マンガ取り締まり

Comic Book Legal Defense Fund (非営利団体コミック権利弁護基金)が、
UN Special Envoy (国連特別報告者)Maud de Boer-Buquicchio’s による報告について記事を書いていた。

De Boer-Buquicchioは、児童への性的虐待と戦うために日本は「過激な児童ポルノ表現を含むマンガを禁止すべき」と強く主張したそうだ。
(recommendations to Japan for combating child sexual abuse emphasized her assertion that the country should, “ban manga of extreme child pornographic content.” )

しかしこのCBLDFの記事の筆者は違う見解を述べる。
曰く、
「日本では児童ポルノあるいはポルノ的表現を含むマンガを買っているのはごく普通の一般市民だ」
「平和的にそのマンガが売られており、中には男性用、女性用としてフロアごとに売られるほどの量がある」
「我々欧米の人々が思う『児童ポルノ』とは違う文化なのだ」

そして
ロバート・クラムの不滅の論理を贈りたい、『単なる紙の上の線じゃないか、君たち。』」
(Robert Crumb’s immortal logic that “it’s only lines on paper, folks.” )
といい、さらに
「マンガはイマジネーションの安全地帯として機能している。
マンガは沢山の性的ファンタジーを代弁しているのだ、中にはものすごく不快なものもあるが。
しかしそれらはリアル(現実)じゃない、リアルの人々を傷つけたりしない。
コミックの創作とその消費者を制限することは、本当に保護が必要な現実の人々を助けるわけではない。
そして、De Boer-Buquicchio女史が言うように、そこには保護が必要な現実の人々がいるのだ。
残念ながら、メディアの論議はそこにはフォーカスしていない。
ただコミックに焦点をあてているだけだ。
そしてそれは、現実にリスクにさらされている人々を助けることの妨げにしかならない。」

(Manga functions as a safe space of the imagination. There are a wide variety of sexual fantasies that manga gives voice to, and some are unquestionably disturbing. But they aren’t real, and they aren’t harming real people. Directing resources against the creation and consumption of comics doesn’t help protect any real people. And, as de Boer-Buquicchio points out, there are real people who need protection. Unfortunately, the media conversation didn’t focus on them. It focused on comics. And that’s a disappointing distraction from helping the real people who are at risk.)


本当にその通りだと思う。
動画やグラビアの「児童ポルノ」がなぜいけないかというと、
そこには「現実のこども」が使われて被害者になっているからだ。
そのこどもには、何をしているかの意識は無いのかもしれない。
でも、健全な状態では無い、と言うことが出来ると思う。

しかしマンガあるいはアニメはどうだ。
それこそ「紙に描いた線じゃないか、君たち。」

そしてこの記事の筆者が言う通り
「性的ファンタジーの緩衝地帯」
としての役割があるのだろうと思う。
現実へ持ち込まないでいいように、創作物でイマジネーションを満たす。
それのどこが悪い?

何より、マンガを取り締まることが
「現実に助けなければいけない子供を守るわけではない」
というのがポイントだと思う。
そんな下らない規制にお金を使うくらいなら、
現実の子供を守るために金使ってくれ。


以上、拙訳と私的意見で失礼いたしました。
元記事はこちらです

http://cbldf.org/2015/12/why-banning-extreme-manga-fails-to-protect-children/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR