ヒットマンを雇った心臓内科医

Inquisitrの記事より

先週逮捕されたニューヨーク州ロングアイランドの心臓内科医アンソニー・マスケット。
「元上司であるライバル医師を2〜3ヶ月入院するぐらい痛めつけてくれたら50万円、
もしも殺ってくれたら200万円払う」と言ってヒットマンを雇った容疑による。

・・・て。
何そのテレビドラマみたいな話。
と思ったが記事の写真(マグショットだろうな)を見て思わず笑ってしまった。
記事にも書いてあるがまさにテレビドラマ「The Sopranos(NYのイタリアンマフィアの話)」に
出てきそうなご面相!
名前も思いっきりイタリア系だしね〜。

家宅捜査したところ「スイッチで動く本棚の後ろに隠し部屋があり、
そこに100以上の武器(マシンガンやら斧やら)が収集されていた」というのも・・・
・・・・ほんとに本棚が動いて部屋が出てくる家なんてあるんだ・・・・
映画の中だけの話だと思ってたわ。

そしてこの医師が捕まった経緯もまるで映画。

もともとストリートドラッグの秘密捜査をしていた捜査員が
ドラッグディーラーから「ビルを吹き飛ばせるくらいの爆発物の入手法を知らないか」と
持ちかけられたのが始まり。
そこからマスケットの計画がわかり、今度はマスケットに秘密捜査員が近づき
ヒットマンとして雇われた事によって逮捕につながった。

・・・が、保釈金2億円を払って無罪放免になったそうだけど。
実行してないんだもんしょうがないわな。

しかしこの医師、ドラッグの横流しやら何やらしてたようで
そっち方面の余罪もまだまだ出て来そう。

なんかもー、事実は小説より奇なりを地で行く話だわー。
本当にこんな世界ってあるのねえ。
びっくりだ。



☆     ☆     ☆

自家製ピザ(アンチョビ、オリーブ、コーン、ベーコンビッツなど)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

奇なる現実

LAでも、ライバルのエステティシャンの暗殺を依頼した、しないで、刑事裁判までいったものの、無罪になって、現在、逆に名誉毀損などで警察を訴えている女性が居ます。
アメリカって、こういう小説よりドラマティックな現実があったりするので、based on a true storyみたいなドラマや映画が多かったりするのかな〜なんて思ってます。

なんかそのまんま

映画化されそうなストーリーだわ〜〜〜と思ったけど、
映画化するにはひねりがなさすぎるくらい王道なのかも^^;;
事実は小説より奇なりっていうけど、
なんだかそういうストーリーに慣れすぎた一般人が感化されてやっちゃってる感も無きにしもあらずだなあ。
本当にそんなことってあるんだーっていうか
むしろ、うわ、本当にそんなことやっちゃう人いるんだーお安いドラマ見たい〜〜〜って呆れちゃうこと多い気がします^^;;
これこれこういう事件がありましたって聞くと
あーそういうドラマあったよねーって感じですかね。
ともあれ、頭いいんでしょ?もうちょっとひねりが欲しいわーと
嘲笑してやるのが犯人的には一番悔しいかもですね。

Re: 奇なる現実

> culvergirlさん

ひゃー、エステティシャンでそんな事・・!?
割に合うんでしょうかねえ←そこじゃない
確かに、based on a true storyって多いですよね。
inspired by true storyとか。ってかそこまで言ったら創作では・・・(^^;;
日本の場合「実話に基づく」って言うとお涙頂戴の感動ものが多いような気がしますが
偏見かなー!??

Re: なんかそのまんま

> JORIさん

ほんと、まんま映画のストーリーじゃん!
とか思いましたよ私も。
でも今こんなストーリー展開やったら「ベタすぎて」観客に失笑されそうですよね。
医者やっててニューヨークの一流大学の教授も兼ねてた人らしいです。
頭いいはずなのに、なんでしょうねえ全く。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR