大晦日

さて本日、大晦日。12月31日。
近所のグローサリーに足りないものなど買いに行ったらすごい混雑。
そうか、この辺の人は皆年越しパーティをするのだな。
うちは違うの。
今日必死で料理して支度して、パーティするのは明日!元日!

おせち料理にとりかかろうと思ったがアメリカのテレビはどこも休業モードで
すっかり「再放送」ばかりなので盛り上がらず。
年末っぽい雰囲気にしないとやる気出ないわ!と思って
ネット配信の有料サイトで「レコード大賞」など見ながら作業開始。
ナナも「これ、いいアイディアだわ〜。一気に年末!って感じする〜〜」と言っていた。
しかしすごい時代になったもんだ。
「レコード大賞」にしても「紅白歌合戦」にしても、はては
「ゆく年くる年」までがすぐにこちらでも見られるんだから。
時差があるから、ネット配信になる頃ちょうどこちらでもそういう時間帯になっていたりして
もう「ここはどこ?」って感じ。

それはともかく、今日の私は午前中に材料を買い出しに行ってひたすら料理。
紅白なます、伊達巻、のしどり、エビチリ、ローストビーフ、スモークサーモンのマリネを作成。

まずはアトランタの日本食品店とまとから取り寄せておいたはんぺんを使って伊達巻。

<伊達巻のレシピ>

卵 4個
はんぺん 1枚(約120g)
砂糖 大さじ3
みりん 大さじ2
醤油 小さじ1/2
だし汁 大さじ2(ほんだしをお湯に溶いて使う、はんぺんの味が濃ければただの水で可)

・8インチ(約20センチ)のスクエア型にパーチメントペーパーを敷く。
 オーブンを400°F(約220℃)に予熱する。

・すべての材料をバーミックスでどろどろに粉砕する。

・型に流しいれ、予熱しておいたオーブン中段で20分ほど焼く。中央にくしをさしてみて何もついてこなければOK。

・水で湿らせておいた巻きす(寿司を巻くのと逆の側を使う)に取り、熱いうちに隙間のないようきっちり巻いて輪ゴムで止める。ラップで全体をくるんで粗熱が取れるまで置き、冷めたら冷蔵庫で寝かせる。

これは数回作ったのでもう慣れているし、要は大きめの卵焼きなので簡単。
新しいオーブンがどうも表示より温度が高いようなのでその辺は加減したが
(350℉で27分、とか)でもまあ大丈夫。

今回ターキーのひき肉で作ってみたのしどりが一番心配かなー。
はしっこ切って味見したけどどうもみりんが多かったのか甘すぎる感じがしたのだけど・・・
おせちのひとつとしては許容範囲か?

ローストビーフは平野レミのNHKおせち料理レシピで。
これは明日切って食べてみないとなんとも。 

そうこうしてるうちに子供達も起きて来たしお腹が空くので、
Trader Joe'sで買って来た小籠包やグリーンカレー揚げ餃子の冷凍食品を温めて出す。

日本から取り寄せたおせち料理はナナが上手に重箱へ詰めてくれた。
田作りとか宝喜子とか、こっちじゃどうやっても作れないしねえ。
今は真空パックで届けてもらえるので本当に便利。

夕方から、ネット配信の「NHK紅白歌合戦」を見る。
すごいなあ。
アメリカの12月31日に、紅白を見られるのよ?
昔は、実家に頼んでビデオに録ってもらったのを
郵送してもらい、1月後半に見るのがやっとだったのに。
気分的にはほぼリアルタイムだ。

紅白を見ながら天ぷら(にんじん、玉ねぎとエビのかき揚げ)を作り、
細めのうどんをゆでて年越しそばがわりの年越し天ざるうどん。
アメリカにいるのにむしろ日本にいるより日本ぽい大晦日か?

紅白の後半はまた家族でボードゲーム「Tokaido」をやったり
久しぶりに「ウノ」やら「マンカラ」などやったりして楽しかった。
花札の「花合わせ」もやろうかと思ったが点数計算を私もうろ覚えなのでまた次回に。
なんでアジアのゲームって、麻雀もそうだけど点数計算や役作りが複雑なのかしらね??

「ゆく年くる年」もちゃんと見て、「年の初めはさだまさし」あたりで
子供達も眠くなったと言うので解散。
ほんとすごいわ。日本にいる年越しのようだ。

ところで今年、初めて美輪明宏の「ヨイトマケの唄」をちゃんと聞いた。
美輪明宏も知ってるし「ヨイトマケの唄」というタイトルも知っていたが、
ちゃんと歌唱を聞いたのは今日が初めて。



すごいのね。



美輪明宏自身が作詞作曲したのだというのも初めて知ったが、
一切の過剰な演出・装飾のない舞台での美輪明宏の歌唱力に驚いた。

歌唱力というか、これはもう「一人芝居」、「一人オペラ」なんじゃないかと。

最初と最後の、労働者である「母ちゃん」が歌う場面では声を女性の声のように高く歌い、
歌の初めの方は歌っている男性がまだ少年であるから少し高い声を出し、
後半では大人になり社会人になっている男性が歌うから低めの太い声で歌い。
一人で、この歌の世界を演じきっていることに驚いた。

これはもう、美輪明宏の演じる「ヨイトマケの唄の世界」という舞台だ、と、思った。

その存在感、演技力、かもしだす雰囲気。
すべての力量に圧倒された。

AKB48が束になってかかったって、かなわないよねえこれは。
48人対美輪明宏1人でも、美輪明宏の完全勝利だろう。
それぐらい、格の違い、歌の力の違い、カリスマ性の違い、
圧倒的な、舞台を完全に自分の物にする力量の違いを感じた。

美輪明宏というと、以前「さんまのまんま」だったかな?
あの辺のトーク番組に出て、
「私がね、運転してたんですよ。そしたら目黒通りで、
なんか、横断歩道待ってるとこに、キラキラした人が立ってるの!
なんだろあのキラキラした人は、って見たらケンちゃん(美川憲一)でね。
で、何やってんのって止まったら、私が車運転してるの見て
『あ〜ら、おかぁさ〜ん、何やってるのお〜』
って言うのよ!
いや、用事があってあっち行くんだけどって思ってたら私を見て
『運転なんてするのねえ、お転婆ねえ〜』
って!
お転婆、って、何よそれ!
転がる婆、って書くのよ!?
アタシが、転がるババアなわけ!!??」
っていうのをまず思い出してしまうし
なんかスピリチュアルな番組であれこれ言ってたのを思い出すから
うさんくさいおばはん(なのかおじさんなのか?)としか思ってなかったんだけどな。

歌手なんだわねやっぱり。
すごいなー、と、思った。


さて。
明日、元日には息子のガールフレンドちゃんもくる予定だし。
今日仕込んだおせちがいろいろうまくいきますように。

皆様もよいお年を!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HAPPY NEW YEAR!

明けましておめでとうございます。今年もよろしく御願いいたします〜。

我が家族は特におせちが好き、食べたい!という人たちではないので、今日は、御雑煮と黒豆だけ作り、あとはカリフォルニアロールでも作る予定です。

紅白、私たちも友人宅の大晦日パーティで見ました。今じゃあ、ほとんど知らない歌手ばかりだったので、あまり真剣には見ていませんでしたが。
美輪さんのカリスマって凄いですよね。私は、江戸川乱歩の作品を映画化した「黒蜥蜴」で彼(彼女)を見たのが最初だったのですが、あまりの美しさにビックリした記憶があります。未見でしたら是非!(アメリカでも字幕版DVDが出ているはずです。)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
伊達巻、おつくりになるんですね〜すごいです!
私も、トマトに行きましたが、私はトマトで出来上がってる伊達巻を買ってきちゃいました(笑)。毎年、黒豆も作っていたのですが、今年はそれも買っちゃったし。。作ったのはなますと、煮物とお雑煮ぐらいで。。

美輪明宏さん、すごいかったですよね〜。私もこんなところにいて日本の番組を見ています。ありがたい時代ですね。本当20年前のネットのない時代をしってると特に思いますよね〜

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

Re: HAPPY NEW YEAR!

> culvergirlさん

あけましておめでとうございます!
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ネットやってると、culvergirlさんのような方と知り合うことが出来るから
本当に良かったなと思います。
リアルじゃすれ違っても気づかないですもんねえ。
中原街道あたりですれ違ってたのかも知れませんが(笑)

家族がおせち好きじゃなかったら、私も作ってませんよ〜。
ナナがおせちに入ってる煮しめとか和食が大好きなので、買うようになりました。
BJと私だけだった頃は、お金もなかったし、せいぜい切り餅をやっと買って
鶏肉とほんだしとほうれん草かなんかでお雑煮もどきを作るくらいでしたねえ。
今年はタロウのガールフレンドちゃんもお招きしたので、ちょっと気合入れました(笑)

大晦日パーティ、いいですね〜〜。私もいってみたい〜〜。
でも飲みたい方なので、運転したくないから出かけたくない(^^;;
紅白は、歌を聴くというより出てきた歌手やグループを
「これ何?売れてんの?」と家族でわいわい言うのが楽しいのだと思います。
ナナが意外に日本の歌手を知っているので驚いたりして。
美輪明宏はすごいですね。やはり、カリスマ。
「黒蜥蜴」は江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本の作品ですね。
私は玉三郎と北大路欣也が演じた時に帝国劇場かどこかで見たことがあります。
玉三郎が美しかった〜〜、北大路もすごかったです。
美輪明宏バージョン、探してみます〜。

Re: 明けましておめでとうございます

> るいさん

あけましておめでとうございます!
伊達巻は数年前、ネットで見たレシピでトライしてみたら
思ったより簡単だったので、それから手作りしています。
もっとも、はんぺんを使うので結局日本食品店には行かないといけないのですけどね〜。
とまとには行く暇が無かったので、配達してもらおうと思ったらタイミングを逃し、
結局送料払ってはんぺんともち米と切り餅を送ってもらいました(^^;;
お餅は家でホームベーカリーの餅つきモードで作ります。

るいさんも紅白ご覧になったのですね!
ほんと、アメリカに来たのが93年でしたから、あの当時を思うと今は夢のようですよ〜!
ドラえもんのどこでもドアを手に入れた感じ!
イギリスにいたのなんてもっと前の89年からでしたからね。
日本との連絡はエアメールでしたよ。郵送。1週間くらいかかるの。
日本人の奥様方から回ってくるお古の文庫本や雑誌、ビデオが宝物だったなあ〜。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR