fc2ブログ

中尊寺金色堂展



上野の東京国立博物館で開催されている
中尊寺金色堂展へ行って来た。

天気は快晴、三連休の中日、ということで
混んでるだろうとは思ったけど
入るだけで50分待ちの行列。
チケットは事前に電子で買っておいたけど、
これならコロナ禍の頃みたいに日時指定の方が楽だなあ。



思ったよりも小さい展示で、でもこれだけの小さい展覧会なのに
いったいいくつの国宝見たの!??ってほどすごかった。

でもやっぱり、金色堂に実際に見に行った時ほどの衝撃は無かったかな。
20年以上前だけど、見に行ってみて本当に
「こんな田舎(すみません)に、これだけの金を集めて、
これだけの技術者にこんな仏様とお堂を作らせるだけの
力のあった藤原氏って、どれだけすごかったの!!??」
という驚きがあったから。
仏像が美しいとか、そういうのとまた次元が違うのよ。
あの、金色堂の、すごさ。けたちがいの、権力の具現。
東京の、きれいな博物館に、展示だけ持ってきても
あれだけのインパクトは感じられないだろうな、と思った。

でも、東京近辺にいるとやっぱり、楽しいわね。
こういう展覧会に、思い立ったらすぐに行けるから。

さて、次は何を観に行こうかな。
スポンサーサイト



アマチュアプロレス

アマチュアなのにプロレスとはこれいかに。

まあそれはおいといて。

末妹の友達が出るというので、
賑やかしに興行を観に付き合ってきた。



蕨の西川口にある会場でのプロレス興行。
チケット代は「試合を観ていただいた後、お気持ちで」という。



行ってみたら会場はほぼ満席で、なぜか小学生ぐらいの男子がたくさん。
途中のアナウンスでわかったのだが、地元のボーイスカウトで
リーダーをやっている男性が選手として出ていて、その応援団だったのだ。



ファイナルのメーンエベントでそのボーイスカウトのリーダーが活躍。
いや、あれ、本当にすごかったよ。
あの最後の決め技なんて、本当に練習してなきゃ危なくて出来ないし、
あれが決まったの最高に恰好良かった!

そしてイベント後にそのリーダーが
「ちょっと、話させてくださいね」
とマイクを持ってスピーチしたのだが、それがまた良かった。
彼を見に来て応援しに来ていたボーイスカウトの子供達に向けて、
「今日、俺がやった技は全部、ものすごく練習して、
だからできたことで、そしてその技は、相手がちゃんと受けてくれて
出来ることだから、相手もすごく練習してがんばってやった事なんで、
俺ひとりじゃ出来ないし、練習しなきゃ出来ないことだから
最後に、メーンエベントで成功出来て、本当に良かったです」
と言ったのは、
「自分が練習して、相手も練習して、ちゃんとやらなきゃ
あの技は出来ないことなんだよ、
見た目の真似だけしたら危ないからね」
という話なのですごく良かったと思う。

小学生男子なんて、あれを見てあこがれて、
リーダーがやってたし俺も出来る!って勘違いしそうだもんな。
試合直後のスピーチであれをやったのはえらいと思う。

プロレスは、私と上の妹はそれこそ
ビューティーペアからクラッシュギャルズの年代で、
末妹はそこから10年下なので女子プロレス不遇の時代しか知らない。
どうやったらプロレスの人気がまた盛り上がるのかと話したけど、
やっぱり、地上放送をやるのが手っ取り早いんじゃないかしらねえ。
今はネット配信もあるとはいえ・・・。

でも、思ったより面白かったので、また何かあったら誘ってくださいな~。

広島旅行 3日目

広島、3日目。

ホテルで朝食。
荷物をまとめてさっさとチェックアウト、
市電で広島駅まで行き、新幹線で東京へ。
最終日って、もうちょっと何かしたいと思っても
結局中途半端になってしまうから、私はとっとと帰る派。

広島駅でちょっとお土産を見たりお弁当を買って
新幹線に乗って帰京。

まだ明日一日お休みがあるから、楽だな~。

広島旅行 2日目

2日目、ホテルの最上階ラウンジで朝食。
窓からの眺めがきれい。海まで良く見える。
ブッフェもあるが、その他注文で焼いてくれる牡蠣入りオムレツや
牡蠣のシチューなどがあって美味しかった。

ホテルのフロントで市電の一日乗車券を買い、
まずは宮島の厳島神社を目指す。
宮島口という終点からフェリーで宮島へ渡る。

fc2blog_20240216160146bde.jpg

フェリーの到着場で、あと15分ほどで出るガイドツアーがあると見かけたので
早速そこに申し込む。
私は二度目の宮島、BJは初めてだがどちらにしろほぼ無知なので
ガイドさんに説明してもらった方が絶対に面白いに決まってるからである。

10時半から、12時までの予定でガイドツアーが始まる。

fc2blog_20240216160217dbd.jpg

ちょうど大潮の満潮の時間で、神社の廊下はあと10センチで水に沈みそう。
水が廊下の上になってしまったら観光客は入れないそうで、
ギリギリな感じだったが入れて良かった。
水が上がってるのでいっそう神秘的できれいだったし。

説明を聞きながら神社の中をめぐり、最後は砂州のはじの方に
新しく作られた平清盛神社で解散。

その時点で12時を過ぎていたので、
目の前にあったカフェに入ってあなご丼を食べた。
多分、メインのお土産物屋通りの店だと混んでて待つかなあと思ったので。
これは、後で振り返ると正解だった。

そこからまたフェリーに乗るべく、来た道を戻る。

fc2blog_202402161600326da.jpg

土産物店で、きれいな焼き物を見かけたので寄ってみた。
宮島焼という、ここ宮島の神社のお砂をいただいて
混ぜこんで焼いた縁起物の焼き物が気に入ったので
ペアのカップを購入。
このもみじの葉は、自然の葉を生地につけて模様を写し取って作っているそうだ。
BJのはこの黄色、私はピンクのを買った。
日本は各地でユニークな焼き物や塗り物があって、
お土産を買うのも楽しいなあ。

フェリーに乗り、また市電に乗って、原爆ドームへ。

fc2blog_2024021616011464c.jpg

最初の印象は「思ったより小さいな」
でも、かの日に思いをはせると
小さいだの大きいだのの話ではないな、と思ったり・・・。

私とBJと子供達は、アメリカ国内で原爆のレプリカを見たり
あの投下にまつわる記念館を見たりしてきた。
戦勝国から見た、正義の原爆投下の記録である。
わが子達は日本で教育を受けていないので
第二次世界大戦についても、米国側からの視点しか知らない。
もちろん、私達が日本人であること、
日本が戦争で負けた側であること、は話した事もあるが。
アメリカにある原爆の記念館で日本語で彼らに説明した話は、
どれだけ彼らの中に、どういうふうに残っているだろうか。

毎年、アメリカでは真珠湾攻撃記念日がある。
やはり、やられた側は、忘れないのだ。
やったことはすぐに忘れても。

原爆が落とされた記念日も、アメリカでは話題にもならない。
そういうものなのだ、戦争とは。

原爆ドームをのぞむ平和祈念のモニュメントで
手を合わせる人々を見ながら、私の内心は冷え切っていた。

広島平和記念資料館へ、30分ほどの列に並んで入館。
閉館まで時間がなかったので駆け足で見学。
原爆当時の記憶を、被災者が描いた絵がいくつも展示されていたが
あれが一番つらかった。
焼きついて忘れられない光景なのだな、と・・・。

一度、ホテルに戻ってから夕食をとりに出かける。

fc2blog_20240216160100f41.jpg

お好み村、という雑居ビルにお好み焼き店が色々入ってるというので
広島風お好み焼きを食べに、行ってみたのだが・・・
さすが3連休の土曜日。
ビルの階段まで行列が出来ていたので、並ぶ気力も出ず。
そこまでして食べなくてもいいかー、と、
一本横に入った道で見つけたイタリアンレストランに入ってみる。

fc2blog_20240216160050d44.jpg

ここが実は大正解。
客席は2階だったのでどういう人が入ってるか、外から見られなかったのだが
入ってみたら女性の2人連れ3人連れでいっぱい。
女性客が多い店は絶対コスパが良くて美味しいのよ。
カップル客が多いとこは微妙。

案の定、パスタもピザも牡蠣のグラタンも絶品!
ワインもお手頃値段で美味しかったし、サービスも手際良かった。
満足。

スタートが早かったので食べ終わってもまだ8時半。
ホテルに戻るのもちょい早いかな、ということで街をぶらぶら。
カラオケ屋があったので入ってしまい、
広島まで来て夫婦でカラオケ。なんなの。
でもそれも楽しかったから、まあいっかー。

ということで2日目終了。

広島旅行 1日目

建国記念日の連休にからめてBJが休暇を取ったので、2泊3日で広島に行って来た。

fc2blog_2024021616040918c.jpg

新幹線の車窓からの富士山。

fc2blog_202402161603494b4.jpg

東京駅から新幹線で4時間。
なんで飛行機にしなかったの、と妹達から訊かれたが
飛行機って、空港に早めに行かなきゃいけないし
広島は空港から街までちょっと距離があるしで
新幹線とあまり時間変わらないかなーと思ったのよね。
うちから東京駅まで、電車で割りと近いし。

4時間というのも、お弁当食べたりちょっと眠ったり
iPadで映画見てるとあっという間だし。
何しろ日米の12時間フライトを何回も何回も乗ってきた身としては、
4時間なんて本当に短くて速い!

広島駅で、まずは予約しておいたレンタカーを借りる。
ここから1時間のドライブで、山口県岩国市の錦帯橋へ。

fc2blog_2024021616033193e.jpg

お天気が良くて、暑いぐらい。
駐車場はシーズンオフなので無料。
橋を往復するのは有料で、チケット買って渡ってみる。
職人さんがせっせと修復していたが、それを見るのも興味深かった。

橋のたもとの公園を散策して、他に見たいところもないので広島へ戻る。
桜の時期や紅葉の時ならいいんだろうけどねー。

ANAホテルにチェックイン。
一休みして、夕食は予約しておいたミシュラン三ツ星の和食店
「季節料理 なかしま」へ。

fc2blog_20240216160308d9d.jpg

fc2blog_20240216160254ece.jpg

fc2blog_202402161602368af.jpg

お料理自体はもちろん美味しいのだけど、
器もとても素敵で目にも楽しいコースだった。
カウンター席だったので大将のお仕事が全部見られて、
お刺身ひとつにもこれだけ手をかけるのかとか内心驚愕。
さすが、プロの仕事は違う。

〆のお茶漬けまで美味しくいただいて、タクシーでホテルへ戻る。
楽しく美味しく、1日目終了。

誕生日祝い



先日、誕生日の近い上の妹と私の2人を
まとめて実家でお祝いしてもらった。
甥達も来てくれて、コストコで買ってきたお寿司やフルーツ、
サラダなどでパーティ。



バースデーケーキは、学芸大学のケーキ屋さんの
美味しい本物のバタークリームケーキと、
甥が買ってきてくれたトップスのチョコレートケーキ。







私への誕生日プレゼントは、この時期だから売っている
バレンタイン用高級チョコレートを妹達から。
トリュフも美味しかったし、カラフルでかわいい和菓子風チョコも
それぞれフレーバーが違って美味しかった。
どうもありがとう、楽しい誕生パーティでした。

和製英語

今日の英会話クラスのトピックは「和製英語」だった。
あらかじめメールで連絡が来るので、
私もそれなりにウケそうな和製英語のリストを作って行った。

雑談のような感じでトピックの発表が始まり、
私の前のおじさまがほとんどの単語を言ってしまった感じで
私はさてどうしようかと思ったが
「Cross body bag」を取り上げて話してみた。
体に斜めがけする、例のバッグである。

しかし、これを今の日本では
「ボディバッグ」
と略すのだ、と言ったら先生が大笑い。
「嘘でしょーー!??」
と、呆れた顔をするので、狙い通り。

というのも、
「ボディ」というのは「遺体」を表す言葉でもあり、
「ボディバッグ」というと普通は「遺体袋」のことなのだ。

他の生徒さん達は私よりも年上の方ばかりなので、
そもそも「クロスボディバッグ」自体をご存じなく、
「ボディバッグ」という米語もなじみはなかったようだったけど。
どこのお店でも置いてるバッグだし、
なんならググれば通販でもたくさん出てくるから
見てみて下さい、と言っておいた。

そうしたら先生が
「ちょっと、Amazonで見てみるわ!」
と、自分のタブレットでAmazonのサイトを開けて
「Body bag」と検索してみた。

「・・・・あら!
Amazonで、遺体袋って買えるんだ!
10枚ひと組ですって、色も選べるわ!」

って、そんなの買ってどうするの、と皆で大笑い。
ちなみにこれはアメリカAmazonのサイトだったので、
日本のAmazonで見てみてくださいと言ったら
こちらではボディバッグと入れると
例の斜めがけバッグがずらりと出てきた。

「ほんとだわー、息子に言わなきゃ。
だけどその前に、アメリカAmazonの検索履歴消さないと、
FBIから調べられちゃう!」

と先生が言うのでまた笑ってしまった。

和製英語、なるほどねと感心するようなうまい造語もあったりするんだけど、
ボディバッグは困るよねえ。

稲取温泉

1泊2日で、稲取温泉へ行って来た。

fc2blog_2024020118360544c.jpg

東京駅から、サフィール踊り子号で伊豆稲取駅まで。
座席も広いし食堂車もあるし(要予約)サービスワゴンも回ってくるし、
窓も大きくて景色が良く見えて楽しかった。
伊豆というと今まで車で行っていたのだが、
今回電車で行ってみて楽だな~と実感。
渋滞はないし、お弁当食べてiPadで動画見てるうちに着いちゃう。
日本国内なら電車の旅はいいわね~。
あくまでも、日本国内なら、であるが。

稲取駅からは、連絡しておいたホテルのマイクロバスが迎えに来てくれていて
他のお客さん達とも一緒に乗ってホテルへ。
意外に乗っていく人が多くて内心驚く。

午後3時半くらいに到着、チェックインして早速大浴場へ。
夕飯はお部屋で6時半から。

fc2blog_202402011835362ea.jpg

まずは前菜。
盛り付けも美しく、どれも美味しい。

fc2blog_20240205135250601.jpg

二人前とは思えない量の豪華な舟盛り。

fc2blog_2024020118352015f.jpg

テーブルで焼いてサーブされる活きアワビ。
レモンとバター、お好みで醤油をかけていだたくのだが美味しかったーー!


fc2blog_20240201183452b2b.jpg

あんかけの煮物。

fc2blog_20240201183307b11.jpg

名物の金目鯛の煮付け。

fc2blog_2024020118344029e.jpg

自分で焼いて食べる和牛。

fc2blog_20240201183424267.jpg

小柱の釜めし。

fc2blog_20240201183412fe5.jpg

デザートのイチゴムース。

ワインは頂き物の良いカリフォルニアワインがあったので持ち込み、
これも美味しくいただいた。

翌朝は、早く起きて部屋のバルコニーから朝日を眺める。

fc2blog_202402011834001b1.jpg

朝風呂に入り、もう最高。

fc2blog_20240201183341320.jpg

朝食。

fc2blog_20240201183329d6b.jpg

朝から舟盛り。

fc2blog_20240201183320246.jpg

ヨーグルトにフルーツソース。

しっかり食べて堪能して、10時にはチェックアウト。
再び踊り子号で東京駅へ。
どこにも寄り道しないで温泉と食事だけの一泊旅行だったけど、
本当に美味しかったし楽しかった!
リフレッシュしたー。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR