fc2ブログ

未成年の犯罪

以前から度々書いて来ているが、アメリカではその犯罪が悪質だった場合、
未成年者でも顔と名前が公開される。

数日前、アラバマ州クレイで17歳の少年が逮捕された。
そしてすぐに「成人として告発」されることとなり、顔と氏名が公開された。

FOX NEWS

「17歳のエリック・ルモント・ヒグドンは母親の働く保育所にしばしば訪れ、
そこで12歳以下の女児に性的虐待を加え、さらに12歳以下の男児2人にも性的暴行を加えた。
他に同様の被害を訴えた家族もあり、それらの被害者は5歳2人、4歳1人と3歳児である。
8月31日に逮捕されたヒグドンは15万ドルの保釈金を支払い、9月2日には保釈されている。
(FOX NEWS記事より抜粋)」

つまり、この加害者はそこいらを自由に歩いているわけだ。
しかしここアメリカではこうして氏名も顔も公表されてテレビや新聞でばんばん流れているので、
周囲の人はそれと気づくことが出来る。

日本ならどうか。

自分の子が通っている保育園やあるいは近所の保育園でもしもこんな事件があったとしても、
「保育士の息子、少年Aが」
と言われるだけで一体それが誰かわからないのではないか。

このヒグドンは誰かを殺したわけではない。
繰り返す幼児性愛が「危険である」と判断されたわけだ。
日本では、未成年であるというだけで「強姦して殺人」した場合でも名前も顔も出ない。
何かおかしいと思うのは私だけ?

そして被害者のプライバシーはとことんマスゴミどもによって暴かれるわけだ。

戦後、貧しくて食べられない子供が盗みを働いたりした場合に救済するため作られた「少年法」。
いい加減時代にそぐわないのだから、見直す時期に来ていると思うのだが。

加害者をつるしあげろ、というのではない。
市井の一般人が身を守るために、加害者の情報を公開した方がいいと思う。





☆     ☆     ☆

フレンチラムラックの香草パン粉焼き、ポークソテー、コーンポタージュ、カラードグリーン、ベイクドポテト、ディナーロール
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同意

前に「家裁の人」というマンガを読んだことがあって、主人公の判事はとても温情厚い判決をしたりするので、話自体は面白かったのですが、唯一とても不満が残ったのが「少年法」の話でした。
マンガの話なのでちょっと違うかもしてませんけど、要するに「どんな未成年でも更生の機会を与えないといけない」的な結論で。
今の少年法の根底に流れるのは、意外とそう言ういい風に言えば「希望的観測」の「人間性善説」なのかもしれません。
でも私も守られるべきはその子ではなく、特にこの事件で言えばどうやっても変えられそうにない、その性的嗜好の被害者になり得そうな一般市民だと思います。その子を閉じ込めておけないなら、一般市民には、こいつは危ない、近寄らない、警戒する的な安全策を施すための情報が開示されるのは絶対必要やと思いますね。
かつてのコンクリート殺人の犯人の少年たちは、結局再犯を繰り返したり、「一時の過ち」で起こす事件と「こいつはもう性根から腐ってる」犯罪と、立派な大人が判決したり、メディアを操ってるんだから、それくらいの判断ができないのか、といつも思うのでした。
日本では今、若者が少女を誘拐したり監禁したりする事件が立て続けに起こっています。
どうなってるんですかねえ…

>JORIさん

同意ありがとうございます。
長いお返事書いたのですが送信したら「不正な投稿です」と
ハネられてしまい・・・orz
なんかヤバい単語でもあったんでしょうけどなんなんだーーー!!!

というわけであっさりお返事いたします。
ほんと、身を守るために情報公開してほしいと思いますよ。
性善説を信じるのもいいとは思いますが、性的な嗜好なんか
そう治るもんじゃありませんよね・・・・・。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR