USA TODAY

ネットで「USA TODAYがバック・トゥ・ザ・フューチャー記念エディションを出した」というのを見て、
こりゃ買わないわけにはいかんだろう、と昨日探して回ったが普通版しか見当たらず。
なんか限定版なのかなあ、うちの辺りじゃ売ってないのかしら、とがっかりしたが
映画を見たら新聞はマーティの行った「10月21日」のじゃなくて、その翌日版なんだ!
「じゃあ、明日その特別版が出てるんじゃない?」
とタロウが指摘してくれたので、今日改めて探しに行ったら・・・・

・・・あった!



ヒャッホー!
ちゃんと「ヒルヴァリー・エディション」ってなってて、
マーティが逮捕されたのが一面に出てるーー!
すごいすごい!

小道具とかじゃないのよ。
本物の新聞だからね。
なんかアメリカってこういうとこ、ノリがいいよねー。

そしてマーティの囲み記事だけでなく、1面から4面まで全部が
バック・トゥ・ザ・フューチャーのパロディなのだ。
「ジョーズ19」の広告も出ていて笑ったー。
しかも予告編まで作ってあるの。

USA TODAY JAWS 19 Trailer

USA TODAY だけじゃなく、ペプシもトヨタもナイキも
それぞれにバック・トゥ・ザ・フューチャーのコラボ商品や動画を作っていて楽しい。
でもタロウが
「だけどこれ、バック・トゥ・ザ・フューチャーだからだよねえ。
他の映画で、2015年10月21日になりました!って言ったって、
きっと皆ここまでやらないよね。」
と言う通り、それだけこの映画が愛されてるって事だと思う。

あーどうしよう、PEPSI PERFECTも欲しくなってきちゃったなあ。




☆     ☆     ☆

天ぷら(ニンジン、アスパラガス、Tilapia、玉ねぎと桜海老)、ほうれん草のナムル
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さすが

アメリカの心の広さというか、大人の遊び心があるのが羨ましい。
日本で新聞がやったら絶対にクレームがあるもの。
心の狭さが、未熟な国なんでしょうね。

Re: さすが

> ちいさん

アメリカもイギリスも、こういう「お遊び」に寛容な気がします。
「洒落でしょ、ジョークだし、皆で楽しむのが粋でしょう」って感じ。
目くじらたてるのは「野暮のすること」。
いつの間にか日本はこういうささいなお遊びにまで
いちいち文句つける輩がのさばって、
さらにネットのせいでそれがまた即日炎上、となって
マスコミも個人も何もかもちっちゃくまとまって面白くなくなってる気がしますねえ。

政治家をおちょくるネタも、こちらやイギリスのテレビでは
普通に出てくるものなのに、日本じゃあまり見かけないような・・・。
なんか全体にキリキリしてて怖いです。この頃の日本。

全くもって

皆さんのご指摘、ご心配の通りでグローバルとほざきながら今の日本は寛容さと多様性に欠けると言わざる得ません。

AFN(昔のFEN)のインターネットラジオでAlan Colmesのラジオトークショーをいつも聴いているのですが、あのノリは日本では絶対不可能かと。日本で自分は'政治的'にライトウィンガーだと言おう物なら、ある意味危険人物、ファシスト呼ばわりされそうな。。

話は変わりますが、バーミングハムの仕事仲間が11月の第2週に来日します。
前回バーミングハムに行った時に色々とお世話になったので、お仕事の中身も含め色々とおもてなしをしないと。。

Re: 全くもって

> A.Mさん

寛容さと多様性、ほんとにそうですね。
殊にネットの意見ばかり見ていると、以前より更に排他的になっているような印象を受けます。
まあ、実際の世間はそこまでではないのでしょうけど・・・。

FEN、昔聞いてました〜。今でもやってるんですね。AFNっていうんですか、今は。
政治についての発言やジョークは、日本ではまだまだタブーなのかな〜。

お仕事仲間のおもてなしですか。
アラバマから見れば日本はどこもエキゾチックで珍しいし食事も美味しいから、
何をしてあげてもきっと喜んでくれると思います。
私は東京でアラバマ人達の観光案内をした時、電車の乗り方(自動改札とか)を
説明するのに一番苦労しました(^^;;
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR