ニュースリポーターがニュースになった




ミネソタのローカルテレビのニュースリポーターが、
24時間前に強盗に入られた銀行の前で生放送を始めたところ
その強盗がなんとまたそこへ来ていた。
後ろの建物から銀行員が走り出してきて
「あれが強盗だ!」
と言うのでリポーターは
「え?あれ、強盗?あ、えーと・・
これが生放送ですよ、皆さん。
私は911に電話しなければいけないので、
ではまた後で!」
と言って画面から消えてしまった。

これ、ローカルでよくある「1人でカメラ三脚にすえての現場リポート」だったんだろうな。
人がカメラ持ってたのならこんなおいしい場面、絶対カメラ向けて
逃走する強盗犯を撮影してただろうし。

犯人はその後無事逮捕されたそうだ。

でもなんで現場に戻ってきたんだろ?
よく推理小説とかで「犯人は犯行現場に戻る」って言うけどほんとなのかー。



☆     ☆     ☆

シーザーサラダ、アスパラガス、焼肉、トマト、玉ねぎ、焼きおにぎり
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ライブ感あり過ぎ(笑)

これは凄いライブ感ある映像ですねえ。レポーターがこれまたすっとぼけたキャラでイイ感じだし。(笑)
それにしても銀行強盗の日常感(?)はアメリカならでは、ですね。

Re: ライブ感あり過ぎ(笑)

> culvergirlさん

そうそう、レポーターのキャラがいいんですよ(笑)
なんかのんびりしてて焦ってなくて。
確かに、この日常感はさすがアメリカ、ですね(^^;;
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR