水木しげる氏訃報

水木しげる

水木しげる氏が亡くなったとのこと。
そうかー。
こないだ、ビッグコミックの連載が突然終わったし、
その時の話題が便秘で病院に行ったとかだったから
体調悪いのかなあとは思ったのだけど。
93歳か・・・
なんか、死なないんじゃないかと思ってたな。

ネットでは
「今夜は墓場で運動会ですね」
とか
「ちょっとあっちへ取材旅行に行ってるんでしょ」
とか
普通のお悔やみの言葉とはちょっと違うコメントが並んでいて
さすが皆に愛された妖怪の大家だなという感じ。

私は妖怪の話よりも、ビッグコミックに連載されていたような
日常のエッセイマンガや戦争体験のマンガが好きだった。
戦時の悲惨な体験も、水木氏の手にかかると
なんともとぼけたユーモラスな場面になってしまうのが面白くて。
根っから明るい人なんだろうな、という人柄が出ていて
そういう人がまた不気味な鬼太郎(アニメとは違うのよね)なんかを
描いてたというのも面白い。



今頃鬼灯さんが
「あの、すいません、ちょっとサインいただけますか」
とか言って頼んでたりして。

取材終わったら帰って来てまた新作描いてください。
楽しみに待ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この人だけは死なない

半ばマジに思ってた気がします。
なんか記事書く気にもならないくらいちょっとショックでした。
でも93歳。当たり前なお歳だったんですねえ。
私も日常の話が好きでした。妖怪は昔本当に怖くて絵を見るのも嫌でしたが、一旦気にいると折々に見えるユーモラスさや人間臭さ、社会風刺が好きでした。
ほんっと、水木先生の絵のキャラクターに水木先生自身がなって、ちょっくら取材に行ってる気がします。
こんなこと言うのはなんか変な気がするんですが
元気で行ってきてくださいよって私も思っちゃいました。

Re: この人だけは死なない

> JORIさん

私も、結構まじに思ってました。
そして今でもかなり本気で、水木さんは現世を通り過ぎて
あちらに移動しただけ、と思ってますねえ。
なんかきっと興味津々で、あちこち見て歩いてるんじゃないかなあとか。
あの方に限っては、死後の世界もアリな気が。
「マジかよ・・・」「パネェな・・」と天国の門で言われてる聖☆おにいさんルートか
「地獄の壁画描いていただくようにお願いしてください!すぐに!」と
鬼灯さまが閻魔さまを叱咤している鬼徹ルートを想像してしまって・・・(笑)
そうじゃなくても、きっとその辺に妖怪達と一緒に帰ってきてそうですよね。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR