目薬

先日、今まで緑内障の経過観察をしてもらっていたDr.Cから紹介されて、
Dr.Kという眼科医に初めて行った。
Dr.Cで出してもらっていた処方薬が効かなくなってきて眼圧が上がってきたので、
レーザー治療はどうかというセカンドオピニオンをもらいに行ったのである。

・・・が。Dr.Kは
まずは眼瞼炎を治すところから始めましょう、レーザーの話はまた今度、とおっしゃる。
あーやっぱり、なんか炎症だったんだこれ・・・と内心納得。
まつげの生え際が赤くなってヒリヒリ痛かったのだけど、
ドライアイのせいかなと思ってたしDr.Cにはそんな指摘されなかったのよね。
でもやはり炎症を起こしてるそうで、まずは抗生物質の処方をされ、
まぶたの洗い方を教わる。

・・・まぶたの洗い方?
顔を洗うだけじゃなくて??

蒸しタオルで5分ほどまぶたを温めて、その後
ベビーシャンプーをつけてまつげとその際を良く洗うのだそうだ。

へー!
ベビーシャンプーって確かに「目にしみない」のが特徴だけど、
それを逆手に取ってまぶた洗いに使うのか!知らなかった!

ドライアイもひどいので、採血してそれをラボに送って調べてもらう事に。
・・・な、なんか大変な話になってきてるんですけど。
ちなみにこれはシェーグレン症候群の疑い。
・・・・なんかまた持病が増えそうでイヤだわ。
シェーグレン症候群は自己免疫疾患で、40代から50代の女性に多く、
発症率の男女比は1対14だそうだ。
わたし、どんぴしゃですがな。
正常眼圧緑内障の時も、40代のアジア人女性に多い、ときいて
どんぴしゃですわーと思ったけど、これもかー。

Dr.Kは前にセカンドオピニオンをもらいにいったSクリニックの先生よりも
若くて感じが良かったので、当分こちらでお世話になることにした。
やはり医師にも相性ってあるよね。

というわけで抗生物質の目薬やら眼圧を下げるのやらドライアイの薬やらを処方された。
右目と左目で、今までの薬と新しいのとを実験するため違うものを使って様子を見るとのことで
なんだかんだでささねばならない目薬が全部で6種類!orz

違う種類の目薬を入れる時は間を5分以上あけないといけないので、
朝晩それぞれの目に4種類の目薬をさすから最低15分はかかる・・・・
目薬入れるだけで一苦労だわ。

ナースが「ドライアイがつらい時はこれを使ってもいいですよ」と
涙型の目薬の試供品もくれたのだが
「・・・まあ、これだけの目薬の間に、入れる暇があったら、だけどね」
と笑っていた。
そう思うわー。

次の診察は一ヶ月後。



☆     ☆     ☆

キャベツとベーコンのコンソメスープ、スモークサーモンとオニオンスライスのサラダ、レバーペーストとフランスパン
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR