アメフトのスプリングゲーム

本日昼間のジャズバンドは無事演奏終了。
ナナは2日しか皆と合わせてないのに良く出来ててびっくり。
先生も「1年練習してなかったって言ってたけど、学校にいた時よりうまくなってる」と
不思議がっておられたほどいい音が出ていた。

そして今日の夜はアメフトチームのスプリングゲームがあり、
希望者だけペップバンド(応援バンド)で演奏するという。
突然決まった話なんだけど。
今週忙しいのに、それにBJもいなくて全部私がやらなきゃいかんのに、
また予定が増えるって何それ。

とは思ったがタロウは当然バンド大好きなので行きたいというし、
まーそんなこったろうとは思ってたけどナナもジャズバンドの時に先生に
「今夜、忙しい?時間ある?ペップバンドに来てもらえる?」
と頼まれたというし、私も送迎がてら観戦に行くことに。
秋の試合みたいに寒くて震える事もないだろうし、まあいいか。



試合会場はウチから車で30分ほどのクリスチャンスクールのフィールド。
何も無い田舎の学校なのでフィールドの周囲は雑草だらけの空き地(なのかな、とにかく何も無い)。
ゴールの向こうへぽーんとボールが飛んで行くと、空き地に落ちるので誰も取りに行かない!
あれって、後で回収するのかしら??
使い捨て!??




クリスチャンスクールなので当然試合開始はお祈りとともに。
しかしプレーは意外にラフで、タックルで倒した選手の足をつかまえてひねってたプレイヤーまでいてびっくり。
そのプレーを見ていた私の周囲の生徒達が口々に
「クリスチャンスクールは最低にダーティだ!」
と言うのでこれまたびっくり。そ、そうなの?クリスチャンなのに?
「あら、本当よ。クリスチャンスクールは本当にrude(失礼で荒っぽい)なのよ!」
と隣のおばさまもおっしゃる。
帰宅してうちの子達にその話をするとナナも
「そうなのー!クリスチャンになればなるほど、ひどいんだよ!」
と言うではないか。
へえー。そんなもんですか。なんか面白い。
ちなみに我が校は、私立ではあるが宗教色は無い。一応。

試合は35対14で我が校の勝ち。ぱちぱちぱち。

でもってここへ来て急にタロウが
「スペイン語の先生が、明日スパニッシュ・ブレックファーストのパーティやる、って言うんですけど。
ガジョピント作ってって言われたけど急だから無理だよね?
チップスとサルサでいいから、持って行かなきゃいけないんだけどお願いします。」
と言う。
げー。何それ。先生、もっと早く言ってよー!
あの先生いつも急なんだよなー。タロウが伝えるのを忘れてた、とかでなければ。

ガジョピント(Gallo Pinto)とはコスタリカの朝食メニューの豆ご飯。
前に作ってやったら好評だったとかで。
まあ、炊飯器にお米セットしておけばあとは野菜炒めて混ぜるだけだし豆は缶詰だし、
手間はかからないので作ってやる事にした。

試合からの帰路ウォルマートに寄って材料を買い、帰宅してから下ごしらえ。
はー疲れた。


☆    ☆    ☆

玉米湯、冷凍セサミチキン(まずかったー、もう買わない)、冷凍しておいた自家製水餃子
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR