寒い

ここ数日、寒波が来ていてここ関東も寒い。
しかしやはり関東の冬、バリバリに乾燥していて
結局全く雪は降らず。
気温がマイナス6度になっても、乾燥しているので
路面状態は問題なく、BJは車で出勤。
私も用事があって実家まで運転していったが問題なかった。

大体は車で出歩いているし、ダウンなど着込めば
外の気温はさほど寒いとは感じない。
オハイオの冬に比べれば楽勝。
しかし、オハイオよりも寒いところがある。


家の洗面所、風呂場、トイレだ。


なんなのこの寒さ〜〜!??
外気温と一緒じゃないの!!!

ずっとアメリカでセントラルヒーティングの家にいて、
冬場でもシャワーだけで大丈夫な暖かさの浴室から
外気温と同じ寒さの浴室で、バスタブからあがれないって・・・・
こりゃヒートショックにもなるわけだ。
すっかり忘れてた、日本の家の寒さ。

実家もアメリカ式の家なので、家中が同じ温度で
浴室などむしろ暑いくらいだからほんと忘れてた〜〜〜。
今の借家の洗面所じゃ、髪を乾かしてる間に風邪ひくわ!

というわけで去年、洗面所用に小さい電気ファンヒーターを買った。
意外に強力で、すぐ暖かくなるのでこれは良い買い物だった。

しかしいつになったら日本の家やマンションは
セントラルヒーティングになるのだろう・・・・。
あと、アルミサッシの窓!これもなんとかならないの!?
ガラスが二重になっていてもアルミサッシが冷たいから寒い。

冬でも室内は半袖でいられたオハイオのアパートが恋しいわ〜。

今期ドラマ

NHKのドラマ「大奥」、期待以上で面白い!
原作漫画は連載をずっと読んできたけど
映画もTBSのドラマも見たことないから
比べようは無いのだけど、しかし冨永愛めっちゃかっこいいし
春日局の斉藤由貴が怖くてすごい・・・・!!
斉藤由貴、イッちゃってる毒母とか
こういう怖い役やらせると本当に上手いなあ〜。

そしてNHKが本気出すとここまでやるか、と思うのは
大奥の男衆たちのお衣装。
あのド派手な裃!
使い回しが出来ない柄をあれだけずらっと揃えたのは壮観。

しかしこれ、大河ドラマでやってほしいぐらいだけど
さすがにあの枠では一般受けしないだろうから
この10時台でいいから1年ぐらいやってくれないかしら・・・。


もうひとつ、バカリズム脚本のドラマ「ブラッシュアップライフ」。
こちらも面白い!
安藤サクラがうまいのは当然だけど、
周りを固める俳優さん達も全員うまいし
その上、子役が超うまいの、なんで〜!??

バカリズム節全開の、女子達の何気ないトーク場面がすごく面白い。
なんでこの人、女子の流行とかそういうの知ってるの。
安藤サクラ、木南晴夏、夏帆の幼なじみ3人娘が
あれこれカラオケルームで喋ってるシーンなんて
3人ともあまりにうまいので自然すぎて感心。
「架空OL日記」を思い出す。

そして「人生2周目」ってあたりは
バカリズムの「素敵な選タクシー」のテイスト。
あれも最後、まとめがすごかったから
このドラマもどう終わるのかすごく楽しみ。


津軽三味線

昨年青森県弘前に旅行して、津軽三味線の実演を聴いて
かっこいいね、習ってみたいねと話していたのだが。
たまたま家の近くでお稽古してくださる先生を見つけ、
BJと二人で習いに行くことにしたのが昨年11月頃。
体験レッスンを受け、楽器を購入し、
やっと今日第一回目のレッスンであった。

いきなり津軽三味線独特の「かき回し(かまし)」を教わる。
左手の人差し指で弦を押さえ、薬指で弦をはじく。
私はずっとピアノをやっていたので、
多分何もやってない人よりは左手の指をバラバラに動かすとか
薬指や小指を力入れて動かすのは得意だと思う。
先生の指づかいを見て何度かやっているうちにちょっとコツがつかめてきた。

多分それで「もうちょっとやらせても大丈夫そう」と思われたのか
いや、それ、ちょっと初心者には難しくありませんか!?てなとこまで
進めていただいてしまい・・・・
面白いけど、楽しいけど、これ、練習大変じゃないか!?

お稽古は月2回、2週間に一度なので
その間自分で練習せねばならない。
今はスマホで先生のお手本を動画で撮れるので、
録画して家で練習する。
祖母(小唄や長唄をやり、三味線も教えていた)の時代は
カセットで録音してたけど、動画なら先生の手つきも見えるからいいよね。

難しいことは難しいけど、初めての楽器を習うのって楽しい。

帰宅して早速教わったところを復習していたら、
左手の指の腹がヒリヒリ痛くなってしまった〜。
そのうち固くなってくるかな。
練習あるのみ。

ドリーム・ホース

2020年英国映画「ドリーム・ホース」を、BJと2人で観て来た。

ウェールズの小さな町で競走馬を育ててレースに出した、
という実話に基づいた映画である。
私とBJはウェールズのカーディフという町に住んでいた時に
知り合ってその後結婚したので、ウェールズについては思い入れがある。
というわけで、映画の評判も知らずに観に行ったのだが、面白かった!
テンポが良くてさっさと進むので、あっという間だった。

ウェールズならでは、の描写も色々あって懐かしくて楽しかったし。
この映画はBJと一緒に観に行かないと、
「そうそう!ああいうの、あったよねえ!」
と盛り上がれないと思ったがその通りだった。
すっかり忘れていた「50ペンスを入れて電気を使う」なんて
描写も出て来て大笑い。
あれ、多分日本ではわかる人少ないんじゃないかな〜。

それにしても、競馬のレース展開、あれ、どうやって撮ったの〜〜〜!??
こういう展開でいきます、と言ったらそう出来るもんなの!??
ジョッキーすごいし、馬、あたまいい。すごい。

いやー面白かった。個人的に。
BJとそういう話が出来るのも、あらためてつくづくありがたいし。
やっぱりBJと結婚して良かったなあ。(のろけです、はい)

タロウ帰米

5日朝、タロウを送って羽田空港へ。
フライトの2時間半前ぐらいに着いたのだが、
チェックインはKIOSKで出来たけれど
荷物預けが長蛇の列。
えー、こんなに混んでるの?!

しかしKIOSKでのチェックインでも
タロウはボーディングパスを1枚しか取って来ず、
良くみたらそれは乗り換え後のシカゴからナッシュビルへの国際便のみ。
羽田からシカゴへの搭乗券が無いじゃないの!どうしたの!?と言って
またKIOSKでやり直して2枚の搭乗券を出して来たが・・・
なんでそう抜けてるの・・・何歳なのよあなた・・・・。

さらに、日本入国の時に使ったワクチン接種証明が見つからない、と言う。
いつも持っているバックパックの中をがさごそ探すも見つからず。
米国市民だからワクチン証明いらないはずだけど、と私が言うも
本人は軽くパニック。
パニックになるぐらいなら昨夜とかのうちに用意しとけ!!
結局、やはり米国市民は接種証明不要だったので良かったけど。
まったくどうしてこう抜けてるんだか・・・親の顔が見たいわ。
パスポート失くしてないのが不思議なくらいだ。

色々と不安はあれど、もうそこまで面倒みれないので仕方ない。
セキュリティチェックの列でお別れ。
最後にハグして
「I love you, mother.」
と言われたのでつられて
「I love you, too. Miss you. Take care.」
と言ってバイバイ。
この手の挨拶はやっぱり英語になってしまうな〜・・・
日本語で「愛してるわ」とか、子供に言えないでしょ!??

しかしやっぱり、寂しいな〜。
妹に
「(叔母さんである)私でもこれだけ嬉しいんだから、
タロウくん帰って来てお姉(Mimi)なんてもっと嬉しいでしょ?」
と言われたけど、う〜ん、ちょっと違うのよね。
嬉しいけど、帰られちゃう寂しさの方がつらくて
手放しで喜べないというか。
まあしょうがないことだけど。

6日、無事に米国に着いたとタロウからメッセンジャーで連絡あり。
とりあえずは安心。
次に会えるのはナナの結婚式か。

タロウの日本滞在記

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



31日、私は台所でひたすら料理。
その間にBJとタロウは2人で成田山新勝寺へ。
元日は激混みだろうからと大晦日に行ったのだけど正解だったらしい。
そこそこ人は来ていたが空いていたそうで。

夜は紅白など見て親子3人でのんびり。

1日、簡単にしつらえたおせちとお雑煮でお祝い。
昼ごろBJとタロウは近所の神社へ初詣。
私は2日に実家で集まりがあるのでそのための料理。
ローストビーフ、紅茶豚、手羽先のマーマレード煮、
手羽元のこくまろ酢煮を作る。

神社はさすがに混んでいて、参拝するのに1時間も並んだそうだ。
でもタロウは
「いつも日本でお正月迎えると初詣に行ってたから、
今年も行かれてスッキリした」
と言っていたから良かったね。

2日、BJとタロウと私の3人で私の実家へ。
妹一家も来て、実家の父母と末妹と総勢10人でお祝い。
写真はその時のおせち料理その他。

美味しい料理でお腹いっぱいになってから、
自由が丘のカラオケへ父母以外の皆で移動。
3時間歌いまくった!楽しかった!
カラオケ行ったの久しぶり〜〜。
タロウも意外に日本の曲を知っていて、
椎名林檎だのBump of Chickenだの
菅田将暉だの歌っていたので驚いた。

この日から5日に帰るまで、タロウと私は実家泊まり。
BJはひとりで千葉に帰ったのでかわいそうだったけど・・・。

3日、タロウはしこたまいただいたお年玉を手に
意気揚々と御茶ノ水へ。
下見しておいたギターを買って、ウキウキ帰って来た。
日本のメーカーのギターだそうで、
アメリカで買うと倍の値段するのだとか。

夕飯はタロウが食べたいと言っていたおでん。
茶飯も久々に作ったけど我ながら美味しかった。

4日、タロウはUGGブーツを買いに新宿伊勢丹へ。
私はてっきりタロウ自身の買い物だと思っていたのだけど、
帰って来てから聞いたら彼女ちゃんへのお土産だそうで。
「サイズは何センチですか、ってお店できかれて、
うわー、日本のサイズ知らないや!って焦っちゃった」
と言っていた。
店員さんから見れば普通の日本人客だと思うもんねえ。
そりゃそうだ。

今回、タロウが買いたかったのにお店で通じなかったのが
「Extension cable」。

「ちゃんと、日本語のカタカナの発音で、
エクステンション・ケーブル、ありますか、ってきいたんだけど
通じなかったー!日本語で、なんていうの?」

・・・延長コード、あるいは延長ケーブル、ですな。
延長をエクステンション、って、確かに日本では言わないか・・・。
家の中では「エクステンション、ある?」とか使ってたから、
タロウにとっては日本でも通じる言い方だと思ってたのかも。

夕飯は豚キムチ、牛肉炒め、コールスロー、グリーンサラダ、もつ煮、味噌汁、白飯。
タロウは久々の豚キムチに感激していた。
アメリカでは私が固まり豚肉をスライサー使って家で切って、
アジア食品スーパーで買って来たキムチで作ってたけど
タロウ達はそんなの出来ないもんね。
でもこの頃アメリカの普通のグローサリーでも
瓶詰めのキムチは売ってたりするから、
野菜売り場の冷蔵ケースを探せ、と教えてやった。
食べたい物は工夫して自分で作るのだ。がんばれ。

明日はもうアメリカに帰る日。
10日間の滞在、あっという間だったなあ。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR