時にやっていたのだという。
すごいなあ、子供の頃に覚えた技って忘れないのね。
そういえばナナは一輪車にも乗れるのだった。
これも日本の小学校で、相当練習して乗れるようになったのだ。
色々特技のある人だな〜。

ところで、競技用けん玉、確かに使いやすい!
いい加減なプラスチックのものと違って、ちゃんと玉がカップに乗るしバランスがいい!
こんなものでも、良し悪しがはっきりあるのねえ。

次に日本に行った時には羽子板でも買ってくるか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR