アブサン

ベル・エポックものの小説や映画に良く出てくる「アブサン」なるお酒。
どんなものなんだろう、と思っていたが近所のリカーストアで発見。
ここはたまに、変わったお酒を入荷してるので面白い。




ボトルのデザインがあまりにお洒落なのでつい購入。
フランス製のアブサンで、スプーンもついていた。







グラスにスプーンを渡し、角砂糖をのせる。



水で割る前は無色透明。



ゆっくり角砂糖に水をたらしていく。
色気のない計量カップで申し訳ない。
ほんとはかっこいい水差しでやるもんなんだけどね。



出来上がり。
白く濁るのが不思議。

ニガヨモギがメインの薬草酒なので、ギリシャのメタクサやボンベイ・サファイア(ジン)にもちょっと似てるかな。
私は割と好き。

では、乾杯。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あぶさん

昔、野球マンガで「あぶさん」というのがありましたよね。主人公の酔いどれ野球選手がアブサンが好き、という設定で。
アブサン、水を混ぜると白濁するということはギリシャのウゾみたいにアニスが入っているんですか?ハーブの香りのする薬用酒って好きだから、アブサンも試してみたいけれどアニスはちょっと苦手なんですよね。
でも今度、バーに行く機会があったら試してみようかな...?

Re: あぶさん

>culvergirlさん

昔、でもないですよ!
「あぶさん」の連載が最終回になったのは
2014年の2月ですから(^^;;
私は父がずっとビッグコミックのファンだったので
ビッグコミックと増刊をこちらまで送ってもらっていたから
最後まで「あぶさん」読んでましたよ。
とはいえ、かなり最後っていうか
あぶさんが年とってからの漫画はきつかったですけどね・・・

まあそれはおいといて。

えっと、アブサンが白濁するのは、
水に溶けない成分が入ってるからだそうで(当たり前だろ)
アニスがメインかどうかは調べてもわかりませんでした。
でも、アニスも入ってるお酒なのでそういう風味はあるかも・・・?
うちの夫いわく「ウイキョウの香りだよな」だそーなので
そんな風味なのかもしれませんが。
彼はなんでもエスニックなもの食べさせると
「ウイキョウだな」
というのであまり参考にはならないかも?でもですが(^^;;

あ、なるほど

「あぶさん」、最近まで続いていたんですね!私は、従兄が持っていた単行本を中学生ぐらいの時に読んだだけなので、連載時期については知りませんでした。

ウイキョウってなんだろう?と思ってwikiったらフェンネルのことなんですね。あ〜、なるほど〜〜と思いました。フェンネルはよく料理でも使われてて、アニスに似てるな〜と思っていたので。フランスのパスティスもアニスの香りがするよね、と思って調べたら、何のことはない、パスティスってアブサンの代替品として作られたリキュールだったみたいです。ついでにアブサンについても調べてみたら、アニス、やっぱり入ってましたが、白濁するのはMimiさんおっしゃる通り、非水溶性分が析出するから、だそうです。

こうしてみると、ヨーロッパのリキュールって、薬草を多く使ったものがけっこうありますよね。やっぱりハーブ文化が根付いた御国柄なんでしょうか。

Re: あ、なるほど

> culvergirlさん

そうそう、ウイキョウはフェンネルです。
パスティスって飲んだ事ありませんが、そうですか、アブサンの代替品だったとは!
ヨーロッパには薬草酒多い感じしますね。
日本で言ったら養命酒かしら!?
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR