Back to the Future!

あ〜・・・・
楽しかった〜・・・・・!!!
満喫したわ。
Back to the Future Day。

80年代の大ヒット映画、ロバート・ゼメキス監督作品「Back to the Future」3部作。
パート2でマーティとドクがタイムトラベルしてくる未来が
本日、「2015年10月21日水曜日」なのだ。

2〜3年前から時折ネットで
「マーティとドクが来る未来は、今日!」
というデマが流れていたがそのくらい人気があるということで。
いよいよ今日、となったらもうアメリカのテレビは朝からその話題で盛り上がり。

私は先週ローカルFMで、地元のシネコンで今日1回だけ
バック・トゥ・ザ・フューチャー2を上映する、と聞いたもので
絶対行く!とチケット予約までする勢い。
しかしこの上映の話がさっぱり地元の話題に出てこないものだから
BJなど「行ってみて、うちの家族だけだったらどうしよう?」と心配していた。
私は「だったら貸切で、日本語でおしゃべりしながら見られるんだからそれもいいわよ」と言ってたけど。

行ってみたら封切直後の映画みたいにほぼ満席だったのでびっくり。
やっぱり人気あるのよねえ。
マーティの「ライフジャケットみたいなダウンベスト」を着て来てる人も数人いたし、
ドクのコスプレの人も。
ファンなんだなー、と嬉しくなってしまった。

2を見るにあたってやっぱり記憶をリフレッシュしておかねば、と
昨日のうちに1を見ておいた私とBJ。
はい、当然ブルーレイで3作セット持ってます!
私はもう脳内再生出来るくらい何度も見てるんだけど
それでも、見ておいて良かった。
パート2がパート1とかぶる場面が一層良くわかったから。
BJも、「昨日見といて良かったよ」と言ってたし。

実は今夜見て一番面白かったのはエンディング。

3作目の予告が流れ、最後の最後に
「Coming in Summer 1990」
と出た時には
「うおー、タイムスリップしてるわ!まだ1990年は来てないのか!」
って感じで不思議な感覚で楽しかった。

映画が終わって帰宅して、ABCの「ジミー・キンメルShow」を見る。
デロリアンのタイムマシンでドクとマーティが登場して、もう感激。
ちゃんとキャラクターになりきっていて、スマホを見た事がなかったり
かつてのTVホストが亡くなったと聞いてショックを受けたりしていて2人ともかわいかった!
そして客席からはヒューイ・ルイスが例のメガホンを持って
「音がうるさい!」と言ってくれてああもうなんなのこれは〜。

だけど今日改めて劇場でパート2を見てみて、
30年前の映画とは思えない新鮮さとスピード感と面白さに驚いた。
ちっとも古くないし、もちろん多少の特殊効果の稚拙さはあれど
ストーリーラインと展開のうまさは今でも感心するほどだ。

しかし30年前、この映画を東京で見た当時には
まさか30年後、2015年にアメリカで子供と一緒に
この映画を劇場で見てるなんて想像もしなかったなあ・・・。



ちなみに。
siriに「Happy Back to the Future Day」と言うと、
色々な返事をしてくれてちょっと楽しいです。
英語版だけなのかな?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うわー

めっちゃいい楽しみ方ですねー!
私もそれやりたかったなあ
今修羅場中で全くなんの娯楽もない状態なので
楽しみにしてたバックトウザフューチャーデイはこそこそっとネット上の動画見ただけに終わりました…しくしく
3はイマイチだったんですが、1、2はもう大っすきでした!
なぜか私の友人はイマイチなノリで
フェイスブックで繋がってる友人のみが盛り上がってて
嬉しいやら寂しいやら。
ああ、でもまたもう一度1.2見たいですわ〜。

ドリカムの2012年の金環食の時もそうでしたが
かつて遠い先の未来だと思ってたのが現実に、まさに、今日!っていうのは感動しますね。
あの頃の自分が急にフラッシュバックします。
懐かしいねー

Re: うわー

> JORI さん

そうなのー、いいでしょー?
ファンの皆で一緒に映画見て、拍手したり笑ったりして楽しかったです。
全米各地の映画館でこれが行われて、中には「バック・トゥ・ザ・フューチャー・マラソン」として
3作一気に上映、という劇場もあったそうです。

私も、1と2はもう大大大好き!
3は、まあ・・・・
オチとしては良かったけど、ちょっと違うかな・・・・って。
でもあれできちんとお話がまとまったから、必要なエピソードだったなとは思うのですが。
でもなーんか、前2作と雰囲気違いすぎるんですよねえ。

ドリカムの金環食、そういえば日本で話題になってましたね。
その曲自体知らないので私にはピンと来ませんでしたが。
そう、こういうイベントって「あの頃の自分」を思って懐かしくなりますね。
しかしマジで、あれから30年も経ってるのか・・・・
信じられないわ〜〜(^^;;
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR