アメリカ旅行 11日目(最終日)から帰国

9月27日(水)

昨日と同じベーグル店で朝食。
ホテルをチェックアウト、空港のレンタカーセンターへ車を返しに行く。
そこから自動運転の電車で国内線のターミナルへ行き、
更にバスに乗って国際線ターミナルへ移動。
やっぱりアトランタ空港は広い!

スーツケースを預け、出国。
使い慣れたアトランタ空港なので特に問題もなく。

fc2blog_20230929032835fdb.jpg

帰路はマイレージを使って座席をアップグレードしたのだが
意外に混んでいたのでBJとは離れ離れ。
でも広い席だからやっぱり楽だった。

日本に無事到着。
日付は1日先になって、28日木曜日の午後。

羽田空港からはバスで自宅の最寄り駅まで直行。
これは本当に楽。

2人でスーツケース4個と手荷物を持っているので
タクシー1台では乗れないから、
1人がバス停で荷物番をして待ち、
1人が家まで歩いて車を取ってきて迎えに来ることに。
行きは私が車でまずBJをバス停まで送っていき、
その後歩いて駅まで向かったので今回は私が待つ方。

ピックアップしてもらってから、グローサリーに寄って買い物。
何しろ10日間も留守だったから、冷蔵庫に何もないので。
やきとりだのサラダだの惣菜を買って帰って夕食。
ってこれ、アメリカのホテルでやってたのと同じだわね。

ともあれ、無事に帰宅!
いや~、お疲れ様でした。

BJは明日、出勤予定。えらいなあ。
私は家でゆっくりするつもり。

アメリカ旅行 10日目

9月26日(火)

アトランタ2日目。
ホテルのすぐ近くのベーグル屋でベーグルサンドとコーヒーの朝食。
それから車で、以前良く行っていたハイ・ミュージアムという美術館へ。


fc2blog_20230929032943faf.jpg


fc2blog_202309290329542bf.jpg

fc2blog_202309290330107d5.jpg

この期間限定展示が面白そうだったので行ってみたのだが、
期待通り色々と良かった。

ここからまた車でちょっと走って、サイクロラマを見に行く。
昔は動物園の近くにあったのが移転したそうだ。
私は昔から知っていたけどあまり面白そうだと思わず、見た事は無かった。
今回、多分アトランタに来るのもこれが最後だろうしと
行ってみようかとBJに言ったらサイクロラマ自体を知らなかったので驚いた。
えー、話した事なかったっけ!?

fc2blog_20230929032932643.jpg

巨大な円筒の内側にぐるっと南北戦争の風景画が描いてあり、
さらにその手前にジオラマと人形や馬車、大砲などが配置されていて
あたかも3DのIMAXシアターのように見える仕掛け。
昔はこれを畳んで、あちこちに移動して見せて回っていたそうだ。
今は全米でも2か所しかないのだとか。

fc2blog_20230929032920f1e.jpg

サイクロラマの成り立ちを紹介する短いビデオを見てから、
実際にすぐ近くでサイクロラマの絵やジオラマを見る。
アトランタといえば「風と共に去りぬ」なので、
レット・バトラー役のクラーク・ゲーブルがこれを見に来た時
「ひとつ、足りないものがあるね。私がこの中にいない。」
と言ったとかで、後に彼の人形が足されたそうだ。
しかしそれが、笑いながら死んでいるヤンキー(北部兵)になってるそうで、
レット・バトラーは南部の人なんだけどなーと可笑しくなってしまった。

fc2blog_20230929032909ce3.jpg

これがその人形。
笑ってるとこがまたなんとも可笑しい。
レット・バトラーのあの特徴的な笑いを出したかったのかねえ。

fc2blog_202309290328582ca.jpg

サイクロラマのほかにはアトランタの歴史の展示などがあり、
ひととおり見学した後、そこのカフェで軽く昼食。
意識高い系のメニューだったので軽くて(量が少なくて)助かった。

クルマでホテルに戻り、夕食はまたホールフーズの惣菜。
部屋のTVに自分のYouTubeアカウント入れて動画見て、
これじゃ日本にいるのと全然変わりないわ~~。

明日はいよいよ日本へ帰るので、荷造り。
もうあまりお土産も買わないので、さほどぎゅうぎゅう詰めでもない。
と言ってもスーツケースは各自大きいの2個ずつだけど。
BJは服や靴を買ったし職場へのお土産もあるので
結構重くなっていたが。

無事に10日間大移動ありの米国旅行が終盤になって良かった。
あとはフライトが順調にいきますように。

アメリカ旅行 9日目

9月25日(月)

ホテルでブッフェの朝食。
ベーコンやスクランブルエッグなどもあるホットブレックファスト。

今日はハンツビルを出発、アトランタへ向かう。
本来の予定では今日アラバマの銀行の用事をするはずだったが、
ナッシュビルで金曜日にそれを済ませてしまったので
特に予定もなくなってしまった。
さてどうしようか・・・ハンツビルは何度も来たからもう見るとこないし
アトランタも何回も行ってるしねえ・・・と考えて、
ホテル近くのアンティークマーケットに寄ってみることにする。

fc2blog_20230929033141f81.jpg

広い倉庫タイプの店舗の中に、委託販売のブースがいくつもある。
アメリカで良く見る形式の店舗だ。

fc2blog_2023092903313234e.jpg

中はこんな感じで、ものすごく広い。
ゆっくり見て歩いてるだけで1時間ぐらいかかってしまいそう。

アメリカに住んでる時なら買いたかったなと思う食器や置物があったが
今回は日本へ持って帰るのだからそうもいかず。
ひとつだけ、気に入ったワインボトルホルダーを買っておしまい。

そこから、そういえば通り道にUnclaimed Baggageがあったと思い出し、寄っていくことにする。

fc2blog_2023092903311999c.jpg

ここは、飛行機の預かり荷物で受取人が現れなかった物を売っているお店。
以前アラバマに住んでいた時、見に来た事があるが
その時よりも店がきれいになって、色々展示が加わっていて面白かった。
展示はミュージアムというセクションにまとめられている。
その中になぜかジム・ヘンソンのパペットが。

fc2blog_20230929033101c25.jpg

ジェニファー・コネリーとデヴィッド・ボウイ主演の
映画「ラビリンス」の主要なキャラクターである。
私もこの映画は見た(DVDも持ってる)が、
これ、お人形だったのーー!??
5人がかりで操演していたとの説明がついていたが、
私はてっきりR2-D2みたいに人が中に入って動かしてるのだと思ってた!
大きさも実際そのぐらいあるし。
しかしこれ・・・パペットだったとは・・・。驚き。

特に買いたいものもなかったし結構お値段が高い(仕入れ値ゼロのくせに~)から、
何も買わずに店を後に。

途中のメキシカンレストランで昼食。

fc2blog_20230929033047079.jpg

fc2blog_202309290330384ce.jpg

寄り道しながら4時間ほどでアトランタのホテルに到着。
部屋はスイートタイプで、広かったので驚いた。

何か買ってきてホテルの部屋で食べようと思い、
ホテルのフロント隣にあるスナック売り場を2人でうろうろしていたら
フロント係がホテルのすぐ横にホールフーズがあると教えてくれた。
わー、それは嬉しい、助かる!
ホールフーズはお惣菜いっぱい売ってるし、中で食べるとこもあるし。
早速行ってみると本当に徒歩3分の距離。
アトランタの街なかにあるにしては大きい店舗でびっくり。
適当にお惣菜を買い、ビールなども買って部屋へ戻って夕食。

fc2blog_202309290330237cd.jpg

ハロウィーンが近いので、ホールフーズにあったアイシングクッキー。
かわいいのでBJがお土産に買った。
しかし、昔と変わったわねー!
昔はアメリカのこの手のお菓子や飾り物のデザインって、
かわいいとは言いにくい微妙な物が多かったんだけど・・・
今はちゃんとかわいくなってる!
日本のアニメやキャラクターから学んだのかしらん?

明日はちょこっと観光に行く予定。

アメリカ旅行 8日目

9月24日(日)

ナッシュビル3日目。
11時にホテルをチェックアウト。
車に荷物を積んでそのままホテルに預かってもらい、
タロウが来るのをロビーで待つ。

タロウと合流、徒歩でブロードウェイ(繁華街)へ。

fc2blog_2023092903271902b.jpg
天気は快晴、歩いているとちょっと暑いが快適。
ビルの中のフードコートへ行って、各自好きな物を買ってランチ。
私はポケ丼(米国発音だとポキ)、BJはタイ料理のパッドタイ。

食後、私がどこかライブミュージックを聞きに行きたいというとタロウが
「どういうのがいい?新しい大きい店、こじんまりした店、
新しめの音楽やってるとこ、古い音楽?」
と聞くので
「新しいとこで、クラシックロックやってるとこがいい」
と言ったらキッド・ロックの店に連れて行ってくれた。

fc2blog_20230929032753ddd.jpg

広い店で、ステージも見ての通りの大きさ。
ドゥービーブラザースのブラックウォーターなどやってくれて、
3曲ほど聞いて退出。
盛り上がってて面白かった!

タロウはこのブロードウェイでもギター演奏している。
先日はお店が盛り上がって予定の時間に終われず、
頼まれて結局トータル4時間(!)も演奏したそうだ。
23時から午前3時とかのステージなので、大変そう。
さすがに疲れたとか言ってたけど。
色々バンド側の裏話も聞けて面白かったし、
あちこちの店で顔見知りと挨拶していたので
ほんとこの街に馴染んでいるのだなと感心したり。

fc2blog_20230929032734da1.jpg

途中で寄ったキャンディストア。
懐かしいチョコレートがけのポップコーンなど買ってしまった。

タロウと別れて、私達はアラバマ州ハンツビルへ向かって出発。
2時間ほどのドライブだ。

順調に走って、ホテル到着。
ハンツビルには、アラバマに住んでいる時何度も来たから懐かしい。
タロウがNASAのサマーキャンプに2年続けて来ていたから
送迎にも来たし、その他にも日本から誰か来るたびにNASA観光に来たし。

ということでもう特に観光する場所もないし
BJが咳をしていて辛そうなので、
PAPA JOHN’Sのピザを買ってきて部屋で食べて本日終了。


アメリカ旅行 7日目

9月23日(土)

ナッシュビル2日目。
BJは微熱があり、前日から喉が痛いと言っていたが咳も出始めた。
今日は夕方ナッシュビル在住の日本人ご夫妻のお家に伺う事になっているが、
それまでは何も用事は無いので部屋で寝ていることにする。
何度も来ている街なので、特に観光したい場所ももう無いし。

午後までひたすら寝ていて、やっと3時過ぎに起きて身支度して、
5時に約束しているお友達の家へ。
途中、手土産の花束やワインを買っていたらちょっと遅れてしまったが。

お友達Hさんご夫妻は、私達と良く似た経歴というか米国在住歴の日本人ご夫妻。
お子さん達も男女ひとりずつ、年齢も上下ともに1歳違い、
というわけでとても共通点が多い。
違うのは、Hさんご夫妻はご主人のリタイア後ナッシュビルに永住予定で
私達は米国を引き上げてしまった点。
日本の生活はどうですか、と聞かれたけど
とにかく気楽、なんでも日本語で用事が済むし安全だし、という事に尽きるかなあ。
日本に帰ってみて初めて、
「ああ、アメリカでは本当に気を張って生活してたんだな」
と気付いたくらい。

ゆっくり美味しい手料理をいただいてお喋りして、
夜8時過ぎにおいとましてホテルへ戻る。
明日はタロウとナッシュビルのブロードウェイでランチをする予定。

アメリカ旅行 6日目

9月22日(金)

コロンバス最終日。
朝8時過ぎにホテルを出発、妹をコロンバス空港に送っていく。

fc2blog_20230924225403b3a.jpg

妹よ、お付き合いありがとう、お疲れ様でした。
チェックインから出国まで見送って、私達は一路テネシー州ナッシュビルを目指す。
コロンバスからは6時間のドライブ。
私はコロンバスの大学に行っていたナナを迎えに行って
一緒にアラバマへ帰る途中ナッシュビルに寄ったりしていたので、
何度か走った道である。
BJはナッシュビルへは2回目かな?
私はその他に上の妹が日本から来た時にも連れていったりしたので、
ナッシュビル自体は4回目か5回目ぐらい。

シンシナティでオハイオ川を渡ってケンタッキー州に入るのだが、
ここの高速の分岐がすごくわかりにくくて苦労した覚えがあった。
しかし今回、あっさりと通れたのでびっくり。
そういえば前に大規模な工事中で迂回させられた記憶もあるから、
きっと色々新しくなったのだろうな。

ずっとBJが運転してくれて、ナッシュビルに到着。
お疲れ様でした、ありがとう。

ホテルに着いたら私はもうのびてしまい、
結局朝食を食べただけで昼も夜も抜きで寝てしまった。
BJはホテルの隣に銀行の支店を見つけ、
今回のメインの用事である口座の手続きに出向いて行った。
体力あるなあ、えらいなあ~。

しかしその後、彼も体調が悪くなり、
結局外出せずにホテルで寝てしまってナッシュビル1日目終了。

アメリカ旅行 5日目

9月21日(木)

結婚式当日。
快晴、気温も24度くらいで快適。
外でのお式だから、お天気が良くて本当に良かった。

妹は着物を着てくれた。
着付けが出来るし着慣れているので様になっていてきれい。
私は申し訳ないけど着物は面倒だったので、普通のワンピース。
BJはタキシードを着た方がいいかとナナに聞いたら、
そんなにあらたまったお式ではないから普通のスーツでいいという。
というわけで、ダークスーツに蝶ネクタイにした。

fc2blog_20230922200706e19.jpg
妹が日本からわざわざ持ってきてくれたポケモン花嫁・花婿人形。
結婚式のテーマがポケモン、ということで。
参列者もちゃんとポケモンにちなんだアクセサリーや服装をしてきてくれて、
こういうのも楽しくていいわね。

fc2blog_20230922200737400.jpg
人前結婚式で、宗教色もなし。
ナナらしいお式だと思った。
おめでとう、末永く仲良くお幸せにね。

fc2blog_202309240035332f3.jpg
新郎新婦と、ナッシュビルから6時間ドライブして
彼女と一緒に来てくれたタロウ。
タロウのシャツはポケモンがプリントされていて、良く見つけたわねこんなの!

お式の後は、ケータリングのお料理を食べて歓談。
公園内のパビリオンでの披露宴なので、アルコールは無し。
米国では公園や道路など公共の場での飲酒は禁じられてるから。
なんて健全な。

適当なところで私達とタロウ達は披露宴を抜ける。
タロウはすぐにナッシュビルへと取って返した。
金曜と土曜は音楽の仕事が深夜まであって忙しいのだそうだ。
私達とは、日曜日に会ってランチでも一緒に食べる予定。

ホテルへ戻って一休みして、夜7時ごろ妹と3人で夕食に出かける。
妹は明日、日本へ帰るので、これが米国での最後の夕飯だ。
ホテルから徒歩圏内のビアレストランへ行く。

fc2blog_20230924225419cef.jpg

かつてはビリヤードとバーの社交場だった建物だそうだ。
ステンドグラスや室内の装飾が歴史を感じさせる素敵なものだった。
ビールもお料理も美味しく、満足。

私達も明日は妹を空港まで送ってからナッシュビルまで走るので、
部屋へ戻って荷造り。

アメリカ旅行 4日目

9月20日(水)

今日は、夕方4時半からナナの結婚式のリハーサル。
それまでは余裕があるので、
まずは朝食を食べに、妹のリクエストでワッフルハウスへ。
典型的アメリカンダイナーの朝食を食べる。

そこからEastonというショッピングセンターへ。
モールというよりもう「街」という広さで、
名前もEaston Town Centerというのであるがさもありなん。

Walmartを見たりMacy‘sで買い物したりして、
大体用事も済んだし疲れたので一度ホテルへ戻る。

BJは朝ご飯食べすぎてお腹が空かないというので、
午後になってから私と妹だけでホテル近くの
ダウンタウンにあるイタリアンレストランへ。

ウェッジレタスやパスタを頼んだがどれも美味しかった。
アメリカのレストランも、昔に比べて美味しくなってるわよねー。
妹もかれこれ14年ぶりの米国だが、どこで食べても美味しいと感激していた。

再びホテルに戻って一休みし、ナナの結婚式のリハーサルに向かう。
勘違いしていて30分早く行ってしまったが、
公園はきれいだし気温も気持ち良いので外で待っていても問題なかった。

fc2blog_20230921151430174.jpg
式の段取りを確認している友人達。
人前結婚式で、本当に何もかも友人達の手作りなので
心がこもっていてすごく良かった。
ナナも彼氏もお友達に恵まれてて良かったわ。

fc2blog_20230921151443bad.jpg
披露宴をするパビリオン。
ガラス張りの温室のようなつくり。

fc2blog_20230921151500a07.jpg
パビリオンの方からダウンタウンをのぞむ。
きれいなところだ。

リハーサルも終わり、皆でまたイーストンへ行って、
メキシカンレストランでタコスで夕食。
私達は一足先に失礼して、ホテルへ戻って本日終了。

アメリカ旅行 3日目

9月19日(火)

快晴。
BJと私と妹の3人で、今日はマンスフィールドという町までドライブ。
映画「ショーシャンクの空に」の撮影場所を見に行くのである。
実は私とBJは3回目。でもいいの、好きなとこだから。
コロンバスからは1時間ほどの距離。

昨日の銀行にまたちょっと寄ったりターゲットで買い物したりしてから出発。
お昼時になってしまったので、途中でCracker Barrelというチェーンレストランに寄る。
南部料理のレストランで、お土産物も色々売っているので妹には楽しいかなと思って。

fc2blog_202309201107406ef.jpg
BJのプレート。
カントリーフライドステーキ、ハッシュドブラウン、フライドオクラ。
このフライドオクラは衣がコーンミール(ひきわりとうもろこし粉)で、
カリカリしてて美味しいのだ。日本でもウケると思うんだけど見たことないわね。

fc2blog_20230920110727e78.jpg
私のプレート。
エッグベニー(エッグベネディクト。米国ではこう略す)とベーコン、
ハッシュドブラウン、フライドアップル(アップルパイの中身)。

fc2blog_20230920110714239.jpg
妹のプレート。
ミートローフ、チキンダンプリング、フライドオクラ、スティームドブロッコリー。

腹ごしらえも済ませ、ショーシャンクの撮影場所
The Ohio State Reformatory(元監獄)へ。

fc2blog_202309211518292da.jpg

前に来た時よりも、ショーシャンク関係の展示に力を入れてる感じがした。
建物の前に映画に出てきたパトカーの展示があったり、
映画に使われた監獄のセットが移築されていたり。

ガイド付きツアーは今の時期やっていなくて、
各自が好きに見て回るようになっている。
私とBJはこれが3回目で色々わかっているので、
私達のガイドで妹に説明して見せて回ることに。

fc2blog_20230921151644bd0.jpg
これはオリジナルの床タイル。かわいいデザイン。
映画内にも良く映っている。

fc2blog_202309211516329de.jpg
重厚な階段。
一見すると木製のようだが、耐火のため実はスティール製。
その上に飾りを付けてペンキを塗り、木製風に仕上げているのだそうだ。

fc2blog_20230921151621351.jpg
ノーマン所長室。

fc2blog_20230921151605aa5.jpg
所長の奥さんが刺繍したという額のレプリカと、例の隠し金庫。
刺繍は撮影後アンティークショップが買い取ったそうで、
今はどこにあるかわからないそうだ。
隠し金庫の位置は映画のままなのだが、思ったより高くてびっくり。

fc2blog_2023092115155482a.jpg
前には無かったこういう等身大パネルがあちこちに。

fc2blog_20230921151536e1a.jpg
アンディがレッドのために隠しておいた缶と手紙。

fc2blog_20230921151524b6a.jpg
ショーシャンクの面々。
なんかこうやって見ると最後の晩餐風?

渡米直前に、ショーシャンクの映画は三姉妹揃って見たので
私も記憶が新たになっていて色々面白かった。
妹達は初のショーシャンク鑑賞だったそうだが、面白いと喜んでくれて良かった。
そうなのよ、面白いのよあの映画。やっぱり名作よね。

元監獄を見学した後は、マンスフィールドのダウンタウンへ。
ここでもショーシャンクの撮影に使われた場所などがある。

コーヒーショップで一休みしたが、妹の頼んだアイスコーヒーが
漢方薬かと思うほど苦くてたまげる。
こだわりの自家製コーヒーらしいけど・・・うーむ。

ホテルへ戻り、疲れたので夕食は妹と別々に。
彼女はホテル内のカフェでサンドイッチを買って食べたそうで。
私達は近くのコリアンレストランで、ビビンバと揚げ餃子をテイクアウトして
部屋で食べて3日目終了。

アメリカ旅行 2日目

9月18日(月)

時差ボケか、朝3時ごろには目が覚めてしまった。
なんとか5時までゴロゴロしてから起きて、
ロビーへ降りて行き6時半にカフェが開くまでネットしたりして時間潰し。
妹も5時半には目が覚めたとかで、LINEで連絡してロビーで合流。
一緒に朝食をとる。

fc2blog_20230919184720abb.jpg

写真はアボカドトースト。これで1人前。
いやどう見ても3人前はあるでしょ。
アメリカンサイズだなあ。
そのうちBJも起きてきたので、3人でこれを分けてちょうど良かった。

本日は、BJと私は銀行の用事などがあるので妹とは別行動。
ナナが妹を迎えに来て、一緒に買い物など行ってくれる事になっている。
天気は晴れ、最高気温は24度くらいで湿度も低いので快適。
関東はまだ暑いんだろうなあ・・・。

私は朝イチでFedExに行き、クリーブランドの友達へ荷物を発送。
彼女が日本に来た時に浅草で買った着物を、
私がここまで運んできて後は送る約束になっていたのだ。
日本から送ると送料が大変な事になるし、途中で紛失する恐れもあるし。
その点、やはりここから送って正解だった。
近いから送料は20ドルで済んだし、明日には届くという。よしよし。

銀行は、1軒目のオフィスは予約のみということで入れず、
2軒目に当たったオフィスで用事を済ませた。
手続き自体はスムーズに終了。

次は携帯電話のプランを確認・変更にVerizonの店舗へ。
以前ファミリープランで使っていたものを色々と変更すべく行ったのだが、
肝心のそれを使っているタロウが現場にいないのでなかなか複雑で。
タロウに電話してもいつも通り全く繋がらないし。
あれやこれやして、午後にまた出直してようやく話がまとまった。
あー面倒くさい。てか、息子、電話に出なさいよっ!

着々と用事を済ませ、昼は懐かしのApplebeesへ。

fc2blog_20230919184611fc1.jpg

fc2blog_20230919184559881.jpg
私はシュリンプテックスメックスボウル。
シュリンプタコス の中身がライスの上に乗ってる感じで、食べやすかった。
しかし相変わらずバカみたいなボリュームだ。

fc2blog_2023091918450833c.jpg
BJは無難にハンバーガーをチョイス。
一番間違いないメニュー。

昼食後もちょっと用事を済ませに走り回り、ホテルへ戻って一休み。
ナナと妹も買い物を済ませて戻ってきたので、4人で夕食に行く。
久々にBlooming Onionを食べたかったのでOutback Steakhouseへ。

fc2blog_20230919184457303.jpg
Blooming Onion。ちょっと揚げすぎ。

fc2blog_20230919184444dfe.jpg
私の頼んだサーロインステーキ。
肉とポテトは良かったけど、付け合わせの野菜に味が全く無く、ニンジンは生。
ここで野菜を頼んではいけないのだな。

fc2blog_20230919184429933.jpg
ナナの頼んだリブと野菜、マックアンドチーズ。

fc2blog_202309191844064fb.jpg
BJのプライムリブとベイクドポテト、芽キャベツのロースト。
芽キャベツはちょっと甘い味付けで、美味しかった。

ここでナナとは(ホテルが別なので)別れ、本日終了。

アメリカ旅行 1日目

9月17日(日)

帰国して以来2年ぶりの米国訪問。
ナナの結婚式に出席するため、BJと私と末妹の3人で羽田から出発。
上の妹が旦那と息子と総出で末妹を空港まで送って来てくれて、
皆で昼食を食べてから我々は出国。

fc2blog_20230918163635997.jpg


以前COVIDパンデミック真っ最中に日米往復した時は、
コンコースの免税店が軒並み閉まっていて暗くて寂しかったが、
打って変わって今日はどの店もお客さんでいっぱい。
シャネルなど、入店待ちの列が出来ている店もあった。
本当にコロナ前に戻ったのねえ。
マスクを着けている人も少ない。

飛行機はほぼ満席。
あらかじめ末妹には
「アメリカのエアラインだから、寒いからね!」
と言っておいたので、彼女は
ちゃんと長ズボンやら長袖の上着を持参していた。
出発時、キャビンの空調が強くなったら
風の吹き出し口から冷凍庫の白い煙みたいなのが出ていてたまげる。
他のお客さんも(英語で)
「ちょっと!こんなの、見た事ないわ!」
と言っていたが私も驚いた。
どんだけ冷やしたいんだ。
あっという間に寒くなり、私も長袖パーカーを出して羽織る。
懐かしいアメリカの空調だ。

デトロイトに着いて入国審査の列に並ぶも、全然進まない。
審査官が4人しかいないとかで、アメリカ国籍の列も
私達外国パスポートの方も長蛇の列。
延々40分も待たされてやっと審査。
私達の前にインタビューされていたアジア人の若い女性は、
長々と話していた挙句別室へご招待、であった。
所々聞こえた単語は「フレンド」とか言ってたから、
友達に会いに米国へ来たとか言ってたのかしら。
それで女性1人で来るとか、米国で働く気とか居着く気だと
思われてしまったのだろう。

私達はちゃんと「娘(末妹からすると姪)の結婚式で」と説明して
特に問題もなく入国。
私とBJは以前グリーンカード持ってたことを聞かれ、
もう返納したのだと答えたらBJは
「政府に代わってお礼を言います。
正しい事をしてくれてありがとう」
と言われたそうだ。
こう言うとこ、アメリカっぽいなー。面白い。
多分、黙ってグリーンカードをキープしておく人とかもいるのだろう。

荷物をピックアップして、レンタカーを借りに行く。
それぞれの会社のバスに乗ってレンタカーセンターへ。
予約しておいたミニバン(ホンダオデッセイ)で、
ここから3時間のドライブでオハイオ州コロンバスを目指す。
普通はデトロイトで入国して、国内便に乗り換えて行くのだが
米国在住の人達の話を聞くと、この頃やたら遅延やキャンセルが多いと言うし
私もそれで以前デトロイトに一泊する羽目になった事があるから
今回は運転手も複数いるので、クルマで行くことにしたのだ。

ところで、レンタカーセンターの受付の黒人女性も
パーキングから出るところでチェックする黒人女性も
ものすごいつけまつ毛だったんだけど、今の流行なのかしら?
以前は、黒人女性というと爪のオシャレがすごいなと思ったけど
今はまつ毛になってるのかしら。

ともあれ無事にドライブ開始。
久々の左ハンドル右側通行だが(運転はBJ)
一番間違えるのはウインカーとワイパー。
左右逆だから、これ本当にわけわかんなくなるのよね。

高速も空いていて、スムーズにホテル到着。
ちょっと古い建物だが、客室はそこそこ広くてきれい。
ここには5泊する。

2室に分かれてそれぞれ荷物を開けたり一休みして、
夜8時半ごろ夕食を食べに徒歩で出かける。
日が暮れると涼しくて、半袖の上にちょっと上着を着るぐらいの気温。
ホテルのすぐ近くのインド料理レストランに行く。

fc2blog_20230918163615a89.jpg
前菜のラムロースト。
スパイシー、マイルドが選べるのでこれはスパイシーに。
確かに辛かったけど、美味しかった!
お肉が驚きの柔らかさ。
そして、スパイスがめちゃ効いてるのでほとんど何の肉なのかわからない感じ。

fc2blog_20230918163559b56.jpg
チキンビリヤニ。
小ぶりな丼だと思ったが食べても食べてもまだ出てくる。
でも美味しくて、3人でほぼ完食。
飛行機でろくな物食べなかったから結構お腹が空いてたのと、
本当に美味しい料理だったのと、やはりインド料理は薬膳なので
疲れた胃袋も適度に刺激してくれて食欲がわいたのだ。

カレーはチキンティカマサラと、えびのカレー。
こちらはマイルドで頼んだが、ちょうど良い辛さでこれまた絶品。
特にえびのカレーが美味しかったー。出汁がすごい。
クリーミーで少し甘くて、ちょっとココナツのカレーっぽい。
チキンの方はトマトの酸味が効いててこれまた美味しい。

バスマティライスがついてくるのだが、
これが日本のご飯よりも軽いせいかいくらでも入る。
カレーにはやっぱりこのお米の方が合うなー。

お腹いっぱいになってホテルへ戻り、1日目終了。

その後の父

施設に入った父は、思ったよりもおとなしく
お利口さんにしているらしい。
私もちょこっとお迎えの時に会ったりはしたが、
母が家に帰る時にゴネたりもしないし
おとなしいというか、もう色々わかってないんだなという感じがした。

施設でちゃんと食事させてもらっているし
お風呂や入れ歯のケアもしてもらっているから
家にいた時よりも段々顔色も良くなり元気になっている感じ。
これは長生きしそうだわ。

母は今のところ毎日父に付き添って午前9時ごろから
夜8時ごろまで施設にいる。
それでも、「じゃあまた明日ね」と帰ってきて
彼女1人で朝までちゃんと寝られるのは楽みたいだ。
父がいた時は、午前3時や4時に父がトイレに行くだの
あるいは目が覚めたからテレビ見るだのと
母のタイミングでない時に起こされたりしていたし、
ほぼ毎朝、父がびしょびしょにしたシーツだの
ベッドパッドを外して洗濯していたのだから。

そういう仕事がなくなった分、
きっと母の体は楽になっただろうと思って
私たちがそういうと
「あら、別に、パパのお世話は大変だと思ってなかったしねえ」
とぬかすのだ。
いやまあ、それだけ愛してる旦那様なのでしょうし、
いいんだけどさあ。

実際のところ、父が施設に入ってくれて
一番ホッとして助かっているのは私たち三姉妹なのだと思う。
お金で済む話ならもっと早くにこうしておきたかったけど、
父の頭がこのぐらい混沌とするまでは無理だったし。
それにしても私たち3人が、ほぼ同時に
「もう無理」と思ったのはそういう天の采配だったのか。

このまま静かに、平穏に過ごしていけますように。

松苗あけみ原画展

吉祥寺のリベストギャラリーで開催されている
「松苗あけみ原画展」に、お友達と一緒に見に行って来た。

80年代に雑誌ぶ~けの表紙イラストや連載マンガで見ていた
松苗あけみの原画は、繊細で美しくて本当に見とれてしまった。
現在の絵も飾られていたが、ますます洗練されていてすごいのなんの。
印刷にはこの細やかさは出ないだろうなあ・・・というカラー原画は
ひたすらため息の出る美しさ。

原画展を堪能した後は、お友達Mさんと井の頭公園近くのレストランでランチ。
ネットで予約した、お初のお店だったのでちょっと不安だったが
どのお料理も美味しくて凝っていて良かった。

ゆっくりお食事してお喋りして、電車で帰宅。
楽しいお出かけだった、暑かったけど!
Mさん、お付き合いありがとうございました~。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR